八丈島不動産事情1   

 

           八丈島建築建設物建材

            八丈島不動産八丈島不動産事情八丈島建物八丈島の土地八丈島賃貸物件

           八丈島の生活八丈島の観光八丈島の自然八丈島の産業八丈島の経済八丈島の行政

 

                  私どものホームページへようこそ

           八丈島不動産事情もろもろ、八丈島建築建設物建材、に付いて語ります。

        

          

          

              八丈島伝統産業黄八丈工場だが 建物外部は歴史的建造物風で 内部は八丈島的な在来工法のようです

              (※こちらの織元は 八丈島民芸山下 のお店です、お断りして撮影させて頂きました)

 

 

 

            

           

         在来工法を入れた 八丈島在住者の一般木造建築、 天井太い張りが見られる、八丈島杉材使用

         右手 完成後だが 基礎部分大量のステコン(地盤にコンクリート土間打ちする事)

         を打ち 強い地震が来ても、船のように動くので「船の上の家と考えて良い。

         簡単に思えるが 八丈島でのコンクリートのコストは非常に高額で 費用が嵩むために

         一般の建築業者はこういう施工をやりたがらないし その重要性が広く知られてない、

         非常にユニークな工法だ。

 

 

                  新築 ( 注文建築 ー 依頼人Mさん )

  1 木造 約16坪 (注文によって建てられましたので 売り物件ではありません)

 ロウコスト住宅 その1

  ロウコスト と言いましても強度は充分

 ◆シロアリ対策は折り紙つき

  景観良

 ぁ内装美観 (杉板張り)

 2

 

  ○ロウコスト と言いましても強度は充分

  建材の質を落としているわけではなく、建築屋さんの努力

  により、むだを無くし 作業の効率化人件費を抑えて

  頂いて下ります。

  むしろ現在八丈島で建築中の他の物件より質は良いです。

 

  約16坪前後で 土地込み1000万円を目指して下ります。

 

               ○ シロアリ対策は充分

            イ シロアリ対策薬物を使わない手法です。

            ロ 上質の建材 ( シロアリの好む材松、サワラ等)を使わない。

            ハ 床下ツカを入れない  ( ツカを這ってまでアリが登って来るのを防ぐ )

            ニ コンクリートスラブ工法 ( スラブとは板枠を使って床高コンクリート面を地上から離す )

            、やはりコンクリートをつたってシロアリが来るので 温暖な八丈島に於いては極めて重要

              シロアリ対策工法です。

 

 

 

 

                ○内装美観 杉板張り

      シックハウス対策は今では欠くことができませんが、そこに止まらず、木材は人の心を癒し

      耐久性は 内装部では万年ものです。

 

               ○景観良

  田舎暮らしに憧れ在住を求めてくるかたには 景観は非常に重要なファクターです、

  いわずとも、景観が良いだけで猛烈な風潮害のある土地では意味がありません

  良心的な情報提供が求められております。

 

 ○上記写真(風呂場)の窓を開けると、八丈小島沖の水平線上に沈巨大な夕日が一望のもとに見えます。

 ○八丈小島と大海原を見渡しながら入浴できる設定になって下ります。

 

 ◎上記建物売却物件と成りました 売価:877万円也 

株式会社フレック八丈島営業所、 東京都八丈島八丈町大賀郷6167

       メイル namio.k@d5.dion.ne.jp  04996-2-1801  

       免許東京(7)61770所長菊池実

 

 

 

 3 中古住宅  (優良)  八丈島 三根地区  (仲介 - 売主本人名義で権利関係の問題点なし)

 

 木造中古 築約8年、建坪約30坪

 敷地約300坪、畑として活用

 C渦繊2300万円

 で磴な等、生活しやすい住宅地

 

 ○使われていたかた(売主)が非常に几帳面で綺麗好き、非の打ち所のない優良物件です。

○生活に便利な住宅地別荘地ではありませんので景色は、八丈富士三原が見えますが

   海の景色はありません。

      

           物件 表側を横から見た

      

             ζ韻犬

      

              А建物物件 サイド部

      

       建物物件 室内 (リビングDK)

      

         素朴な飾り気のない居間

      

       庭風景 − 木々の豊かな畑の風景 

    平地土質は客土されたローム土、下地は この辺り独特の砂利質岩盤は無いもの

    と思われる。

 

       ○閲覧有難うございました、上記物件は終了致しました

 

 

 

            

         

   八丈島随一のリゾート地域(底土) にあり、旧八丈島ローヤルホテルが視界にはいる、回りは静かな田園地帯で

    もあり、絶好の休暇の過ごせる優良地です。

 

 ※ちなみに、バックの建物は旧ローヤルホテルです、ルネッサンンス3大建築のひとつロココ式建築様式です、八丈島の観光の走りとり

八丈島観光の黄金期を築いた特筆すべき建築物であり、建築費は建設時(約50数年前)で日本円3億円と言われ、現在の貨幣(世界標準株価上昇率に貨幣価値をリンクし換算)

に換算すると、少なく見ても “30億円” となります。

 当時としては、非常に贅を尽くしており、多くの彫刻、ステンドグラス、大理石が使われ、八丈島民のみならず、観光客の目も奪った。

 多くの人から羨望の眼差しを浴びた建物です、八丈島過去の栄光のモニュモント“記念碑”と表現できます。

        

     

          ○分割可:200坪から  坪単価2.5〜万円

※ ちなみに上記写真(旧八丈島ローヤルホテル) はルネッサンス3大建築のひとつ、ロココ式建築様式です。

       

      

    ●自然公園法無指定地域 ,  町道(舗装)、 建蔽率70 容積率200 再建築可  仲介

     株式会社フレック八丈島営業所、 東京都八丈島八丈町大賀郷6167

       メイル namio.k@d5.dion.ne.jp  04996-2-1801  

       免許東京(7)61770所長菊池実

 

 

 

 

 

 

          一団の土地(約20区画)牋豎臟簀祗瓠 絶景

 

     

         ○一団の土地、 やや道路から登り増すが道路右手が物件です

 

 

   

 

        海側を望む  総額5000万円  (仲介)

     ○高度経済成長時に開発された一団の土地で、総面積が6000坪ほどあります

 

    ○周囲を見渡す事のできる物件です、レジャー施設、福祉施設、会社の保養所建設に最適です。

 

 

 

 中古住宅 (大賀郷寺山) 総額 1300万円

 

 木造平屋建、延べ床面積-約24.6坪、築約7年、敷地約230坪 

 ○使用頻度は少ないので劣化部が少なく優良住宅です

 

 

 

   ○こちらの物件は売約済みとなりました

 

 

 

 

 

 

 中古物件 (八丈町中の郷) 

 

   中の郷のミニゴルフ場上、景色のよい高台です。

 

 中の郷地区  景観良、約300坪 総額 1200万円 建築後   約16年

 地目 - 農地(5条申請済み)   自然公園法普通地域 町道(  舗装)、 建 蔽率70 

  容積率150   最建築可 仲介         八丈島の芸術

  

  以下同ファイルです

 

 

 

 

 

  株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 担当者 八丈島不動産事情事務局 

  メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

 

 

        

     弊社は八丈島での質の良い土地利用の形態を追求して下ります。

 

 

 

   ○八丈町大賀郷の物件です

    

       ○絶景 ほぼ平坦 都道沿い 

      奥に見えるのが八丈小島、右手が物件です。

  自然公園法普通地域 面積約4970坪 売買総額4000万円 一括売買 仲介物件

 

         物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 電話04996-2-1801

         担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

 

 

  下記は八丈町三根の物件です

          

         

 

                                  

      絶景 八丈町三根の高台に建つ明媚な土地と建物

    鉄骨造二階建(建築後約15年)土地 約200坪弱 建物延べ面積 約50坪弱

     売買金額総額 2.300万円

    ○本物件は終了しました。永らく御拝欄下さり有難う御座いました。

 

 

 

 

 

     物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 電話04996-2-1801

     担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

 

 

 

 

        以下は 八丈島の不動産業者 株式会社フレックのページ物件情報が多く含まれて下ります

                                    株フレック tel

      色々な業態(福祉施設建設等)を紹介致しますのでご希望の方は下記メールへご連絡下さい

            nami751@ybb.ne.jp 担当 菊池 

 

 

    

 

      青ヶ島特集 

 

    この辺で青ヶ島特集を挿入致します。ご興味が御有りの方はご覧ください  

                        

                                  

                             ○上記は総合的なマップ 下記は要所要所を書き出した物です。

                                                                                                   

                                          

                                                                      

                                                                                                          

                                                                 

                                                        

                                                               

                                    

                                                                                                                                                              

                       青ヶ島売買物件                           

                                                         

                                  

         

             

   

 

 

                                         

                         

 

                         上記の通り  まとめ売り 14筆     合計面積  : 17.445屐別鵤毅横牽仰據砲棒ります。

                         (合計売買価格:1579万円也 個別売買あり

                         個別の物件に興味ある方でも御相談に乗らせて頂きます。                   

 

                     物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 電話04996-2-1801

                  担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

 

 

 

 

 

                       建築、建設、建設物、建材、不動産(八丈島)

 

                   

              ○八丈島の桜は ご覧のように純白の山桜です、純白の桜は世界中で八丈島にしか無い大変貴重な品種なのですが、

               その重要性が行政にも住民にも理化してもらってない所が非常に残念です。

              ○上記写真右手の八丈富士の裾野に白く見えるのが、八丈島独特の山桜です、数は非常に多いので保存の面ではいまのところ

               心配いりません。

              ○大木で保存の必要な物を除き建材としての利用価値もあろうかと思い掲載して見ました、申しましたように、大掛かりな乱伐を行わない

               限り保存の心配はありません。                                                         

 

 

 

 

                八丈島の建築、建材

|六挫肋辰箸い┐弌|聾気濃困靴燭發里髻地元で消費、それが理想的であることは どなたもご存知、ただそれが建築資材ならどうだろう。

無機物 (石材、タイル、ガラス、土塀用土)の類は地元産が良いだろう、しかし木造部分はそうではない、八丈島(暖地)の木材は ぬくぬく育っているので 人もそう育てば正しくそうである様に、木材も柔らかくしまりが無い、よって腐食しやすく、強度不足という所です。

例えば 秋田杉、秋田檜、秋田ヒバ等などは木材の最高峰で、やはり寒い所のものは 魚が美味しいように素晴らしい、比喩が一部不適切な点はご容赦を。

地産地消-2 八丈島(暖地)の木材は育ちが良いため 年輪の幅が広く柔らかい、よって雨に濡れれば腐りやすい、又 風が強い為、曲がりが多い、という表現より、一直線に育たず 多少のねじれ等、俗に言う“癖がある木材”という部類に入るのでは。

“癖のある木材”の性質は といえば、これも俗に言う “暴れる”あばれる木材だ。
暴れる木材、詰まり年数がたつと完成した家屋の一部に使われている木材が 暴れだす、曲がったり 戻ったりして 壁にしわがよったり、ひび割れたり 壁が暴れるともいう。

これは何も 八丈島の木材に限った事ではなく 全般的に見られる、ただ八丈島産の木材は頻度が高い。

だから 昨今 合板、または修正財が使われるのは 紛れも無く そういう点からで、逆に言えば、無垢の木材は 当然高級品であり、高級品は暴れる、馬でいえば“ジャジャ馬 ”ジャジャ馬を馴らすのは 手間と技術が要る、つまり金が掛かる、高級品は手間と金が掛かる という転結になりますね。
八丈島産が高級という意味では全く無く、木材の性質について述べました。

                                                       

桜 - 桜こそねじれ、よじれの張本人だ、魚の燻製を作る時の燻炎材としては適するが、ひび割れ、裂けなどあるため木材には適さず 部分的にしか使われない。

木炭にも適さない為、古来より産業の用に供される事はあまり無かった。

場所により、サクラは満開を過ぎた、八丈島は 陽が当たる所 そうでない所、風のあたり具合で 開花時期が大きく異なる、色は白。2006年3月10日

八丈富士白っぽく見えるのが 大島ザクラ、八丈富士上部の寒い所はまだ3分咲きだ。
八丈島の大島桜は色が白いのが特徴。
元々大島桜たるもの 色が白いのが原種で 八丈島のものは、本土と遠く離れた地理的条件により 混ざりけの無い純粋無垢の白を保っている。

ぅ好瀬轡ぁ 屡丈島でシイの木と言えば この樹木、八丈富士系樹木と三原系がある中で、三原に多く、八丈富士系が ハンの木、タブが多いのに対し、三原系は、このスダシイが圧倒的に多い、島先住民の知恵で、自然発生的に生えたのではなく、国内の多くの樹木がそうであるように、人の手によって植えられたものと思われ、水分を多く含み、急斜面が多く、火山灰の地形、土質にピッタシだったのであろう。

セ宛況呂魯好瀬轡い竜靆擇眤燭ぁ過去、黄八丈の染料として又、建築用材、木炭材など非常に多くの用途に使われ、今の林業でいえば、八丈島に於いては 杉、檜に並ぶ資産価値があったようだ。     

 

 

 

                                   

 

          弊社では  第二電電(DION)のホームページ部門廃止に伴いまして そちらに載せていた情報をヤフーページへ統合致しました 内容が混線し

        解り辛いかと存じます ご迷惑をおかけしますが 少しづつ文章の繋がりと 写真の掲載方法など改善してまいりますので宜しくお願い致します

 

        ○色々な側面から捕えて下りますので 後日 分野ごとに再分割する積りで御座いますのでしばらくこのまま宜しくお願い致します

 

 

 

以下はリンクページです.

http://www.geocities.jp/frec1401/geijyutu1.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1401

http://www.geocities.jp/frec1401/mon.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/fudousan.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/monda.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1405

http://www.geocities.jp/frec1401/fudou-mon1.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/fudousan2.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/index.html

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou1.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou2.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou3.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou4.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-a.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-b.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-c.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1401/view

http://blogs.yahoo.co.jp/frec1405

http://namio.exblog.jp/

http://frec.seesaa.net/article/19416649.html

http://frec.dreamblog.jp/

http://myhome.cururu.jp/namio7

http://plaza.rakuten.co.jp/hatijyou/

http://plaza.rakuten.co.jp/hatijyou/

http://blog.livedoor.jp/dandei8/?blog_id=1782239

http://blog.goo.ne.jp/dandei8/

http://dandei7.blog71.fc2.com/

http://frec.seesaa.net/article/19416649.html

http://frec.dreamblog.jp/

 

 

 

 

絶景 八丈島歴史民俗資料館上

           

           

          

                 

        

        

       

      

      


                                                              幾つか写真を上げて見ました  

                                                 土地面積約150坪 土地代金総額205万円也 背後に山がある為に建築許可下りない可能性があります

                                                 ※ 建築許可の下りない土地は 住宅ローンが借りれない為に こちらを購入なさって家を建築なさりた

                                                   お客様は自費での建築が必要になります。

                                                   耐震強度をきちんと守り 良い材木を使い 隣接した家に迷惑を掛けなければ 違法ではありません 

                                                   景観の良い場所に こんな建物ができた と 却って他の物件の見本と成れば幸いです 

 

 


 

 

                物件提供者 株フレック八丈島営業所

             免許 東京(6)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱い店

                担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

  宅地建物取引業者免許 東京都知事(7)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

  賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
空港近く 都市計画道路沿い 約4.9700坪  (仲介)
土地代金総額 5.200万円也

 

 

                    八丈島空港から徒歩約6〜7分 好立地 好環境 

               ご覧の通り日差しが良く差し 温暖な平たん地で御座います

              

 物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(6)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

   担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

  宅地建物取引業者免許 東京都知事(7)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

  賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

 

 

 

  

 

 

 

 

 

  

 

 

        名優 故三船敏郎氏の土地

 

 

 

 

     土地面積 約280坪 土地代金総額 320万円也  (仲介)

 

かつての名優 故三船敏郎氏の土地で御座います 

八丈島の南西側海岸沿いの 八丈島では最も景観の良い所の一つです

 

三船氏に大変失礼と存じましたが こちら水道管が敷設されてない土地で御座いますので 

この値段にさせて頂きました

私も大ファンの故三船敏郎氏 この物件をお預かりさせて頂いて大変幸せな気分で御座います

このページを縁あってご覧になられた方はお早めにご一報下さるようお願い致します

物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(6)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

   担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

  宅地建物取引業者免許 東京都知事(7)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

  賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

          

                                        

八丈島大賀郷  
約125坪から 
坪単価 2.5万円

現在は畑として利用中

公園法普通地域 都市計画道路沿い、売買

本件終了致しました

3
八丈島大賀郷 
200坪から 
坪単価 2.5万円から 
焼肉店福福近く 
角地です!!
仲介
 

4大賀郷南原近く
約600坪 坪単価5千円!
分割可です。
静かな環境です。
(現在密林?整地についてご相談ください。)


本件終了致しました

5大賀郷八重根港隣接

海が見える

約150坪ほど 
坪単価 2万 応談

 
6
大賀郷西見地区

道路の左が物件 

約400坪 
800万円

(少し傾斜しています。整地についてご相談ください。)

八丈町大賀郷 
都市計画道路から大賀郷中学校下へ抜ける途中、 
現在 宮部さん 桑原さん 和田さん宅 
        
土地は当社仲介、 残地あり(整地してます。右図)

約150坪 単価28.000円
(1区画)


約170坪 単価25.000円 (2区画)

10
八丈小島と海が見える 
眺望良し 極めて閑静な 別荘地

 坪単価 2.5万

 面積 約630坪

11
12
住宅 別荘 両用地
八丈町大賀郷西見地区
道路町道舗装 
2階建てで海が見える地形とても静かです。  

約200坪
単価2万


  

15
大賀郷 八重根近く

約600坪 坪3万
分割可
 
16
夕陽丘付近
約100坪 坪1万

小島が良く見え眺めは最高です。別荘、ペンションなどにも。

17

八丈ストア裏の教員住宅付近

約270坪 540万円

 



25
役場近く
土地約200坪

総額1400万円

高額ですので事務所用地としても需要を見込んで下ります


スーパー、病院など生活に便利な場所です。

少しずつ物件に近づきます 

○ だんだんと物件に近づく表示になります

 

                                                      


株式会社フレック八丈島営業所

 

 

                                                             八丈町三根 富士山道入り口信号近くから海を見る物件

                                                              大変素晴らしい物件ですので写真を連写して見ました

                                   

                                                     入口付近から先へ進みます

                                   

                                   

                                              写真の色合いの違いは 明るさ と コントラスト の調整で変化が出てしまいました

                                   

                                   面積: 約400坪  手前の通路近くは別f筆になります  一番景色のよい土地は最先端で この先左手から道路が付いて下ります

                                   

                                   

 

                                  

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                   

                                          もっと掲載したいのですが 時間を大分費やしましたので この辺で失礼致します 金額は次回掲載s致します

 

 

 

                                     

                                                       ○再びテーブルに付きました

                                           

                                  

                                  

                                    

                                                             すいません 又 中断します

 

                                  

                                  

                                  

                                   ○ 売買総額:2億2000万円 庶民には高値の花ですが 驚きの物件でしたので掲載させて頂きました

                                   ○ 本物件は学校も近く スーパーも 空港も近い利便性の高い地域にあり 尚且つこのような景観が得られている

                                     このような三根地域が一望に見え かつ利便性の高い土地は他になく 残された希少性の高い土地といえます

                                   ○ご興味にある方は弊社へご一報下さい

 

 

                                                  株式会社フレック 八丈島営業所 

                                     免許 東京(6)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱い店

                                          担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

                宅地建物取引業者免許 東京都知事(7)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

                   賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

 

 

                                  

                                                             一時 休息を取らせて頂きます

       

                                  

                                      物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

                                           担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

                   宅地建物取引業者免許 東京都知事(6)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

                   賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

 

 

 

 

                                 ○次は 世界ロボット産業(産業用)のトップランナー ファナック株式会社の ファナック八丈島クラブ をご案内致します

                           こちらも大変素晴らしい分っけです  (※仲介物件)

                         

                          床面積:約300坪 敷地面積:1万坪強 で御座います

                         

                         

                         ○プチホテル レストラン 福祉施設 等 なさるのも宜しいかと思います

                         

                                             

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                                

                               

                               

                              

                              

                              

                              

                              

                              

                              

                             

                                    ○ まだまだ 室内の写真を充実させたいと思って下ります 上記の物件は 現在のところ 価格応談 となって下ります にご興味あるかたはご連絡下さい 

 

 

                                    物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

                                           担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

                   宅地建物取引業者免許 東京都知事(7)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

                   賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                        ○もう一件絶景の物件が御座いまして 前記の物とは数厠イ譴秦瓦違う方位の物件になります 

                                  同じく八丈町三根地域を一望のもとに見下ろす というところは同じです 

   

 

 

 

                 

少し高くからのショット

下段の石積み部も同じ土地になります約700坪弱

やや低くからのショット

下段の石積みは都道沿いに積まれており1m〜3m程の高さがあります 石積みに隠れて都道は見えません

売買総額:1億8千万円(仲介)

非常に高額ですのでプチホテル等の事業用需要を見込んで下ります 宜しくお願い致します

売買総額1億8千万円  (仲介)物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(7)61770 電話04996-2-1801   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

                                           担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

  

                      宅地建物取引業者免許 東京都知事(6)第61770号  一般建設業許可東京都知事(般-24)第96401号

                      賃貸住宅管理業者登録 国土交通大臣(1)第2853号   住宅ローン(宅建ローン株式会社)取次店

 

 

 

    以下は賃貸物件になります。

                                             

                                           中之郷地区  鉄筋コンクリート 2階建 

                                           2LDK 敷きー1  家賃 3万

 

                              

                        

                              三根富士中近く、長屋型アパート、2DK、(ワンフロワーが8〜10畳、程度-上 

                                 家賃ー5.5万円、敷き 礼 −各1(取引形態ー仲介)

 

                              株式会社フレック八丈島営業所、 東京都八丈島八丈町大賀郷6167

                                  メイル nami751@ybb.ne.jp  04996-2-1801  

                          免許 東京(6)61770 所長菊池実

 

 

 

 

                 

                     八丈町大賀郷 プライベートビーチと言って良い、海に直接面した物件です。

                     

                       建物外観

                

                                               建物内観

 

                イタリア製一枚ガラスの窓から景色を見るのが壮観なのですが、撮りためたものが無く、後日アップ致します。

                          土地約 1500坪、 木造平屋建  建物延べ面積約36坪 

                          売買総額 2.760万円   (仲介物件)

                建物を50m下ると、海の見える壮観な敷地に、ウヲークボードで 「やぐら」 が組んであり、そこへ上ると正に大パノラマです。

 

          物件提供者 株式会社フレック八丈島営業所、 東京都八丈島八丈町大賀郷6167 メイル  namio.k@d5.dion.ne.jp  04996-2-1801  

               免許東京(6)61770所長菊池実   ○住宅ローン各種:フラット35等 取扱店

 

 

 

 

 

                            物件提供者 株式会社フレック八丈島営業所、 東京都八丈島八丈町大賀郷6167

                                    東京都(6)61770

                                       amio.k@d5.dion.ne.jp   04996-2-1801

 

                     

                            

                               中古物件 (八丈町中の郷) 

                                        中の郷のミニゴルフ場上、景色のよい高台です。

                    

                                   中の郷地区  景観良、約300坪 総額-1.000万円 建築後   約16年

                                  地目 - 農地(5条申請済み)   自然公園法普通地域 町道(  舗装)、 建 蔽率70 

                                  容積率150   再建築可 仲介         八丈島の芸術

  

                                          以下同ファイルです

                              株フレック八丈島営業所 免許 東京(6)61770 担当者 八丈島不動産事情事務局 

                                メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

                         

 

 

 

                                      ○八丈町大賀郷の物件です

                   

                                        ○絶景 ほぼ平坦 都道沿い 

                                   奥に見えるのが八丈小島、右手が物件です。

                       自然公園法普通地域 面積約4970坪 売買総額4000万円 一括売買 仲介物件

 

                                 物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(6)61770 電話04996-2-1801

                                  担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

 

 

 

 

                              下記は八丈町三根の物件です

                

          

             絶景 八丈町三根の高台に建つ明媚な土地と建物

                鉄骨造二階建(建築後約15年)土地 約200坪弱 建物延べ面積 約50坪弱

                    売買金額総額 2.300万円

                              ○本物件は終了しました。永らく御拝欄下さり有難う御座いました。

 

                                 物件提供者 株フレック八丈島営業所 免許 東京(6)61770 電話04996-2-1801

                                  担当者 八丈島不動産事情事務局 メイルー namio.k@d5.dion.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

                                   ◎八丈島の地理的 位置的情報 火山島としての性質(特性)

                       

                                                        写真引用

               東京港から南に約290 km 黒潮本流の中に位置する八丈島は 一年

               を通じて温暖な気候と豊富な降雨に恵まれ、亜熱帯地域に見られる植物が数多く分布しています。

                底土港と八重根港は貨客船が接岸できる八丈島の主要港で 二つの港は島のちょうど反対側に位置するように立地しています。

               これは海況により片方の港湾が使用できない場合が考慮されたものです。

               衛星画像で八丈島を見ると中央部がくびれた「ひょうたん」のような形に見えませんか?

              二つのふくらみの中央付近には火口のようなくぼみがあることもわかります

              実はこの「ひょうたん型」をした八丈島、年代の違う二つの火山が合わさって現在のような形となった火山島のようです。

               「ひょうたん型」を形成する二つの火山は 北西側が八丈富士(西山)

              南東側が三原山(東山)とよばれています。

              画像で山腹のようすを比較すると それぞれの海岸線の形状や地形がまったく違っていることがわかります。

              北西側の八丈富士は円形に近いなめらかな形状に対して、南東側の三原山では複雑な海岸線の形状や地形がみられます。

              これらの違いは、八丈富士と三原山の二つの火山が形成された時期と深い関係があります。         

                                                                                 写真他一部引用

 

                    

         八丈富士は数千年前から活動をはじめた新しい火山で 流動性の高い溶岩を流出し続けながら

         円錐形の山を形成しました。

         八丈富士の噴火は今から約400年前の江戸時代まで繰り返し、噴火で空中に飛び散った溶岩が

         急激に冷えた細粒状の砂礫(スコリア)が降り積もった丘(スコリア丘)が周囲にいくつも形成

         されました

         上記図2はそのひとつですが スコリア丘は地上で見ると円錐形の小高い丘のようになった

         場所で 神社の敷地になっているところもあります

         スコリア丘は伊豆半島の大室山や阿蘇山の米塚、ハワイ島のマウナケア山頂周辺でみられる

         ものなどが代表的な例で、流動性の高い玄武岩質の溶岩が噴出された火山でよく見られる地形です                                     

                                                              写真他一部引用

 

               

                                                         写真他一部引用

          八丈富士の海岸線は黒い溶岩でふちどられ その様子が画像でも確認できます。

          流動性の高い玄武岩質溶岩は この様に冷えると黒い色を呈します。

          なかでも八重根港に近い南原(なんばら)千畳敷海岸は大規模なもので 溶岩が大量に積み

          重なった台状の地形(溶岩台地)と 溶岩流がそのまま海にせり出して波に洗われる

          ダイナミックな景観を見ることができます。

             

                                                           ※写真他一部引用

           八丈富士と対照的に 三原山は約10万年以上前から活動してできた古い火山で

           ここでもいくつものスコリア丘が形成されました 。

           堆積したスコリアが海岸線に露出した場所(上記図)もあります

           頂上の火口部は 巨大なカルデラが発達しています

           多くの火山活動と長い年月をかけた侵食により 中腹には数多くの谷が複雑に発達し

           亜熱帯性の植物を含む豊かな森林と水脈が形成されています

           地下水が得やすいことから 山腹には多くの集落が発達しています

           画像で八丈富士の山腹と比較すると その違いがよくわかります。

 

 

 

 

 

 

            

 

                          八丈島の生活

       

 

八丈島の生活を紹介して参ります。

 

 

八丈島の生活
八丈島の自然
八丈島の歴史
八丈島の風土
八丈島の産業

                                           

 

        

I.Kさんのお宅、例に漏れず八丈島も新住民、と旧住民の比率が拮抗している、旧住民宅は風の来ない防風林で覆われた景色の見えない屋敷を好み、新住民はせっかく八丈島に住むのだから、と海の見える景色を好む。はっきりこの両タイプに分かれる。

上のご自宅はもともと斜面の所を造成なっさって、景観を得られた、                               景色を得る為にはこのような努力が必要だ。

 

 

 

 

 八丈町大賀郷-大里地区入り口 

大里地区は近代(室町後期か)に於いて八丈島で古い地区として知られる、室町以前は大賀郷西見地区に 寺山という地域があり、寺を中心に大きな集落をなしていたという。

 

全国的見ても貴重な粒のそろった、非常に洗練された玉石垣が広がっている。

海に近く、起伏の多い地域なので石積が自然に整え易かったのだろう。

数十年於きに積み替えの必要な石垣で、地区の住民は長くその伝統

を受け継いでいる。観葉植物の栽培農家が多く、八丈島の農業の先達又指導者が多く住んでいる。

 

 

 

 

      美しく洗練された石垣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八重根旧漁港近辺

良く整備された道

路が走っている。

 

 

 

 

 

 

八重根旧漁港

 今では海水浴客の海のプールと   なっている、夏場はかなり賑わう。

   以前は大漁旗を掲げ飛び魚漁船   が軍艦マーチをかけて入港してきたものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この八重根旧漁港、はかつて客船の出入りする港町でもあった。出船、入船 別れては、と言う句に見られる、叙情的な思い出を引きずっている。かって幾多の親子、又男女が別れて涙したのだろう。向川は買っての観光売店の名残だ。

 

 

 

 

 

 青ヶの島定期船 

少しの風で欠航する事が多く、青ヶ島の住民には、まさに頼みの綱となっている。

 

 

 

 

 

 

八丈町三根の漁師町の生活

 

 

 

神湊、三根の漁師町でこちらも元は定期客船の着く港町で非常に賑わいのあった町だった。

この坂道の上部は、倉の坂、と言いショメ節にも良く出る地名だ。

手前つり宿、先が湊だ。

 

 

神湊の漁師町

 

 

 

 

右手は小高い丘で、その下の僅かな部分に湊町が広がっている、道路の拡幅、断層の補強工事等で立ち退きがあった為、家並みがさびしくなった。

かつては漁師町の家屋が屋根を連ね、狭い峡谷に 厳しい海の自然に抗い活況のある町並みだった。

神湊の

砂浜

 

神湊の一部に砂浜があり、非常に静かな為、小さい子供達で賑わう。今日はまだ梅雨明け前で 平日の為 人影が無い。

 

 

神湊の断層

と町営住宅

 

 

 

    

 

 かつて、この付近に漁民の住まい、商店が軒を連ねた、港近くの貴重な空間だ。

先に町営住宅が見える、漁師の方々の為最近建てら、独身用、老人用と手厚い。

八重根漁港

 

 

“大賀郷地域にあり神湊の反対側”

 

八重根新漁港  新漁港、と言っても 数十年たつが、旧漁港は かつて荷客船が 艀(はしけ)を使って乗降した時期に 港町として、周りに商店、及びサービス業が隣立する賑やかな港町だったが、この地域から数百メートル離れた所にあり、島外からのかたで興味をお持ちのかたは、過去を遡り 探索なさるのも一興。

 

 ‘貶源代の大掛かりな遺跡が出た場所で、淡水が湧き海に近いので 集落に居た古代人のみならず、大賀郷地区の生活に貴重な場所だったと思われる。

△海琉篝廚暴擦瓩燭發里蓮⇔呂里△詆族で恵まれた人達だったと思われる。何故なら、出土された縄文土器が、専門家による充分な検証がなされて無いが、その用土が八丈島のものではなく信楽系統だ、かといって土器が信楽で焼かれた物ではなく、もちろん八丈島で焼かれた。 

 

F貶源代の丸木舟で八丈島まで 大量の土器を搬送するのは不可能だからだ、ただその用土の搬送等、本土との盛んな往来があったのは驚きに値する。

本土と言っても丸木舟なので、塩の流れの関係で、九州、沖縄辺りからの交流だろう。

い燭静然、質の良し悪しはあっても、混ぜたりするなど、八丈島産の用土でも土器は作れる。 話が戻るが、よって誰でもが利用できる土器では無く限られた人たちのもので、水庭の利権も同じ事が言える。

 

ジ綫(明治初期辺りまで)まで、ここのかなり上の方まで塩を汲み上げ、製塩を生業にしていた家系の生き証人も現在健在。

 

倉の坂

 

 

 

 

                        

 

神湊から上ってくると倉の坂だ。

三根倉の坂坂真ん中で〜(野口有情)

この交差点の先に 大正 昭和の初期まで使われた 高さ2.5メートル程の灯台跡がある。

 

野口有情の碑

 

 

 

 

南風だよ皆でておじゃれ、迎え草履。、の紅鼻緒。

 

三根倉の坂坂真ん中で 出船見つめて

袖絞る〜。

 

 

 

 

 

 

 

大賀郷

薬師堂

 

 

    

 

初期の称号は陽光寺といった。

現在正式名は横領満願寺という。

(1557年改号)

島奉行 上野森清が元禄8年(1695年)

私財を投じ江戸から本尊を送り薬師堂の再建をはかった。

 

    

 

       

 

鬱蒼とした森に覆われ銘木が多い

 

 

        

 

 

     

 

 

 

 

 

     

 

 湧水がこうこうと湧き出る。

 かつては東京都天然記念物の多銀杏の木があ った。

 

 

    

 

 島民の多くが知っており飲料に又お茶の 用水として珍重されている。

 一口メモ

 

半農半漁の生活をする島民も多い。

カヌーの持ち主は半農半漁で、海の荒れた日は畑を耕す。

 

左は全国的に名の知れたフランチャイズ形式つり宿。

八丈小島

 

甚田が平らより望む。

現在無人島だが野生のヤギが異常繁殖し、自然保護か、マビキかで海外の自然保護団体(グリンピース)の活動でクローズアップされ 八丈島のヤギは 一躍世界でも有名になった。

かつて鎮西八郎為朝が追ってを迎え撃ったとされる八丈小島。生活するには気象条件があまりに厳しく 無人化して40年を超える。

甚田が平

 

 

 

大潟浦園地、甚田が平らより八重根側に寄る、散歩コースでヲーキングを楽しむ人が多い。

 

 

 

    

 

 

    ご意見等はこちらへ   nami751@ybb.ne.jp   菊池

 

 

 

 

 

 

八丈島の生活
             八丈島の自然 
             八丈島の歴史

八丈島の風土

八丈島の産業

        
            
            

 

 

   (磯菊の群生)

この用地は天草干し場(ところてんの材料になる海草)ですが自然に磯菊が群生したものですから、これをやたらと撤去できない為、見事に増えて圧感。 

  

 

 

 

 

 平成17年7月5日、八丈島小島に靄がかかる。梅 雨のさなかと言え、今年の 梅雨は 月半分が このような状態のような気がする。

 6月初めは天気がよく、その後雨量自体は少な いが、非常にじめじめした霧がかりの日が続く いている。


 

 

七島ハマボッス

 

 

 

 

 

七島浜ボッスの群生、初めハマユウを植えたのだが、やはり潮風があまり強く育ちはしたのだが、浜辺に策ハマユウとは言え さすがに単独では育ちずらかったのだろう。

延々と続いている。ハマボッスが潮風に強い事をしめしている、一つの山草スッポットになるだろう。         

 

 

建築 建設物 建材 不動産 八丈島

            ご意見等はこちらへ fjwtj754@ybb.ne.jp   菊池

 

 

 

  

八丈島の歴史

 

 







 

 

八重根港

“重根港は以前 湧水のでる湖だったので太古からここに人類が住み着き、一つの大集落が形成されていた。

縄文文化八丈島先史時代第四期に分類される八重根遺跡(1,700〜1,200年前) 湊建設は、湖の水を排水し湖底を掘り下げ、更に海岸を削り 湖と海をつなげるげる工事が行われた。(10数年の大工事だった)

△修硫當に於き湖底から 大量の縄文土器、と集落跡が出土された事により過去の歴史が証明された訳だが、粘土と土器に付いていえば、厚手無文平底の鉢形土器と本土の弥生土器、土師器が伴い、若干の石器、紡錘車が存在する。その故郷は、伊豆地方や神奈川県南部の弥生・古墳時代人の渡島文化である

解りやすく言えば 本土乃至南西諸島の縄文人による、渡島文化(縄文人が他からやってきた)でその土器にもオリジナリテイがあり、注目すべき独自の文化圏が形成されていたようだ。

最初の八重根人が渡島した弥生時代後期(2,000年前頃) は、西山、東山の噴火活動も終息し、現在と同じひょうたん形の島環境を呈していた。八重根の浜に上陸した本土伊豆半島付近の弥生人は、八丈島大賀郷八戸の海岸に面した火口低地部に集落(掘っ立て小屋か)を構え、地元の安山岩、玄武岩を使用して多くの剥片石器を製作した。石器器種の大半は刃器であることから、魚介類の調理が中心と考えられる。また多数の炉跡の存在から、火熱を利用した魚介類の加工も行っていた可能性が大きい(第1文化層) 。

 それほど時間を置かず、第二回目の八重根人が渡島する。やはり伊豆半島、神奈川県海岸部の古墳時代人(1,500年前頃) である。彼らはこの八重根集落に本格的な「鰹加工工場」を建設し、地元の粘土を使用して多量の煮沸用鉢形土器(八重根式とも呼ばれる)を製作した。炉跡も各種考案され、100基近い炉から煙が立ち上がっていた。第三回目の八重根人の渡島は、奈良・平安時代である。引き続き鰹加工工場を運営している(第2文化層) 。

この事は縄文時代の丸木舟で縄文人が 大海原を越え本土又は南西諸島を絶えず往来していたと言うことを示す、大変な物証となります。

ところで 写真左手に江戸時代の豪族折田与重門の分家の子孫が住んでおられます。

ちなみに 私も本家側の子孫に当たります。かなりの土地もお持ちで、前文に述べたように 水辺と言うことにより、江戸時代に於いても非常に重要な地域で、海岸にも近く湖の水もある事から、製塩の集落も形成され 半農半漁製塩の専門職が住む集落が形成されていたようだ。

この地に土地を持つ事は一つの勢力を意味したようだ。

今でも大賀郷地区住民の貴重な水道水の多くがここから供給されている。

 

 引用

  • 青木 豊・内川隆志・粕谷 崇編(1991)『火の潟遺跡』23p, 東京都八丈町教育委員会。
  • 小林達雄・青木 豊・粕谷 崇・川崎義雄ほか(1994)『倉輪遺跡 1994』53p,東京都八丈町教育委員会。
  • 江上幹幸(1973)サイパン島の石製工具について,物質文化22, pp27-36。
  • 後藤守一・芹沢長介・大塚初重ほか(1958)三宅・御蔵両島に於ける考古学研究,伊豆諸島文化財総合調査報告,第1分冊,pp39-92,東京都教育委員会。
  • 後藤守一・大塚初重・麻生 優ほか(1959)北伊豆五島における考古学的調査,伊豆諸島文化財総合調査報告,第2分冊,pp543-617,東京都教育委員会。
  • 橋本真紀夫・矢作健二・馬場健司(1994) 北硫黄島石野遺跡自然科学分析による成果『小笠原諸島他遺跡分布調査報告書』pp111-122, , 東京都教育委員会。
  • 宮崎 博・永峯光一・小田静夫編(1976)東京都島嶼部における遺跡調査,文化財の保護5, pp66-146,東京都教育委員会。
  • 永峯光一・小田静夫・宮崎 博編(1976)『八丈島の石器時代遺跡』52p,東京都埋蔵文化財調査報告4。
  • 永峯光一・芹沢廣衛・小林重義・一色直記・葛西重雄・鈴木正男(1984)『八丈島湯浜遺跡』82p, 東京都埋蔵文化財調査報告11。
  • 永峯光一・川崎義雄・谷口 栄ほか(1986)『八丈島倉輪遺跡』55p,東京都埋蔵文化財調査報告13。
  • 永峯光一・小林達雄・川崎義雄・前田光雄ほか(1987)『八丈島倉輪遺跡』128p, 東京都八丈町教育委員会。
  • 永峯光一・小田静夫・早川 泉編(1992)『小笠原諸島他遺跡分布調査報告書』126p, 東京都教育委員会。
  • 永峯光一・川崎義雄・山村貴輝ほか(1986)『八重根』454p, 東京都港湾局・八丈島八重根遺跡調査会。
  • 小川 武(1971)『黒潮圏の八丈島』,245p, 吉田南光園。
  • 小田静夫(1977)黒潮圏の石斧−八丈島の磨製石斧−,季刊どるめん12, pp114-126, JICC 出版。
  • 小田静夫(1978)北硫黄島の磨製石斧,文化財の保護10, pp102-107,東京都教育委員会。
  • 小田静夫 (1982) 小笠原諸島の考古学,文化財の保護14, pp97-122, 東京都教育委員会。
  • 小田静夫 (1989) 歴史時代にタタキイシに転用されていた先史時代の磨製石斧について,学芸研究紀要6,pp1-29, 東京都教育委員会。
  • 小田静夫 (1998) 考古学からみた小笠原の歴史,学芸研究紀要14, pp1-81, 東京都教育委員会。
  • 小田静夫 (1999) 考古学からみた八丈島の歴史,学芸研究紀要15, pp1-111, 東京都教育委員会。
  • 小田静夫 (2000) 『黒潮圏の考古学』,332p, 南島文化叢書22,第一書房。
  • 小田静夫 (2002) 『遥かなる海上の道』,185p, 青春出版社。
  • 小田静夫・早川 泉・岡崎完樹・小林重義編(1992)『小笠原諸島の考古学的資料集成』126p, 東京都埋蔵文化財調査報告19。
  • Reinman,F.M(1968)『Guam Prehistory(先史時代) : A Preliminary Report』Prehistoric(有史以前の) Culture in Qceania,pp41-50, Bishop Museum.
  • 杉原荘介(1965)東京都八丈島湯浜遺跡の調査,駿台史学16,pp158-162, 駿台史学会。
  • 杉原荘介・戸沢充則(1967)東京都八丈島湯浜の石器時代遺跡,考古学集刊3-4, pp23-36。
  • 杉原重夫・小田静夫(1989)八丈島東山(三原山)火山のテフラ層中の姶良Tn火山灰・鬼界アカホヤ火山灰の発見とその意義,日本火山学会1989年度春季大会講演予稿集, p98。
  • 杉原重夫・小田静夫(1990)伊豆諸島の八丈島・三宅島における鬼界−アカホヤ火山灰の発見と縄文遺物・編年上の意義,駿台史学79, pp35-46。
  • Thompson,L,M.(1932)『Archaeology(考古学) of the Marianas Islands 』82p,Bishop Museum, Bulletin 100。
  • 鶴丸俊明・小田静夫・鈴木正男・一色直記(1973)伊豆諸島出土の黒燿石に関する原産地推定とその問題,文化財の保護 5, pp147-158,東京都教育委員会。
  • 東京都八丈島八丈町教育委員会編著(1973)『八丈島誌』708p, 東京都八丈島八丈町役場。
  • 東京都八丈島八丈町教育委員会編著(1993)『八丈島誌 改訂増補版』848p, 東京都八丈島八丈町役場。

 

 下の写真がかっての縄文集落後の漁港

 

 

歴史民族資料館入り口、過去は支庁及び警察署があった。ここを下ると

急な坂道、風の強い河口の交差点。

 

 映りが悪く恐縮だが元、東京都八丈市長及び警察署跡、歴史民族資料館になります。

 

 

浮田秀家公の墓入り口、この周囲はやはり、浮田家の子孫が眠って居られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮田秀家公の墓

周りは連れしたがって来た後家来衆がねむる。

 

 

 

 

 

 

元、関が原合戦の豊臣岡山47万石城主 浮田秀家公ここに眠る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

八丈島の風土

 

 







 

 

 

 

 

 

 

八丈島の気候 風土は温暖湿潤で 山草もよく育つ、左は開発された畑で、最近は斜面を重機で簡単に切り開き、尚且つ石積をすれば、斜面も何のその、八丈富士側は水気を含まない土地なので、素晴らしい、水はけの良い畑ができあがる、公共事業で 排水設備を作る必要のない、恵まれた土壌で、又雨が多くても野菜が蒸れて腐るのを防ぎ、非常に美味しい野菜等、農作物が取れる。

左に植わって有る物はサツマイモで、当然砂礫地でのサツマイモは非常に美味しい。

サツマイモの後作に明日葉が植えられるのも衆知のところ。

 

 

 

右下が八重根漁港になるのですが、この道路の先は、河口の交差点になります、三原側へ行く道路と町の中心部へ行くところの交わっている非常に重要な部分ですが、昭和初期の大工事によりつながった、それまでの旧道は八重根から憂姥夷宝明神社へ続く道だった。 


また河口の交差点は八重根側から吹き付ける南風の集中する所で、熱帯低気圧、台風の時などとても通れず、難関であり、かって村人から恐れられた。今でも急な坂道で自転車などは注意が必要だ。

 

 

八丈青ヶ島の定期船

 

八丈青ヶ島は人口700人足らずで、港の整備も悪く 少しの風で船が欠航し 島民の生活物資が不自由をきたす場合が多い。

 

 


 

 

 

 

陽目ヶ石

 

 

 

 

 

 

大賀郷の陽目ヶ原という地区に多くあったため 陽目ヶ石というが、実際は八丈全島に多く ここも他地区だ、石積の美観に於いてほとんど違わない。

奄美とか、沖縄の島にも珊瑚等をこのように積み上げたものがあるが、風が強い為生活の知恵で、一種、島の共通した風土といえる、玉石垣も同じ。

 

 

 

 大賀郷大里地区

  優婆夷宝明神社

路傍の雑草のように咲くアザレアが印象的で通りがかりに拾った写真だ。

2006年6月10日現在 草がはえヒナビタ感がある。

 

奉仕好きのシルバー、新住民がふんだんに居られる現代だ、周期的に草取りボランテアを募ったら如何だろう、ジョギング、歩き運動よりも地域のコミニテイが保ててお勧め。

 

 信心深い地元の人たちによって支えられ ている。一口メモ

高台で非常に景色の良い所だが 静かで神が降り賜るスペースだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 home

                 ご意見等はこちらへ    nami751@ybb.ne.jp  菊池

 

 

 

八丈島の産業

 

 







 

 

 

 

 

 


大賀郷八重根漁港

近年竣工され、旧八重根港から移転した、大型の台風からも被害が避けられ、青ヶ島の定期船も繋留できるようになった。

残念ながら水揚げは 全国の例に漏れず、年々減っている。


 

 

 

 この奥が繋留場になっている、台風に対し かなり懐の深い港だ。

 

 

黄八丈機織風景

歴史ある織りが国の文化財として指定されないのが残念だ、とりもなおさず織りの衰退へと結びつく。

正倉院宝物にも 黄八丈の図柄はあり、遠くシルクロードを通って八丈島へ来たものと見なされる。

 

 

ストレチア

ヘリコニア種で八丈島を通して日本全国へ広まった。

 

 

人物の後ろの植物が

ロベレニー フェニックス

 

花束の添え葉として昔から珍重される、葉を切り取って出荷される。

 

 

 

建築、建設、建設物、建材(八丈島) 

建築 建設物 建材 不動産 八丈島


 

ご意見等はこちらへfjwtj754@ybb.ne.jp 菊池

 

 

 

 

○八丈島の産業ニュース


“丈島内に高級ホテルが二箇所計画されてます。

一つは、旧南国温泉ホテル(末吉)のホテルを、エステ付き高級リゾートで有名な“二期倶楽部、<ニキクラブ、niki-curabu>”が改築オープンするよう。

一方は、“株式会社バルス”女性衣料ブッテック、女性向け家具、ホテル、その他運営、が大賀郷地区にやはり高級リゾートホテルを建設予定。


上記、後記は土地の買収が東京都の環境アセスをクリアし2008年済んだものの、2009年世界不況の影響を受け具体的に進んで下りません、非常にざんねんですね。


⊃靴燭別斉葉製粉工場が操業“八丈島明日葉”

かつての農協牛乳工場後の一部で新たに操業されます、これによって、生産された明日葉を捨てることなく、生産ラインにのせられます。従来の工場は知り合いのものだけ引き取り、一般の明日葉は拒まれていた部分が多かった。

E膤飴駛椶、八丈島内で大掛かりな水産製品の、練り物、干物加工、乃至、八丈島鮮魚の島外スーパーチェーン店での宣伝実演販売等を行います。

スーパーチェーン店の万生食品株式会社が八丈島内で水産製品の、練り物、干物、乃至 生魚の宣伝販売の一翼を担います、期待しましょう。

※ 以降:上記に付いて他のサイトより転用(引用です)了解を取っております

[篆絏瑤糧生で漁獲量激減、今年(H21年)漁業者の皆さん大変ですね。
島外の大手鮮魚加工販売に携わる準大手の業者の方が大量の買い付け予約をなさった、と聞き及びますが、せっかくの商談も水の泡、ましてや燃料高から始まり世界不況、八丈島産業の状況の悪いのは留ま
る所を知りませんね。

∨榲擇諒も、世界的な魚の需要急増で乱獲され、漁獲量は大きく落ち込んでいるようです、回転寿司戦争(世界中で回転寿司が大人気)で今まで売れなかったマグロを初め寿司ねたが供給不足となって下りますが、少ない漁獲量なので工夫は発明の母と言いますか、工夫により、見向きもされなかった魚が出世魚となって喜ばれているようです。

言い方を変えれば“捨てる魚は無い”というのが今の鮮魚の流通のようです。

しかし八丈島のような零細漁港(太平洋の真ん中なので漁業資源が多いように思うのは当たってない、むしろ大陸沿いが沿岸の豊富な大陸棚資源で魚量が格段に多い)で多くの鮮魚が買い付けられるわけではなく、非常に効率の悪い中を、八丈島びいき(八丈島が好き)で、冷凍、冷蔵設備も投下し資金を使っておられるようだ、奇特な方々だ。

   

湿気の多い八丈島で多く発生する光る茸だ、光るクラゲから、「GFP」を取り出し医学に役立てた下村脩博士のように、キノコも役立てないだろうか。

※ オワンクラゲは′紫外線を当てるだけで光る光物質「GFP」を持っている。日本近海で春から夏にかけて普通に見ることができる。

 

 

 

 

 

                      〇以降 八丈島の建築物について語ります

 

  

    

 

     

 八丈島の在来工法内部

屋根裏(天井)は八丈島産スダシイが使われている。

   

 

八丈島 裏見の滝温泉

露天で無料

こちらの建材も 八丈島産杉

 

 

左 在来工法と違うが 八丈島産の杉 長材が使われ 風 地震に強い。

 

 

 

八丈島での一般的賃貸住宅

外観と内部

1K〜5k

賃料 4万〜13万円

 

一口メモ

 

 

 

 

 

           

  左 鉄筋コンクリート建 中二階

  外観 及び内部

 

    敷地 約1000坪

シロアリの進入を防ぐ為 地下3メートルまで土を全て除去し、

碁盤の目のような地下壁が地下3メールまで張巡らされ、構造はラーメン式、巨大なコンクリート柱が壁、各角2を支え 関東大震災以上(震度8〜9)まで耐えられる作りだ。

 

 

              

 

 

 

 

 

 

 

      左 丸形、

 珍しい形状で 人目を引く

 円形は風 揺れに強い、内部も仕切りが多く 強度は充分。

 手の込んだ建物だ。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

                ロココ式建築

           ルネッサンス様式だが 勿論近代建築である鉄筋コンクリートだ

 

 

  

 あ

  一般木造

 風雨の強い土地に建設されてる。

 コンクリートか木造かと聞かれれば、

 私の場合木造を勧める。

八丈島においては コンクリートは内部へ塩分が侵入するからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mさんの別荘

 八丈島移住の気持ちで建てられ、現在まだ仕事をお持ちなので

 横浜から 休日を楽しみに見えられる。

 

 位置的には大賀郷の簡素で静かな地域、土質は必ずしも良い とは  言えない所ですが、ご覧のように元々あった石を上手に生かし、樹木

 も切って捨てる事無く 地形を生かした自然に優しい建物敷地の空間 だ。

                                                                    

                                                                 

  

 見晴らしの湯温泉(集成材)

 八丈島の最南端集落、末吉にあり 洞輪沢という100メートルを超える稀有な断層

 下の岡上にあるので 景色は良いが、建物のけいじょうは木造で 広い空間を支える

 ため 集成材は使われている、この集成材が使われ始めたのは つい近年の事で

材木の合理的な利用、つまり 不要部分を減らし歩留まりを上がる、乾燥後の収縮、曲がりが出づらい、という

木材の欠点をカバーできるからです。

 

        海岸道路の不要なネット

    愁景美の海岸線を ブルーのネットで囲ってまった?

 

 この愚行の要因は 植生を知らない、自然と人口美の融合に付いて  認識が無い、自然美を楽しむ感覚に欠ける、色に付いての基本的な

 知識が無い(自然界での色は単独では存在せず、色の組み合わせ、  溶け込み、コントラストとしてあるわけで、その色合わせを間違うと と んでもない むしろ環境公害を引き起こす、自然界でなくとも色のコン トラストは非常に大切だ たとえば インテリアに於いて)、等が上げら れる。

 

このような重要な工事にかかる場合、うぬぼれず 謙虚な態度で専門家の意見を聞き、またそのような人達を 計画に入れるべきで、既に公共事業は 大量供給から質の時代に入っている。

ここでいえる事は まず、必要かどうか、綺麗な野草の ハマボッス、ハマ菊等が咲き乱れ 他に無い壮観な美しさだ、工作物が無い方が良く育っていたくらいだ。

工作物の色を考えるだけでも、随分違って 色の自然への溶け込みが得られる、(自然の色(海、山)と同じ色は 神が創り給うた色と人口の色が競合し、在り難い色の鑑賞を邪魔する)。

溶け合う色というのは 決して 同じ系列の色では無い。       

 

           連絡先 nami751@ybb.ne.jp

 

 

宵待ち草(メキシコ原産アカバナ科)

月見草 宵待ち草と混同される

 

                

昼咲き月見草         夕近く 薄ピンク                 明け方 日がさし赤みを帯びる

 

月見草と待宵草は、外来種の多くがそうであるように、どちらも 幕末頃に伝わりました。白い花を咲かせるものが月見草、黄色い花を咲かせるものが「待宵草」。夕方になると咲き、 翌朝には萎んでしまう。  

 

月見草は今ではほとんど目にすることはありません。日本の土が あわなかったのでしょう、宵待ち草の兄弟種であり乍ら、独り白花を開く月見草のみ 生気が弱く、野生化することが出来なかったのです。植物学者の牧野富太郎が 『昭和の初めには既に稀に見る種である』という旨の発表をしているところ から察しても、月見草の命はとても短かったものであったと思われます

 

 『まてどくらせどこぬひとを 宵待草のやるせなさ こよひは月も でぬさうな』で流れ出たのが宵待草という名であります。竹久夢二によって 綴られた詩文の中でも、最も有名なものでありましょう。  (一部引用 18.7.30)

                                                      

 

 

        建築、建設、建設物、建材(八丈島)

 

     上記建築中の住宅ですが在来工法です

 

 

 

 

 『八丈島ロイヤルホテル』

旧ロイヤルホテル、ご存知 ルネッサンス3大様式の一つで、ロココ式 ルネッサンス時代の建築はローマン 

コンクリートでできているが こちらは現代の鉄筋コンクリートで耐震性もあり丈夫だが、なにせ古い建物だ、

しかし諸外国ではこの程度を古いと言わない、日本の建設技術の向上が必要だ。

この八丈島の建築物とゆかりのある ルネッサンス建築に付いては後述します

 

 

    

 三根 柿の木坂   八丈ストアで働いておられた中島さんの居酒屋、朝食(定食)もある。

 刺身が美味しかった、皆さんも一度どうぞ、(一般的木造) 左手からも海が見える 奥に見えるのはダイビンショップです

 

大賀郷   フラットプラン

小泉改革による金融公庫の廃止により生まれてきた 公庫と銀行の連携による住宅資金融資プランだ。

建設代金と土地代金の融資が得られるので便利、ただ 建築物

が完成してからの融資実行で その間の繋ぎ融資が得られない

ので、施工業者、不動産業者とも資金力が必要になる。

  (一般木造住宅の予定)

 

   

             

   こちら 町の(裏見の滝)温泉、    

 お一人入浴中わるいlのですが “町lの

 キャンペーン写真ですので失礼して”、

 すぎ材他全て八丈島産、行かれたかたは

 良くご覧下さい。

 


木材としてのアスナロ(翌檜)

翌檜(アスナロ)    アスナロという昔懐かしい映画がある、字が 材木として檜に及ばないので、明日 檜に成れるかな? と日々努力する木 明日檜になろう、けなげな名前だ。

日本の住宅政策(日本には政治は無いし 政策も無いと言われている)が、戦後の爆発的人口増加による住宅不足にからみ 木材確保のため なりふり構わず、杉、檜の植林を勧めた。

杉、檜が一番優れた材だと思われたからだ、ところがその副作用まで気が付かなかった、針葉樹は 材木としては非常に優れているが、優れている物はその反面 弱点、功罪等あるもので 自分が早く育つ為に常緑で葉は常に青く、多くの日光を必要とするために 地面まで日光が届かない、多く植えれば益々顕著だ。

日光が地面に届かなければ 地面の微生物は死滅し 草さえ育たない、草が育たなければそれを食べる昆虫類、また更にそれを食べる鳥も、つまり生命の連鎖が断ち切られる。


又、山が常緑樹一色になれば 実の付く広葉樹も無く 食物がなければ 動物が困る。


人間社会しか考えなかった付けが回ってきた、動物の衰退は人間の衰退だからだ、ご存知のように人間が生きる為には 色々な動物の遺伝子が必要で だからこそ神様が色んな生命体を作られた。


又 山自体も広葉樹無くしては存続し得ない。
根を張る樹木も無く、雨で山が崩れ去る、山林研究の権威のかたが、日本の樹木は99パーセント近くが自然に生えた種類ではなく 他の地域から人間の手によって持ち込まれたものだ、という、この説に日本中が驚いているが、元々山に合わない木が 長い間かかって その山で育ち なじんでいるはずだが やはりその山の気候地形に適用できず、根の張り具合が弱かったりするので 山の土を支えきれず 山崩れがくりかえされる。


このような日本の悲しい山林だからこそ 日本の杉、檜を皆で使い林業の人々を潤わせ山に手をかける事ができるように持って行きたい。


杉、檜ばかりが珍重される現状があるわけだが、そういう中でやはり他の木材への関心も当然高まってきた、木造住宅は色々な木があってこそ楽しい。



アスナロは杉に及ばないという話は止めよう、及ぶ必要も無いし 元々違うからだ、(世界に一つだけの花)の歌詞がすきだ。


アスナロはもちろん それだけで充分個性のある材木で床柱として使えば非常に趣きがある、板材としても面白い、柱として各部所に使うと良い効果が生まれる。

他と違った家が求められる時代になった、もう一度古い木造建築を見直す時期と思う。

 

 

 

        ルネッサンス建築に付いて

     〇ルネッサンス建築の誕生 その時代と場所


   
   サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会 (イタリア)    写真引用

 

 

 

歴史的背景

 

宗教改革と商業の発達で社会が変化

14世紀は ヨーロッパの社会の大きな変革の時代となった

その一つは ルターの宗教改革によってキリスト教会の勢力が相対

的に低下した そして 大航海時代を前にして海

運や交易で財を蓄えた大商人の誕生があった。フィレンツェのメディチ

家は、商業と金融を支配し さらに政治にも強い影響力を持つた。    (一部引用)

 

ルネサンス様式の始まった場所と時

ルネサンス建築は1420年ごろイタリアのフィレンツェに開花しまた その後 ローマやベニスなどのイタリア国内に広がり さらにフランス イギリス スペイン ポルトガルと広範囲に展開して1770年ごろまで続いた。

 

 

フィレンツェの市街

古代ローマの都市と建築が模範

こうした新しい動きの中で 古代ローマの芸術と学問の復興が重要な役割を演じ ルネサンスでは、古代ローマ人の人間的で明るい生活態度をはじめ 壮大で美しい都市と建築が模範とされた         (写真他一部引用)

 

 

 サンタ・クローチェ教会(イタリア)

ルネッサンス建築の展開


ルネッサンスはフィレンツエで誕生

建築のルネサンス様式は 絵画や彫刻、また文学の改革に続いて

イタリアのフィレンツェの町で15世紀初期に生まれ その後急速に

イタリア本土に広まった 16世紀には他のヨーロッパ諸国にも伝

わり 中世のゴシック建築に替わる新しい建築として普及していった

 


 

 
個人の邸宅も建築の対象

中世の建物がほとんど教会の大聖堂を中心とした教

会建築に限られていたのに対して、ルネサンスでは、

教会堂と並んで公共施設や宮殿、また個人の邸宅な

どが重要な建築の対象となった  

(写真他一部引用)

 

古代ローマ建築の復興が目標
ルネサンス建築は古代復興を目指した そこで、

古代ローマ建築で見られた円柱やアーチ トンネル

形ヴォールト ドームなどが視覚効果を高める手段

として用いられ それらは単なる古典建

築の模倣として使用されたのではなかった

 

ルネサンスに活躍した建築家たちは創造的なものを設計し芸術的に完全なものにする能力や そうした設計理論に関する知識によって

高い社会的地位を築き上げた ルネサンスでは宗教からの縛りを逃れ建築家の個性や独創性が重要なものと見なされるようになった。

 

 

 

 

  絶えず新しい技術的課題に挑む
  構造面では古代建築や中世建築の成果を受け継いで

  工夫を加え さらにビザンチンやイスラム建築の長所も

  取り入れ それらを総合的にまとめ上げることを目標

  とした一方 建築設計では絶えず新しい技術

  的課題に挑んでその解決を求めた また、平面や立

                            面は厳格な対称形とし、秩序と威厳を示すことに主眼が

                            置かれた

 

 

  ▲円柱・アーチ・トンネル形ヴォールト
  サンタ・マリア・ノヴェッラ教会(イタリア)

 

創意工夫ができる建築家が求められた
このような理由から、ルネサンス建築では、広い見識と教養を持ち 美術家としての才能を備え 

創意工夫をする意欲と能力を持つ建築家が必要とされた

 
 
 
 
 
 
 
 

 


 

 

画家や彫刻家から建築家に転進

ルネサンスの建築家は 画家や彫刻家から転じた人が少なくなかった そういった建築家には

ブラマンテ、ブルネレスキ ミケランジェロ ラファエロ レオナルド・ダビンチがいた

 建築上の特徴

構造と技術は多種多様
ルネサンス建築では、古代から中世までの多種多様な構造と技術、そして材料が自由に用いられ また 建物の用途や設計上の意図によって最大の効果をもたらす組み合わせが工夫された

外壁は大理石などで化粧がされる

 

 

▲大理石で化粧が施されたファサード
(建物の正面)
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

 

ルネサンス建築の外壁の多くは 石やレンガ壁の表面部分に石材や大理石 テラコッタ(粘土を焼いた土)などで化粧が施された 

一方 内壁は 石材やスタッコ(漆喰) 木造パネルなどが目的に合せて用いられ また天井は木造の格天井 木造下地のスタッコ天井

 レンガづくりのヴォールト(組積み造りによる構造)にスタッコ仕上げしたものと様々たった


 

ドーム構法が完成
ドームの基部に木材をつないだ環をはめてドームの破裂を防ぐ工夫がされ このドーム構法は ルネサンス以降の基本的な構法となり バットレス(梁)なしでドームを高いドラムの上にのせることが可能になった

 

 

 

▲大ドーム
サンタ・マリア・デル・フィオーレ教会

 

  外壁の装飾はオーダーが一般的

オーダーと大理石の寄木張りが美しい
サンタ・クローチェ教会のファサード

外壁の主な装飾は圧倒的にオーダー(柱と梁から成る構造形式のこと)が用いられたが

時には外壁の一部にフレスコ画(漆喰が乾ききらないうちに水彩絵の具で描いた絵)が描

かれたり 大理石で寄木張りが施されたりすることもあった

 

 

 

 

 

 

建築は諸芸術の母」が復活

スタッコ細工やフレスコ画で内壁や天井は装飾され 堂内には古典的な彫像が配された ルネサンスにおいては

建築が絵画や彫刻の発展に大きく寄与したため 「建築は諸芸術の母」という立場が復活したと言われる   ※写真他一部引用

 

 

 

八丈島の自然(自然保護)2

八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、土地利用

 

 

八丈島自然土地の利用 (農業酪農林業、漁業他の地場産業八丈島の土地風土果たしてき

役割を含む) のされ方、又そのあり方、望ましい自然を生かす為の、土地利用土地開発を考えると共に、最

近の土地建物売買物件(八丈島不動産取引情報、その問題点)、物件案内、等 より良い多くの情報を、早く

多くお客様へ提供したいと思います。

 

“丈島の土地取引に付いて島外からの違法業者が目立ちます。

不動産業者以外の買地広告(看板)にお気をつけて、被害者続出です。

I堝飴唆伴圓蓮ゞ伴毀勝都知事免許又は、建設大臣免許番号、を明記します、

  測量登録免許等は関係ありません、それらは不法業者です。

 づ效蓮▲轡蹈▲蝓▲螢曄璽燹⇒殖、投資、金融、ネズミ講、等はかつてより悪質業者が入りやすく

  被害が目立つ分野です、従って まっとうな生業を営む者に取っては 迷惑この上ない事で御座います。

 

八丈島国の伊豆箱根富士国立公園法により国立公園として自然が保護されて下ります。

特別保護地域

 本地域を特徴づけている火山地形代表的景観地(八丈富士の火口部)である。

第一種特別地域

 特別保護地区隣接し若しくは準じた火山山頂部周辺及び海蝕崖や、貴重な植生があり、自然

 状態をよく保持せている地区である。

○第二種特別地域

 景観構成要素の一部として保全を図る必要のある山腹及び主要な展望対象地等で比較的自然

 状態をよく保持している地区である。

第三種特別地域

 上記以外の地域のうち、全般的な風致の維持を図る必要のある地区農林業を認めながらも乱開発

 を防ぐ地区である。

普通地域

 特別保護地域特別地域以外の地域。

 ■ 特別地域では、建築物などの工作物新・増・改築木竹の伐採鉱物・土石の採掘土地 形状

    の変更、植物等の採取などが、制限されています。

  • 特別保護地域ではさらに制限が厳しくなり、たき火、動物の捕獲、落ち葉の採取なども規制されています。
  • 普通地域では一定規模以上建築物などの工作物新・増・改築鉱物・土石の採掘土地形状
  • の変更などをするときには届け出が必要です。

 

 上記の行為に違反無許可の場合には罰せられることもありますので、特に建築土木工事土地 を 

 買われる場合には十分 注意して下さい。

 


 

八丈島の気候はご存知のモンスーン気候で 雨量 湿気は国内での有数だ、土質八丈富士系溶岩 三原系

火山灰だ。火山灰粘土質八丈富士系溶岩砂礫系に比べると 当然保水力が強く水量は多くかつてから三原

水田も多く過去に於いて 量はともかく 米の生産地だった。

水量の多い地帯に位置する八丈島、更に保水力のある三原山の土質常に水が海に流れ出すほどある島 (島とし

てはあり得ない環境の良さだ) この恵まれた環境が島民のために貢献したかは筆舌に尽くせない。

しかしながら 戦後 米の生産よりも観葉植物生産の方が産地として形成されると共に 田んぼがフェニックス畑

に変わり、観葉先進地として発展をなしてきた。

 

 

日本海外貿易型先進国海外との貿易により経済発展を遂げた 又 八丈島日本を写す鏡と言われる。

つまり 食生活犠牲にし発展した、本円が まだ1ドル300円以上で 沖縄の返還も無い時期、八丈島東洋

のハワイと言われ、高度経済成長の最中 人々の南国への憧れは強く老女男女を問わず余暇過ごすため八丈島を目指した

基幹産業においても 日本人生活の向上(最近使われない言葉だが エンゲル係数の向上)と共に 人々の観葉

植物への憧れ(取りも直さず 南国文化への憧れ)が進み、八丈島観葉植物全盛時代が始まった、日本の

観葉植物産業繁栄八丈島の繁栄でもあった 八丈島全国シェアの殆どを占めていたからだ。

 


 

狭い八丈島の面積、この中で自然を壊さない土地利用 土地を利用する事で尚更自然が美化されいきてくる、

生き生きした自治体を作り、これが土地利用の目的です。

国内の地方全てそうだが、戦前の八丈島農業、漁業基幹産業で人々は 米、野菜、雑穀を作り 又、カヌー

で沖へ小魚をとりに、一部は黄八丈により生計を立てていた。地の利用は肥料の無い過去に於いて

焼畑が一般的だった。焼畑による切り替え畑、樹木を切り木炭に、残った枝など焼き 灰を肥料に雑穀、野菜を

作り、利用後は 又 樹木を植え山林に戻す ゴミの出ない 究極のリサイクル社会だった。

 

酪農戦前より盛んで むしろ日本酪農を考える上で八丈島の果たした役割は大きい、過去においては 自家

消費は勿論だが、本土へ出荷する、外貨獲得のための手段、産業だった、 生乳本土へ出荷できないので

バターなどの加工品として出荷され森永乳業がその加工、産業の促進を担った、今で言えば 町の行政による

産業の育成に近いことをやっていた。

又 八丈島日本の酪農に於いて先駆的なやく割りを果たしたという下りは 当時 欧米の酪農は 地に着いた

産業であったのに対し 日本に於いては手探り状態で 実験が必要だった、南国の八丈島で 冬場でも青草がある

温暖な八丈島牛がどのような成長を見せるか、また乳量は、森永乳業にとっても日本拓農にと取っても正に

注目に値する実験だった。

  

八丈島の生活     株式会社フレック八丈島営業所 

 

つづく  不動産事情関連リンク先

建築 建設物 建材(八丈島)    八丈島不動産 建築 及び建設物

建築、建設、建築物、建材 不動産 リンク   八丈島農業研究会

不動産情報のんびりくらしのすすめ     八丈島の生活

八丈島売買物件情報   八丈島不動産情報プロダクト

 

八丈島に於いては土地建物の利用と自然環境を一体のものとみなし行政が進められなければならない。エコロジーが叫ばれている昨今だから、という意味合いのほかに もっと大所から見て、人と住みかと自然は、元々一体であらねばならないからです。

アールヌーボーの創始者であり巨匠の アントニオ・ガウディ、或いは かっての俳人・方丈記作者の鴨 長明の一節 “ゆくの流れは絶えずしてしかも元の水に有らず よどみに浮かぶ泡沫は かつ消えかつ結びて久しく止まりたるためしなし、人と住ともまたかくのごとし”  などに叙述に現われている。

 

※ 鴨 長明(かもの ちょうめい、1155年(久寿2年) -1216年(健保4年))は、平安時代末期から鎌倉時代 にかけての日本の歌人、隋筆家である。

 

アールヌーボーの アントニオ・ガウディ は、建築、芸術を一変させた。 直線的な創造物(建築等)を否定し、樹木または生物のように曲線でなければならない事を示した。鴨 長明 に付いては、読んで字の如しです。

 

 

 

写真引用

ガウディの作品は芸術そのものであり、自然、生物 を建築のコンセプトとし、その概念が隅々まで行き届き、見る者に感動を与えます。真に自然と一体、自然が建物の中に溶け込んでますね、ガウディ以降の芸術家でガウディの影響を受けないものは無いとされて下ります。

 

※椅子も見てください、どれ一つ真っ直ぐな物が無いですね、建築学の奇跡、革命ですね。   偉大な芸術家であると共に建築学の天才で 曲がりくねった構造でも、しっかりした強度計算ができていて、強い地震に耐えられます。

 

 

  

 

 <室戸岬からの風景>  ○景色に疎外感がありません            写真引用

 

 

 

 

 

写真引用 ドイツ領内 : ライン川  

ライン川の淵が 切り立った断層になっておりその調和が素晴らしい、また、城の配下にある中世からの町並みが、簡素で時代錯誤を覚える、諸外国では このような環境、建物の保存を行政、住民が一体となり、ライフワークと位置づけている。

  

写真引用 : ローヌ氷河を源流としてアルプスを流れる河がいったん湖となり、ジュネーヴから再びローヌ河としてフランスに流れていきます。 湖の南岸はフランス領内       写真引用

  

レマン湖の東、湖に突き出た小島に作られた古城、バイロンの詩「ションの囚人」で一躍有名となりました。まるで本当に湖に浮かんでいるかのよう、自然と人工美建築) の一体化ですね 写真引用

   

港町 ナポリのヌォーボォ城  地中海、サンタ・ルチア港をのぞむ戦いに備えた堅牢な城です

綺麗な城とは言い辛いですが 街並みとの一体感が好いです そこが大事なところ 右手の枠内風景は 城の窓から見た物です   ※写真引用

 

 

 

                               

 土地経済概論” 八丈島 ― 抜粋<論文提出者 菊池 実>

土地は、個人の所有物(都有地国有地等の公有地を除く)であり 所有権があるが“自然材地球)であり国民共有の財でもあります この矛盾した論理を如何判断するのだろう。

土地金銭利益)を生む“経済財”でその価値は一般的に経済活動活発な地域かどうかによって評価される 農地に於いてもその収穫量つまり利益をどれだけ生むかだ 観光地山林、も遠からず同じような価値判断をされる。

“個人財”なれど国民の“公共財” その利用のしかたは個人に任せられない 常に“公共の利益の為に”を同時に考え、コミュニテイ、また“国の福祉たらん”とし 土地利用大変重要使命を持ちます 不動産業者また個人も常にその理念を念頭に置かなければ 住みよい社会は決して生まれないので、国民共有の同意が必要な所です。

私達の八丈島に於いても そのように在りたいところですが 一番肝心行政にその意識が欠けているので 住民からコンセンサスを膨らませていく努力が必要で よく言われる 住民自身からの草の根現象を期待したいし 常にそう努力したい ここも行政の質が問われ同時に住民も試される極めて重要な部分です。 

 

 

 

  伝言板

◎ 八丈島で福祉事業をなさりたい方は以下へご連絡下さい、サポート致します。

 ※景色がよく広大で質の良い土地をお貸し致します、同時に事業のサポートを協力させて頂きます。

  ライフライン完備、交通の便は良く都道沿いの土地です。

 

 イ、福祉事業の内容に制限はありません。

 ロ、々睥霄埓賤冂詑濬斬陝´▲潺奪ス型グループホーム(高齢者、児童、障害者が同時に暮らせる宿泊型施設) デイサービス 

   ぞ祿下塋〇禳邏判蠏浸棔等が八丈島では望まれて下ります。

   〒100-1401東京都八丈島八丈町大賀郷6167-1 電話04996-2-1801     

 

 

 

         私の好きな文章です。

   昨日シャープを辞めました。新たな旅立ちです

   昨日シャープを辞めました。新たな戦いの始まりです

 

シャープは素晴らしかった 今でも素晴らしい 日本の工業の象徴であり手本でもあった

でも 私は新たに旅立つ道を選んだ。

 

 

連絡先 八丈島不動産事情事務局 04996-2-1801 or  04996-2-1345  担当 菊池

                            当ブログ連絡先 nami751@ybb.ne.jp 担当 菊池

 

投書箱

投書箱です、ページをご覧の皆様よりの投書を随時掲載致します

 

家を建築する用地接道義務とはいかなるものですか。( 横浜市 桜井 )

 

八丈島に 私の父の購入した土地を持っているのですが、【某、、、測量】という会社から、

 隣の土地に開発が入るので、あなたの土地も測量しませんか、八丈島土地の取引が非常に

 活発です、との勧誘が度々ありますが、本当ですか、また測量代金は80万円という事で

 した。( 東京都 K S )

 

投書箱への回答

 建築敷地接道義務建築基準法)と申しますのは、道路 (何を指して道路というかは

  細かい規定が御座いまして非常に難しい部分が御座います) に2m以上接していなければ

  なりません。

  敷地延長(奥まった土地が長細い道路部分を通して敷地に繋がっている場合)で認めれれ

  る事もあります、その場合 最大3mの幅が必要になります。

 

 

 

 ○【某、、、測量会社】の勧誘: この会社は土地取引も行っているようですが、八丈島の不動

   産会社として お客様に対しどのような説明が適当か一番苦慮するところで御座います、

   またその方々に対し、悪口雑言、非難、注意勧告も、一階の一般人である、弊社としては、

   このような公のサイトを通して申し上げ辛い部分が御座いますので、はっきり申せます事は、

   正規の不動産業者の店舗にて土地情報収集なり売買を行ってください。

   又説明を行う者に対し、宅地建物主任者証を提示してもらい、良く確認なっさてからご相談

   なさって下さい。

  ○ 八丈島で きちんとした(都知事免許国土交通大臣免許を掲げている)の店内におい

   て、不動産取引行うことが、正規の業者に義務づけられて下ります。

  

  ○土地測量の費用は 八丈島においてその様な高額ではありません、300から1000坪の土地で

   、約3分の一まで行かない程度、と認識しております。

 

連絡先 八丈島不動産事情事務局 04996-2-1801 or  04996-2-1345  担当 菊池

                            当ブログ連絡先 nami751@ybb.ne.jp 担当 菊池

 

 

 

 八丈島では 土地の利用農地を含む)、取引建物建設)の利用等に付いて 指針も試案も町としての

計画もなされてない。 土地の利用建物が景観、環境に与える影響 ; 良い意味での影響、悪い意味で

の影響、また老朽化した建物の取り壊し等に付いて、の方向性を出さなければ、今後の八丈島、地域社会

は保てないし存在し得ない。

 

 

八丈島に於いては、土地建物の利用と自然環境を一体のものとみなし行政が進められなければならない エコロジーが叫ばれている昨今だから という意味合いのほかに もっと大所から見て 人と住みかと自然は 元々一体であらねばならないからです。

アールヌーボーの創始者であり巨匠 アントニオ・ガウディの作品、或いは かっての俳人・方丈記作者の鴨 長明の一節 “ゆくの流れは絶えずしてしかも元の水に有らず よどみに浮かぶ泡沫は かつ消えかつ結びて久しく止まりたるためしなし 人と住ともまたかくのごとし”  などに叙述に現われている。

 

○ スペインのバルセロナに於いては いたる所にガウディ他の著名な建築家の作品が見受けられます その建物がアパートとして今でも利用され居住して居られる人も多く 羨ましい限りです。

アールヌーボー様式  アントニオ・ガウディ 作

コロニア・グエル地下教会

 

 

  

 

 

 

 写真引用

ガウディの作品は芸術そのものであり 自然、生物 を建築のコンセプトとし その概念が隅々まで行き届き 見る者に感動を与えます 真に自然と一体 自然が建物の中に溶け込んでますね ガウディ以降の芸術家でガウディの影響を受けないものは無いとされて下ります。

 

※椅子も見てください どれ一つ真っ直ぐな物が無いですね 建築学の奇跡、革命ですね 偉大な芸術家であると共に建築学の天才で 曲がりくねった構造でも しっかりした強度計算ができていて強い地震にも耐え得る。

 

 

              

   


       木材としてのアスナロ(翌檜)

翌檜(アスナロ)  スナロという昔懐かしい映画がある、字が 材木として檜に及ばないので、明日 檜に成れるかな? と日々努力する木 明日檜になろう、けなげな名前だ。

日本の住宅政策(日本には政治は無いし 政策も無いと言われている)が、戦後の爆発的人口増加による住宅不足にからみ 木材確保のため なりふり構わず、杉、檜の植林を勧めた。

杉、檜が一番優れた材だと思われたからだ、ところがその副作用まで気が付かなかった、針葉樹は 材木としては非常に優れているが、優れている物はその反面 弱点、功罪等あるもので 自分が早く育つ為に常緑で葉は常に青く、多くの日光を必要とするために 地面まで日光が届かない、多く植えれば益々顕著だ。

日光が地面に届かなければ 地面の微生物は死滅し 草さえ育たない、草が育たなければそれを食べる昆虫類、また更にそれを食べる鳥も、つまり生命の連鎖が断ち切られる。


又、山が常緑樹一色になれば 実の付く広葉樹も無く 食物がなければ 動物が困る。


人間社会しか考えなかった付けが回ってきた、動物の衰退は人間の衰退だからだ、ご存知のように人間が生きる為には 色々な動物の遺伝子が必要で だからこそ神様が色んな生命体を作られた。


又 山自体も広葉樹無くしては存続し得ない。
根を張る樹木も無く、雨で山が崩れ去る、山林研究の権威のかたが、日本の樹木は99パーセント近くが自然に生えた種類ではなく 他の地域から人間の手によって持ち込まれたものだ、という、この説に日本中が驚いているが、元々山に合わない木が 長い間かかって その山で育ち なじんでいるはずだが やはりその山の気候地形に適用できず、根の張り具合が弱かったりするので 山の土を支えきれず 山崩れがくりかえされる。


このような日本の悲しい山林だからこそ 日本の杉、檜を皆で使い林業の人々を潤わせ山に手をかける事ができるように持って行きたい。


杉、檜ばかりが珍重される現状があるわけだが、そういう中でやはり他の木材への関心も当然高まってきた、木造住宅は色々な木があってこそ楽しい。



アスナロは杉に及ばないという話は止めよう、及ぶ必要も無いし 元々違うからだ、(世界に一つだけの花)の歌詞がすきだ。


アスナロはもちろん それだけで充分個性のある材木で床柱として使えば非常に趣きがある、板材としても面白い、柱として各部所に使うと良い効果が生まれる。

他と違った家が求められる時代になった、もう一度古い木造建築を見直す時期と思う。

  

 

 

注意 

○八丈島におきましても 外部からの悪意による取引の被害が続出しております。

 不動産業者は都知事ないし建設大臣(国土交通大臣)発行免許番号を持って下ります。

 それ以外の掲示された番号は カムフラージュです、看板を良く見てください。

 

 

かっての人類 “太古の人類” の生活は 勿論自然と一体のものだった だが 人類が火と道具と使い文化が始まって依頼、快適さを求め自然と隔絶するようになって 、産業革命以後の数百年間は 自然を敵とし 自然にあらがった歴史だった。

昨今になり 温暖化がさけばれ ようやく歴史の反省と見直しを迫られているわけですが そもそも 人は草木と同じ自然のもので “土から生まれ土へ帰る”  神でも機械でも ましてや宇宙人でもなく、 自然の緑と空気 かわいい動物から安らぎを得 また食物を得ている。

 地球自体が自然そのものであることから 人の感覚は自然に回帰し 自然の美を求め 自然美に人工美が加わることにより 更に美しく感じる ローマー ギリシャの古代遺跡 建築 と 自然美は誰でも認めるところのもので 自然と土地建物の一体化こそ 文化人類学で主張されている 人類の将来像であり また そうあらねば違和感を感じる 自然を大切に 自然との共存こそ 21世紀を生き抜く地球と人類の道なのでしょう。

 

  八丈島の土地、建物、生活、文化、産業、歴史、風土等のページです

http://www.geocities.jp/frec1401/geijyutu1.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1401

http://www.geocities.jp/frec1401/mon.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/fudousan.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/monda.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1405

http://www.geocities.jp/frec1401/fudou-mon1.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/fudousan2.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/index.html

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou1.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou2.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou3.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou4.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-a.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-b.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-c.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1401/view

http://blogs.yahoo.co.jp/frec1405

http://namio.exblog.jp/

http://frec.seesaa.net/article/19416649.html

http://frec.dreamblog.jp/

http://myhome.cururu.jp/namio7

http://plaza.rakuten.co.jp/hatijyou/

http://plaza.rakuten.co.jp/hatijyou/

http://blog.livedoor.jp/dandei8/?blog_id=1782239

http://blog.goo.ne.jp/dandei8/

http://dandei7.blog71.fc2.com/

http://frec.seesaa.net/article/19416649.html

http://frec.dreamblog.jp/

 

 

 イベント情報

 27回島嶼囲碁選手権

 

 

                    


左   土屋 8段    右  沖山 義孝 4

 

                


  左 津村 勲 審判長による講評     右  記念撮影風景

 

 八丈勢好調
 
7
9日 日曜に 、総勢80名弱の人数で開かれた(主催七島新聞社、後援各社 各団体)


最強者部優勝 − 土屋 久 8段 (八丈町産業課長) 
A
クラス優勝 − 沖山 義孝 4段 (八丈町助役)

主催者発表がまだなので詳細を控えます。

 

 

 八丈島ギャラリー

写真 絵画 彫刻等 八丈島にちなんだ作家の作品を掲載して行きます。

 

                     マイデスク 3

 

    作者の狙い ー 『混沌とした中の美』

 

                    ドアから 1

      

写真 絵画 彫刻等 八丈島にちなんだ作家の作品を掲載して行きます。

 

                         居室 生活臭1

 

 M,Kikuchi      八丈島在住     平成 25.9.20 

  ※  作者の狙い ー 『混沌とした中の美』

 

 

 

                                    居室 生活臭2

 

 M,Kikuchi      八丈島在住     平成 25.9.20 

  ※  作者の狙い ー 『混沌とした中の美』

 

 

 

江戸期浮世絵の時代にカラー岩絵の具描き、巧みな線描で、

近代日本画がの走りを見るようだ。保存状況は非常に良かった。      (一部引用)

 

 

 

 

 

 

 

  八丈島の自然(自然保護)3

八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、土地利用

 

 

八丈島自然土地の利用 (農業酪農林業、漁業他の地場産業八丈島の土地風土果たし

てき役割を含む) のされ方、又そのあり方、望ましい自然を生かす為の、土地利用土地開発を考

えると共に、最近の土地建物売買物件(八丈島不動産取引情報、その問題点)、物件案内、等 より良

い多くの情報を、早く多くお客様へ提供したいと思います。

 

 

“丈島の土地取引に付いて島外からの違法業者が目立ちます。

不動産業者以外の買地広告(看板)にお気をつけて、被害者続出です。

I堝飴唆伴圓蓮ゞ伴毀勝都知事免許又は、建設大臣免許番号、を明記します、

  測量登録免許等は関係ありません、それらは不法業者です。

づ效蓮▲轡蹈▲蝓▲螢曄璽燹⇒殖、投資、金融、ネズミ講、等はかつてより悪質

 業者が入りやすく被害が目立つ分野です、従って まっとうな生業を営む者

 に取っては 迷惑この上ない事で御座います。

 

 

 

あきれた公共事業

上記写真は 『景観を阻害する公共事業

いったい都民の税金を使って何をするのだろう 皆さん 人口のブルーのネットごしに海の青を見たい

ですか 八丈島では残念な事に高台から海を見ようすると 公共資金を入れた農業用施設ハウスの屋根が太陽光を防ぐ為に

ブルーのネットがかけられ海のブルーを人口のブルーが阻害してます 天然のブルーは光の屈折でブルーに見えるのですが

人口の青』 はかなりけばけばしい色である事を認識して欲しいです 歓楽街の看板に良くブルー系が使われる事を思い

出して貰えればが解って貰えるでしょう

海の色が毒されている事に他ならないです でも私が指摘してから 最近良くなって来たように思います。

 

                                                           

        

  

  

1、八丈島の土地、建物、生活、文化、産業、歴史、風土等のページです

http://dandei7.blog71.fc2.com/blog-entry-2.html

 

2.

http://www.geocities.jp/frec1401/geijyutu1.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1401

http://www.geocities.jp/frec1401/mon.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/fudousan.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/monda.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1405

http://www.geocities.jp/frec1401/fudou-mon1.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/fudousan2.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/index.html

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou1.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou2.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou3.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou4.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-a.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-b.htm

http://www.geocities.jp/frec1401/jijyou-c.htm

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/frec1401/view

http://blogs.yahoo.co.jp/frec1405

http://namio.exblog.jp/

http://frec.seesaa.net/article/19416649.html

http://frec.dreamblog.jp/

http://myhome.cururu.jp/namio7

http://plaza.rakuten.co.jp/hatijyou/

http://plaza.rakuten.co.jp/hatijyou/

http://blog.livedoor.jp/dandei8/?blog_id=1782239

http://blog.goo.ne.jp/dandei8/

http://dandei7.blog71.fc2.com/

http://frec.seesaa.net/article/19416649.html

http://frec.dreamblog.jp/

 

 

 

 

八丈島の自然(自然保護)1

八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、土地利用

 

 

 

青ヶ島を除く伊豆諸島自然公園法に基づいた富士箱根伊豆国立公園に指定されており、八丈支庁管内の

八丈島八丈小島総面積92%区域指定されています。 自然公園制度は、自然公園法に基づき、す

ぐれた自然の風景地保護するとともに、その利用の増進を図ることを目的として制定されており、このような

自然公園法の主旨を生かすために、八丈島を4つの地域に分け保護計画と利用計画をつくり自然公園が管

理されて下ります。

 

理想的土地利用

まず八丈島の気候、土質、農業に付いて

八丈島の気候はご存知のモンスーン気候で 雨量 湿気は国内で有数だ、土質八丈富士系溶岩 三原系

火山灰だ。火山灰粘土質八丈富士系溶岩砂礫系に比べると 当然保水力が強く水量は多くかつてか

ら三原は水田も多く過去に於いて 量はともかく 米の生産地だった。

水量の多い地帯に位置する八丈島、更に保水力のある三原山の土質常に水が海に流れ出すほどある島

(島としてはあり得ない環境の良さだ) この恵まれた環境が島民のために貢献したかは筆舌に尽くせない。

しかしながら 戦後 米の生産よりも観葉植物生産の方が産地として形成されると共に 田んぼがフェニック

ス畑に変わり、観葉先進地として発展をなしてきた。

 

 

 

日本海外貿易型先進国海外との貿易により経済発展を遂げた 又 八丈島日本を写す鏡と言われる。

つまり 食生活 (食物生産) 犠牲にし発展した、本円が まだ1ドル300円以上で 沖縄の返還も無い時期

八丈島東洋のハワイと言われ、高度経済成長の最中 人々の南国への憧れは強 く老女男女を問わず

余暇過ごすため八丈島を目指した

基幹産業においても 日本人生活の向上(最近使われない言葉だが エンゲル係数の向上)と共に 人々

観葉植物への憧れ (取りも直さず 南国文化への憧れ) が進み、八丈島観葉植物全盛時代が始まった

日本の観葉植物産業繁栄八丈島の繁栄でもあった 八丈島全国シェアの殆どを占めていたからだ。

 

 

 

このページは 八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、

土地利用、ここれらのことを語るページです。

 

 

狭い八丈島の面積、この中で自然を壊さない土地利用 土地を利用する事で尚更自然が美化され生き

くる、生き生きした自治体作り、これが土地利用の目的です。

 

国内の地方全てそうだが、戦前の八丈島農業、漁業基幹産業で人々は 米、野菜、雑穀を作り 又、

カヌーで沖へ小魚をとりに、一部は黄八丈により生計を立てていた。

地の利用は肥料の無い過去に於いて 焼畑が一般的だった。 焼畑による切り替え畑、樹木を切り木炭に、

残った枝など焼き 灰を肥料に雑穀、野菜を作り、利用後は 又樹木を植え山林に戻す ゴミの出ない 

究極のリサイクル社会だった。 酪農戦前より盛んで むしろ日本酪農を考える上で八丈島の果たした役割

は大きい、過去においては 自家消費は勿論だが、本土へ出荷する外貨獲得のための手段、産業だった、 

生乳が本土へ出荷できないので バターなどの加工品として出荷され、森永乳業がその加工、産業促進

担った、今で言えば 町の行政による 産業の育成に近いことをやっていた。

 

又 八丈島が日本の酪農に於いて先駆的役割りを果たしたという下りは 当時 欧米の酪農は地に着いた

産業であったのに対し、日本に於いては手探り状態で 実験が必要だった、南国の八丈島で 冬場でも青草

がある温暖な八丈島で、牛がどのような成長を見せるか、また乳量は、森永乳業にとっても日本拓農にと取っ

ても正に注目に値する実験だった。

 

 

 

 

     

 

危機一発  CCZ計画  (海岸沿い数万坪を削り マリーナ等グリンピアスパザ小田原的リゾート建設)

開発に入る直前だった、よくぞ工事を止めた止めた男は誰か、正に現在のヒーローだ。

仮に実行されていれば 多額の債務に苦しみ、自治体破産を起こしていただろう。

 

敵の多い中でその大英断断行した人 それは 前 笹本 直江 町長だ ただ この実績を評価する人が

殆どいないのが 逆に怖い ハタマタどのような悪行計画され実行されるのだろう。

当然、現在 このような景色は拝めなかった事になる。

 

世の悪とは 本とに何なのか 付ききとめる必要がある それがひいては 地球環境人類の生命を守るからだ

 

 

  

 

   八丈島の自然(自然保護)5

八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、土地利用

 

 八丈島国の伊豆箱根富士国立公園法により国立公園として自然が保護されて下ります。

特別保護地域

 本地域を特徴づけている火山地形代表的景観地(八丈富士の火口部)である。

 

第一種特別地域

特別保護地区隣接し若しくは準じた火山山頂部周辺及び海蝕崖や、貴重な植生があり、自然状態をよく

保持せている地区である。

 

第二種特別地域

景観構成要素の一部として保全を図る必要のある山腹及び主要な展望対象地等で比較的自然状

をよく保持している地区である。

 

第三種特別地域

上記以外の地域のうち、全般的な風致の維持を図る必要のある地区農林業を認めながらも乱開発 

を防ぐ地区である。

 

普通地域

 特別保護地域特別地域以外の地域。

 

 ■ 特別地域では、建築物などの工作物新・増・改築木竹の伐採鉱物・土石の採掘土地形状の変更、

  植物等の採取などが、制限されています。

  • 特別保護地域ではさらに制限が厳しくなり、たき火、動物の捕獲、落ち葉の採取なども規制されています。
  • 普通地域では一定規模以上建築物などの工作物新・増・改築鉱物・土石の採掘土地形状
  • 変更などをするときには届け出が必要です。

 

 

 上記の行為に違反無許可の場合には罰せられることもありますので、特に建築土木工事土地を買われ

 る場合には十分注意して下さい。

 

 

 

 “丈島の土地取引に付いて島外からの違法業者が目立ちます。

 不動産業者以外の買地広告(看板)にお気をつけて、被害者続出です。

 I堝飴唆伴圓蓮ゞ伴毀勝都知事免許又は、建設大臣免許番号、を明記します、

  測量登録免許等は関係ありません、それらは不法業者です。

 づ效蓮▲轡蹈▲蝓▲螢曄璽燹⇒殖、投資、金融、ネズミ講、等はかつてより悪質業者が入りやすく

  被害が目立つ分野です、従って まっとうな生業を営む者に取っては 迷惑この上ない事で御座い       ます。

 

八丈島自然土地の利用 (農業酪農林業、漁業他の地場産業八丈島の土地風土

果たしてき役割を含む) のされ方、又そのあり方、望ましい自然を生かす為の、土地利用

土地開発を考えると共に、最近の土地建物売買物件(八丈島不動産取引情報、その問題点)、

物件案内、等 より良い多くの情報を、早く多くお客様へ提供したいと思います。

 

アカコッコ

八丈島の気候はご存知のモンスーン気候で 雨量 湿気は国内での有数だ、土質八丈富士系

溶岩 三原系火山灰だ。

山灰粘土質八丈富士系溶岩砂礫系に比べると 当然保水力が強く水量は多く かつて

から三原は水田も多く過去に於いて 量はともかく 米の生産地だった。

水量の多い地帯に位置する八丈島、更に保水力のある三原山の土質常に水が海に流れ出す

どある島 (島としてはあり得ない環境の良さだ) この恵まれた環境が島民のために貢献したかは

筆舌に尽くせない。

しかしながら 戦後 米の生産よりも観葉植物生産の方が産地として形成されると共に 田んぼ

がフェニックス畑に変わり、観葉先進地として発展をなしてきた。

 

 

八丈島の樹木に付いて

八丈島の植生には特徴がある 本土のように カツラ 柳 ブナ クヌギ ケヤキ クス など はまる

で無く、スダジイ アカメガシワ オオバヤシャブシ  大島ザクラ  タブ  松  グミ  ユズリハ 等

極めて単調だ、数万年かけて八丈島独自の進化を遂げてきた樹木もある。

何故このような植生に至ったのか、過去本土と連なった陸地だった、という それを言い始めれば 殆ど

陸地は元 つながっていた。

大島ザクラなど純白だ この純白は八丈島独自のものらしい。

海に遠く隔てられ 本土から別品種花粉が来ないかららしいが、このような点に注目すれば。世界的

遺伝子争奪戦が行われている最中 貴重独自の植物遺伝子が 手に入る可能性は充分にあり

海(海草)に於いても同じ事が言えるかもしれない。

 

また このような植生八丈島にもたらしてくれているものは何か、又その逆も在り得る、日本の山林樹木

は99パーセントが他から人間の手によってもたらされたもので、オリジナルの樹木は 本とに少ないという事

になる。

 

八丈島の自然(自然保護)6

八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、土地利用

 “丈島の土地取引に付いて島外からの違法業者が目立ちます。

  不動産業者以外の買地広告(看板)にお気をつけて、被害者続出です。

  I堝飴唆伴圓蓮ゞ伴毀勝都知事免許又は、建設大臣免許番号、を明記します、

  測量登録免許等は関係ありません、それらは不法業者です。

 づ效蓮▲轡蹈▲蝓▲螢曄璽燹⇒殖、投資、金融、ネズミ講、等はかつてより悪質業者が入りやすく

  被害が目立つ分野です、従って まっとうな生業を営む者に取っては 迷惑この上ない事で御座います。

 

青ヶ島を除く伊豆諸島自然公園法に基づいた富士箱根伊豆国立公園に指定されており、八丈支庁管内の

八丈島八丈小島総面積92%区域指定されています。 自然公園制度は、自然公園法に基づき、

すぐれた自然の風景地保護するとともに、その利用の増進を図ることを目的として制定されており、このような

自然公園法主旨を生かすために、八丈島を4つの地域に分け保護計画利用計画をつくり自然公園が

管理されて下ります

 

 

甚田が平ら − 海に近いが南西向きで 八丈島で一番日当たりが良いとされる。

 

八丈島自然土地の利用 (農業酪農林業、漁業他の地場産業八丈島の土地風土

果たしてき役割を含む) のされ方、又そのあり方、望ましい自然を生かす為の、土地利用

地開発を考えると共に、最近の土地建物売買物件(八丈島不動産取引情報、その問題点)、物件

案内、等 より良い多くの情報を、早く多くお客様へ提供したいと思います。

 

 

 海岸道路の不要なネット

  愁景美の海岸線を ブルーのネットで囲ってまった?

 

この愚行の要因は 植生を知らない自然と人口美の融合に付いて  認識が無い自然美を楽しむ

感覚に欠ける、色に付いての基本的知識が無い (自然界での色は単独では存在せず、色の組み合

わせ、  溶け込みコントラストとしてあるわけで、その色合わせを間違うと と んでもない むしろ

境公害を引き起こす、自然界でなくとも色のコントラストは非常に大切だ たとえば インテリアに於いて)、

等が上げら れる。

 

このような重要な工事にかかる場合、うぬぼれず 謙虚な態度専門家意見を聞き、またそのような

人達を計画に入れるべきで、既に公共事業は 大量供給から質の時代に入っている。

ここでいえる事は まず、必要かどうか、綺麗な野草の ハマボッス、ハマ菊等が咲き乱れ 他に無い

壮観な美しさだ、工作物が無い方が良く育っていたくらいだ。

工作物の色を考えるだけでも、随分違って 色の自然への溶け込みが得られる、(自然の色 “海、山” 

と同じ色は 神が創り給うた色と人口の色が競合し、違和感があり、ありがたい色の鑑賞を邪魔する)。

溶け合う色というのは 決して 同じ系列の色では無い

 

 

 

 

    八丈島の自然(自然保護)5

八丈島自然と土地利用の融和自然に適した土地の利用コミュニティと自然、土地利用

甚田ヶ平 から三原側を望む

八丈島自然土地の利用 (農業酪農林業、漁業他の地場産業八丈島の土地風土果たしてき役割を含む) のされ方、又そのあり方、望ましい自然を生かす為の、土地利用土地開発を考えると共に、最近の土地建物売買物件(八丈島不動産取引情報、その問題点)、物件案内、等 より良い多くの情報を、早く多くお客様へ提供したいと思います。

 

 

  

危機一発  CCZ計画  (海岸沿い数万坪を削り マリーナ等グリンピア スパザ小田原的リゾート建設)

開発に入る直前だった よくぞ工事を止めた 止めた男は誰か 正に現在のヒーロー

実行されていれば 多額の債務に苦しみ夕張市のように自治体破産を起こしていただろう。 

敵の多い中でその大英断断行した人 それは 前笹本 直江 町長だった。

ただ この実績を評価する人が殆どいないのが 逆に怖い ハタマタどのような悪行計画され実行されるのだろう

当然、現在 このような景色は拝めなかった事になる

 

世の悪とは 本とに何なのか就きとめる必要がある それがひいては 地球環境人類の生命を守るからだ。

 

 

 

“丈島の土地取引に付いて島外からの違法業者が目立ちます。

不動産業者以外の買地広告(看板)にお気をつけて、被害者続出です。

I堝飴唆伴圓蓮ゞ伴毀勝都知事免許又は、建設大臣免許番号、を明記します、

  測量登録免許等は関係ありません、それらは不法業者です。

づ效蓮▲轡蹈▲蝓▲螢曄璽燹⇒殖、投資、金融、ネズミ講、等はかつてより悪質業者が入りやすく

  被害が目立つ分野です、従って まっとうな生業を営む者に取っては 迷惑この上ない事で御座います。

 

 

 

 

 

 

 

八丈島国の伊豆箱根富士国立公園法により国立公園として自然が保護されて下ります。

特別保護地域

 本地域を特徴づけている火山地形代表的景観地(八丈富士の火口部)である。

第一種特別地域

 特別保護地区隣接し若しくは準じた火山山頂部周辺及び海蝕崖や、貴重な植生があり、自然状態  をよく保持せている地区である。

○第二種特別地域

 景観構成要素の一部として保全を図る必要のある山腹及び主要な展望対象地等で比較的自然 状態をよく保持している地区である。

第三種特別地域

 上記以外の地域のうち、全般的な風致の維持を図る必要のある地区農林業を認めながらも乱開発 を防ぐ地区である。

普通地域

 特別保護地域特別地域以外の地域。

 ■ 特別地域では、建築物などの工作物新・増・改築木竹の伐採鉱物・土石の採掘土地    形状の変更、植物等の採取などが、制限されています。

  • 特別保護地域ではさらに制限が厳しくなり、たき火、動物の捕獲、落ち葉の採取なども規制されています。
  • 普通地域では一定規模以上建築物などの工作物新・増・改築鉱物・土石の採掘土地形状の変更などをするときには届け出が必要です。

 

 

 

 

左 の建物  左 鉄筋コンクリート建 中二階  敷地 約1000坪

シロアリの進入を防ぐ為 地下3メートルまで土を全て除去し、

碁盤の目のような地下壁が地下3メールまで張巡らされ、構造はラーメン式、

巨大なコンクリート柱が壁、各角を支え 関東大震災以上(震度8〜9)ま

で耐えられる作りだ。

 

 

 

 

地形をできるだけいじらず、造成も無く そのまま地ならしし

余分なものを敷地に一切配さないように 突き詰めた、建築だ

その為 建築が周りの景観を邪魔しない、むしろ景観が引き

立っているのがご覧頂けると思う 景観を色が邪魔しない、

建物が邪魔しない、建物がある事により景観が一噌引き立つ

こういう感覚は今後欠くべからざる良識となるだろう。

 

 

 

 

 

   左 丸形、

    珍しい形状で 人目を引く 円形は風 揺れに強い、内部も仕切り

    が多く強度は充分。手の込んだ建物だ。

    地形を壊さない 、デザインの、又 色氾濫が無い自然の

    中の良いたたずまいだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ここに太古の画像)

 

 

 “太古の人類” の生活は 勿論自然と一体のものだった、だが 人類が火と道具と使い文化が始まって依頼、快適さを求め自然と

隔絶するようになって来、産業革命以後の数百年間は 自然を敵とし、自然にあらがって来た歴史だった。

昨今になり、温暖化がさけばれ、ようやく歴史の反省と見直しを迫られているわけですが、そもそも 人は草木と同じ自然のもので

 “土から生まれ土へ帰る”  神でも機械でも ましてや宇宙人でもなく、 自然の緑と空気、かわいい動物から安らぎを得、また食物を得ている。

地球自体が自然そのものであることから、人の感覚は自然に回帰し、自然の美を求め、自然美に人工美が加わることにより 更に美しく感じる、

ローマー、ギリシャの古代遺跡、建築、と 自然美は誰でも認めるところのもので、自然と土地建物の一体化こそ、文化人類学で主張されている 

人類の将来像であり、また そうあらねば事実違和感を感じる。自然を大切に、自然との共存こそ 21世紀を生き抜く地球と人類の道なのでしょう。

 

 

 

      究極の建物とは? 

 究極の建物とは何でしょう 色々おっしゃる方もおられるでしょうが メールで色々御意見も頂ければ幸いです

                         「soar」はNPO法人soarが運営するメディアです

   『家 』『建物』 とは?

 ○現代版の「大家族」!介護付きシェアハウス「はっぴーの家ろっけん」で子どもから高齢者までが楽しく暮らす

 

               

  幼い頃、私は近所の老夫婦が暮らす家によく遊びに行きました。おじいちゃんおばあちゃんと楽しく話をしたり、おやつを食べさせてもらったり。

  お孫さんは遠くに住んでいて、 普段は会えなかったからでしょうか。私のことを孫のように可愛がってくれて、一緒に過ごす時間をとても喜んでくれました。

  インターネットやSNSが便利になって、自分が得たい情報や同じ趣向を持つ人には簡単に出会えるようになりました。

   けれど、近所や同じ地域に住む人との関わりや偶然の出会い、自分と  は違う世代・属性の人 と話す機会はどんどん減ってしまっているかもしれません。

 

  そんな中、毎日のように地域の多世代の人が集まり、一緒にごはんを食べたりおしゃべりしたり、家族のように過ごしている場所があります。しかもそこは、

   なんと高齢者の方向けのシェアハウスなんだとか。その場所の名前は、はっぴーの家ろっけん

   地域の人同士の関係性がどんどん希薄になっている現代で、なぜそんな場所が生み出せるのだろう。 ※引用

 

 

     多世代の人が思い思いに過ごす空間「はっぴーの家ろっけん」

  

   お肉屋さんや喫茶店、町の電気屋さんが並ぶ神戸市長田区の六間道(ろっけんみち)商店街。アーケードが無くなってからもなお少し進むと、

   緑色と白色の建物が見えてきます。建物に看板や貼り紙はありません。※引用

 

   一歩足を踏み入れると、そこにはたくさんの人がいて、にぎやかな話し声が響いています。

                     

    

     おしゃべりをするおじいちゃんとおばあちゃん。大声で笑い、叫びながら追いかけっこする子どもたち。赤ちゃんを連れているお母さん。パソコンを開いて仕事をしている人。 ※引用

   

    いろんな年代の人が、それぞれのしたいことをしながら思い思いに過ごし、交流する姿がありました。          

  

   

           まるで、町内会のようにさまざまな年代の人が集っている光景は、この場所の当たり前の日常です。

    「はっぴーの家ろっけん」の原点は大家族での体験

   はっぴーの家ろっけんは、多世代が集える介護付きシェアハウスとして2017年3月に開設しました。「介護付きシェアハウス」という表現をしているのは、

  一般的な高齢者施設とは異なるからです。この建物は主に高齢者に向けた住宅で、いわばマンションのようなもの。そこに住んでいる高齢者1人ひとりに合わせてつくられたプランに沿って、

  介護士や看護師が部屋を訪れてサポートをしているのです。

  6階建ての建物はオープンスペースと居室に分かれています。足を踏み入れるといろんな人が集っていた1階は、入居者だけでなく地域の人など誰もが集まることのできる広いリビング。

   2階から上の階には45部屋もの居室があります。居室には、介護を必要とする高齢者が住んでおり、認知症の方も多くいるそうです。※引用

 

     上記資料は  soar』  はNPO法人が運営するメディアです こちらから引用させて頂いて下ります

 

     

     

     高齢者の身の回りのお世話は、介護士5名、看護師5名でおこなっています。

    はっぴーの家ろっけん(以下ろっけん)の代表を務めるのは、首藤義敬(しゅとうよしひろ)さん。首藤さんは、ろっけんのある長田で生まれ育ちました。

    首藤さんには妻のみゆきさんと2人の子どもがおり、家族4人でろっけんの6階に住んでいます。

 

    いろんな人が暮らし、訪れる少し変わった場所・はっぴーの家ろっけんが生まれた背景には、首藤さんの原体験があります。というのも、幼い頃に首藤さん

   と同居していたおじいさんは、人を家に連れてくることが大好きな人だったのです。※引用

 

    

     首藤さん(施設長):「どんな場所があれば嬉しいのか」、町の人の声を集めるためのワークショップを行いました。「高齢者施設をつくる」とは言わず、

    「場所をつくろうと思っているので何かいいアイデアをください!」と呼びかけたんです。

     ワークショップは何度も開かれ、その参加者はなんと100人以上!たくさんの人から意見を聞くなかで見えてきたのは、

     町の人が「”エンターテイメント”のある場所を求めている」ということでした。

     首藤さん:みんな、やっぱり楽しい場所を求めていました。僕は、福祉関係の資格を持っていません。でも、そこに住む

     おじいちゃんとおばあちゃん、そして地域の人が楽しむことのできる空間づくりならできるぞと思ったんです。 ※引用

 

    

   

     町の人の意見を集めた後は、「エンターテイメントな場所」というコンセプトに沿った設計を進めていきました。そうして、ろっけんは2017年3月に無事オープン!開設までの過程をFacebookページ

    で発信していたことで応援してくれていた人も多く、オープニングイベントにはなんと400人以上が集まりました。

    子どもたちが放課後に立ち寄ったり、赤ちゃんを連れたお母さんが遊びに来たり、イベントをたくさん実施していたりと、ろっけんの1階には毎日多くの人が出入りしています。

    首藤さんが目指していた「町の人から求められる場所」が実現しているのです。

 

     

     

    首藤さん(施設長):これ、みんながばらばらなことしてるでしょ。廃材を使ってろっけんに飾る世界地図をつくってる子どもたちがいたり、ゲームしてる子がいたり、

   卓球してる中学生がいたり。

   僕はろっけんで日常をつくりたいと思っています。日常って、みんなが違う目線を持ちながら、それでも同じ空間にいることかなっていう気がするんです。

   たしかに、ろっけんにはそれぞれの人が思い思いに日常を過ごす光景がありました。  ※引用

                   

     

      それは例えば、おしゃべりをしながら夕食を食べる高齢者がいるそばで、楽しそうに遊んでいる子どもたちがいる光景などです。それぞれが違うことをしていても、

      同じ空間にいるだけでなんだか居心地がいい。そう思える空気がろっけんには流れています。

 

     

          居室フロアも覗いて行きませんか?

      首藤(施設長)さんがそう言ってくれたので、案内してもらうことにしました。

      多様な人が集まることが特徴であるろっけんですが、場所そのものも非常にユニークです。居室フロアへ上がる階段の壁は黒板になっていて、遊びに来た人が自由に書き込むことができます。

   

   

    ろっけんのコンセプトは「ろっけん道から世界旅行を始めよう」。そのコンセプトに添って、1階から6階までが、「港」「昭和の六間道」「アジア」「アメリカ」などのテーマで装飾されています。

    特徴的なのは、居室フロアになっている2?6階には、それぞれの階のテーマに合う壁紙が貼られていること。それだけでなく、テーマに合う家具や雑貨、

    小物たちが飾られて世界観が演出されています。

    たとえば、「昭和の六間道」がテーマの2階は、畳デザインの壁紙が貼られています。※引用

  

   

                   そして、懐かしいポスターや居酒屋のメニュー表なども。レトロな雑貨が昭和の香りを感じさせてくれます。

 

    

    

     これらの雑貨は、入居者の方から「敷金」代わりに貰うのだそうです。また、ろっけんに遊びに来る地域の方が持ち寄ってくれることもあるようで、ちょうど取材中も「ポット持ってきたよ!

     これ、昭和フロアにどうかな?」という会話が聞こえてきました。

     こんな風に「地域の人を巻き込んで場所をつくっていくこと」を、ろっけんは大事にしています。

     昭和フロア以外も個性的です。

 

    

    

                              こちらはアジアンリゾートを意識したフロア。観葉植物も置かれています。

 

                     赤色の壁紙が印象的なのはアメリカフロア。赤色と言っても、渋めで目に優しい色合いになっています。

 

 

     

                 カラフルな壁紙が特徴的なアフリカフロアは、ここにいるだけで元気が出るような、明るい気持ちにさせてくれる雰囲気です。

 

 

 

     

                  廊下だけではありません。ひとつひとつの居室も個性的。なんと、45部屋すべて壁紙のデザインが違うんです!

 

 

    

   

 

 

     首藤さん:入居希望の方がろっけんに内覧に来た際は、1部屋ずつ回って好みのデザインの部屋を見つけてもらいます。だから、内覧にはめちゃくちゃ時間が掛かるんですよ(笑)。

    

     ろっけんには認知症の方も多く住んでいます。通常の高齢者施設では、部屋のデザインは同じ。だから、間違って他の人の部屋に入ってしまう方もいます。

     けれど、うちでは扉を開けた瞬間に自分の部屋かそうじゃないかがわかるので、そういったことも起こらないんですよ。

 

 

   

 

        少し見せてもらっただけでも、「私だったらこの部屋がいい!」とワクワクした気持ちになってしまいました。このように自分の好みの部屋を見つけられるなら、

        入居する方も”施設に入れられる”というネガティブな感覚ではなく、自分で自分の暮らしを選ぶ感覚が持てるはずです。

 

 

   

     リビングでおしゃべりするも自由、お気に入りの部屋で一人の時間を過ごすも自由。ろっけんの入居者の方は、自分の体調や気分に応じて心地よい過ごし方を選んでいます。

     こちらのおばあちゃんは、もともと病院に入院していてこの7月からろっけんに来ました。きっかけは、姪っ子がろっけんのことを知っていて「ここに住んだらどう?」

     と勧めてくれたこと。自分好みのヒョウ柄の壁紙の部屋に大好きなキティちゃんグッズをたくさん並べていました。

 

    

     おばあちゃん:はじめてろっけんに来て、この部屋に入ったとき、すごく嬉しかったんです。私がヒョウ柄好きなことを知っていて、姪っ子が選んでくれた部屋なんですけど、とても気に入ってね。

     普段は、1階でおしゃべりをしたり、自分の部屋で国語辞典を引いて言葉の勉強をしたり、英会話の勉強をしながら過ご していますよ。ずっとここで暮らせたらいいなって思うくらい、居心地がいいんです。※引用

 

    

                               きのしたさんは、卓球のコーチを20年以上していた卓球名人です。

       きのしたさん:今は体調を整えているけれど、もう少し元気になったらここに来る子どもたちと一緒に卓球がしたいです。

       昔はピアノやコーラスもしていたんですよ。みんなで音楽をするのも楽しいかもしれませんね。私は、

      小さい子どもが大好きなので、部屋でいるよりは1階でおしゃべりしたり、子どもたちの様子を見ていたいです。

      ろっけんに入居している高齢者1人ひとりが、自分にとって心地よい生活を選んで毎日を過ごしていました。

 

       

        ろっけんに住んでいる高齢者の中には、持病を抱えている方も多くいます。それぞれの病気の特徴を理解することは、介護を行う上で大事なこと。

        しかし、ろっけんでは病気を理由に規制や抑制を行うことはしません。むしろ、その人の病気の症状や特徴を個性と捉えて、活かせる機会を積極的につくっています。

        

                           この方は、ろっけんで一番の名物おばあちゃん、星ばあです。

       星ばあは手先がとても器用で、いつも頼まれた仕事に黙々と取り組んでいるそう。その日も、子どもたちがにぎやかに走り回る中、自分のペースでチラシを挟み込む作業に取り組んでいました。

       首藤さん:星ばあは、若い頃に大きな工場で働いていました。だから、いろんな人の話し声や子どもが泣き叫び走り回っているざわざわした空間の中での方が、作業に集中できるんですよ。

 

      なんと星ばあには、様々な人からの仕事の依頼が絶えません。働くお母さんの代わりに子どもの保育園の持ち物に名前を書いたり、地域のお祭りで子どもたちが着るための衣裳をつくったりと大忙しです。

      なんと「星ばあに会いたい!」とろっけんを訪れる人も多いんだとか!ろっけんで販売している、星ばあ手づくりの新聞紙でつくったゴミ入れも人気です。

 

     星ばあは、認知症で感情の起伏があるため、さっきまでご機嫌だったのに急に怒り出すようなこともあります。

     けれど、普段から接している子どもたちが様子をよく見ていて、ろっけんに初めて来た人がいたら「星ばあ、今はご機嫌ななめだから話しかけるのは後にした方がいいよ」

     などとアドバイスしてあげるのだそうです。

 

        

        

       たくさんの人が集う場所だという特性を活かして、症状に苦しむおばあちゃんが少しでも楽になれるような声掛けをしてあげるのだと聞いて、思わず「なるほど」と頷いてしまいました。

       以前ろっけんは、六間道商店街で「10分間人生相談付きの駄菓子屋」を出したこともあります。このとき人生相談に乗ったのは、10分間で物事を忘れてしまう認知症のおばあちゃんでした。

 

       ろっけんには、認知症の人や目が見えない人などいろんな症状を抱えた高齢者がいます。けれど、ろっけんにやって来る大人や子どもに、「あの人はこんな病気を持っているんだよ」「こういった性格だよ」ということを、

       積極的には伝えてはいません。

       首藤さん(施設長):こちらから伝えなくても、コミュニケーションをとっていく中で自然と相手の特徴をわかっていってくれます。

       僕たちより、子どもたちの方が高齢者が考えていることやそのときの気分を汲み取って接していることも多いんですよ。

       最初に、その人の特性や症状を聞いてしまうと偏見を持ってしまうかもしれません。

       まずはまっさらな心で相手に接してもらって、相手のことを少しずつ知っていてほしいという思いを首藤さんは持っています。

 

       

                     朝から夜まで訪問者が途切れない、みんなが寄りたくなる場所

       

    訪れる人たちは、ろっけんでどのように時間を過ごすのでしょうか。

    こちらの小賀真紀さんは、長田から少し離れた地区から来ていました。 

      普段は、赤ちゃん先生として高齢者施設や学校を周り、赤ちゃんと触れ合う機会を提供したり、いのちについての授業を行ったりしている小賀さん。

      ろっけんのことは、行きつけのカフェで聞いて知り、初めて訪れたときはびっくりしたといいます。

 

       

        小賀さん:高齢者施設だと思って来てみたら、子どもたちがたくさんいて驚きました。普通の高齢者施設だと、入居している方のご家族しか入れないイメージがあったので、

        いい意味でイメージを裏切られて。私も子どもも、ここに来るといろんな年代の人と出会うことができてとても楽しいです。

 

      この日も、小賀さんが車を移動するために外に出ている間、入居しているおじいちゃんが小賀さんのお子さんを抱っこして見守ってあげている光景がありました。

      他にも、中学生がリビングにある卓球台で真剣勝負をする様子を見かけました。実は、卓球台も地域の方からの贈り物です。

    きっかけは、ろっけんによく遊びに来ていた小学生が、「入りたかった卓球部が進学する中学校に無い」と話しているのを首藤さんが聞いたこと。

   「それなら放課後うちに来て卓球をしたらいいやん!」と提案し、Facebookページでこのエピソードをつぶやいたところ、卓球台を持っていた町の人が譲ってくれました。

       

      

        訪れる人みんなにとって喜んでもらえる空間づくりが高齢者のためにもなる

       

       1階で、おしゃべりしたり、子どもたちの面倒を見ている人の中には職員も混じっています。高齢者だけでなく訪れる人たちとも気さくに

       コミュニケーションを取っているので、誰が職員なのかわからないく  らいです。

       介護福祉士の雇用に苦労する高齢者施設も多くある中で、ろっけんは採用広告費を使ったことがありません。職員の多くは、

       首藤さんがイベントで出会った人やろっけんに遊びに来てくれた人です。※引用

       

        首藤さん:いろんな人が集まるろっけんで働くには、人と関わることや人が好きってことが大前提になります。イベントに参加したり、

        ろっけんに来てくれたりする時点で人と交流することが好きってことじゃないですか。だから、一次面接クリアになるんです

         

         夕方ごろ、食事の用意に取り掛かっていたのは介護福祉士の横内さん。

         イベントで首藤さんと出会ってろっけんの話を聞いたことをきっかけに、別の介護施設から転職してきました。※引用

          

          

          村松さん:ワークショップでろっけんの構想を聞いたときから、ここで働くことができればいいなと思いました。

          福祉関係の資格を持っていなかったけれど、働きたい意思を伝えると採用してもらえたんです。

          けれど、資格が無いとできる仕事が限られてしまうので、もっとできることの幅を広げたいと、ここで働き始めてから資格を取得して今は介護士として働いています。

 

          村松さんは、お子さんを連れて出勤する日もあります。村松さんが働いている間、お子さんはろっけんに遊びに来た地域の子どもたちと楽しく遊んでいるそうです。

          首藤さん(施設長):ろっけんの職員定例ミーティングでは、「最近あの子どもがよく遊びに来てくれてるね」「お手伝いもよくしてくれるんだよ」

          などと地域の子どもたちについての情報交換もします。これってきっと他の介護施設ではないことですよね。※引用

          

           高齢者だけでなく、来てくれた人みんなにとって居心地の良い空間づくりを目指すこと。それが、結果的に高齢者にとっても

         快適な空間になると、ろっけんで働く人たちは信じています。

         

          

           首藤さん(施設長):ろっけんができたことによって、地域に新しい人が集まってきました。それに、子どもたちが安心して行ける場所が増えて、

           お父さんやお母さんからは子育てしやすくなったと言ってもらえることもあります。

           おじいちゃんやおばあちゃんも、ひとりで過ごすのではなくいろんな人と交流しながら暮らせるようになってきましたからね。

           長田の町に、少しずつ変化が起こりはじめて、町全体が元気になっているように感じます。※引用

 

 

           

                    「誰かの目やフォローがあることで、力を抜いて子育てができる」

                暮らす人、訪れる人、そこで働く人みんなが家族のようなろっけん。そんな空間の中で子育てをすることは、多くの見守りの目に囲まれているということでもあります。

                みゆきさん(施設長の奥さん):結婚してからしばらく、夫や子どもを含めた14人の大家族で暮らしていて、居心地がとてもよかったんです。

           熱を出したときは誰かが代わりに子どもを見てくれるし、ごはんは毎日つくらなくてもいいし、ゴミ捨ても日替わり。 こんなに楽でいいの?と思いました(笑)。※引用

          

           それから一度、少人数で暮らしたものの、支えてくれる人の数が減ると、家事や育児はみゆきさんにとって大きな負担となりました。

           そして何より、みんなで暮らせないことが寂しかったのだといいます。※引用

 

           みゆきさん:子どもたちも、大家族じゃなくなった途端に元気が無くなっていったんです。「なんでみんなで住まないの?寂しい」って泣いてたこともあります。

           だから今、ここで生活できて子どもも私たち夫婦もうれしいんです。

 

           みゆきさん:私が子どもに対して怒ってしまったときに、おじいちゃんが私には「ママ頑張ってるな」って声を掛けてくれて、子どもには「ママを大事にしたりや」って言ってくれたこともあるんです。

           1人で子どもを見ていたら、声を荒げて怒ってしまうかもしれない。けれど、誰かの目やフォローがあることで、少し力を抜いて子育てができているような気がします。

          

            

              高齢者が子育てをする親をサポートし子どもを見守る一方で、子どもたちは、元気が無い様子の高齢者を見つけると、

              駆け寄って笑顔で話しかけるのだとか。多くの見守る目があることで、誰かが誰かのSOSを拾い、そっと寄り添ってあげることができるのかもしれません。

 

 

 

                           多世代が交流しながら生活する光景をもう一度つくっていきたい

                高齢者施設に入ると、介護を受け、支えられる立場になるおじいちゃんやおばあちゃん。

             お世話やサポートをしてもらうことで楽になれることは多いけれど、自分の手でできることが減ってしまうことに少し寂しさを覚えることがあるかもしれません。

             けれど、ろっけんでは子育てに奮闘するお父さんやお母さんをサポートしたり、子どもをあやしたりと、おじいちゃんやおばあちゃんが大活躍。

            「支える側」に回る姿をたくさん目にしました   ※引用

 

          

 

              首藤さん(施設長):一般的な介護のイメージは、食事・着替え・入浴・排泄の介助などかもしれません。だけど、それはほんの一部です。

           本来の介護は、お年寄りにとっての残りの暮らしをいいものにしてあげて、「いい人生だった」って振り返ってもらうためのお手伝いだと思うんです。  

           支える側に回るのは、普段大人に面倒を見てもらうことの多い子どもだって同じ。無邪気な笑顔を浮かべて話しかけてくれる子どもたちは、

           高齢者の何よりの癒しであり理解者に見えました。

 

                   首藤さん(施設長):ろっけんでやっていることは、新しいことじゃない。

                   むしろ、昔はこれが地域においての普通の光景でした。

                   いつのまにか、高齢者は高齢者、子どもは子どもと分かれてしまったけれど、

                   やっぱりいろんな人をごちゃ混ぜにした方が楽しいんだよってことを、

                   伝えていければいいなと思います。※引用

 

           

           支える側と支えられる側が、日常のなかで自然に入れ替わっていくこと。「お互い様でしょう」と言って、ときには相手を頼り、ときには相手を包み込んであげること。

           ろっけんには、年代・立場にかかわらず、そこにいる人が無条件に「支え合える」環境がありました。そして、その支え合いのなかで、関わるひとみんながよりよく

           生きることを実現しているように思えたのです。※引用