ターンX製作記

   

これも随分前の作品になりますが・・・
制作期間がかな〜〜〜〜り長引いたので(汗)完成時期がMGターンA発売の少し後になりましたが、
実際何かに合わせて作ろうと思ったわけではなく、単純に「好きだった」というだけです;^^


旧キットにしてはプロポーションや
個々のパーツ形状はかなり良いですね♪

   
関節がポリキャップむき出しだったり、
細部のディテが甘いのは仕方のない
所ですが・・・


  
「これなら装甲いじらずにメカ部分を
アップデートするだけでカッコよくなるんちゃう?」
   
って思ったのも動機の1つだったり;^^
(結局全体をいじっちゃいましたが)

   

 
ターンXの目はキットではただの
スリットですが、劇中ではターンAと
よく似たツインアイが光っています。
   
キットのフェイス部をごっそり削り取って
HG∞ジャスティスの顔を移植。
中央のフェイスカバーはプラ板です。
   
太すぎるアンテナもプラ板で作り直し、
裏に真鍮線を貼って簡単なディテ?
と補強を兼ねています。

目が光った一瞬に見える
目の下や頬のディティールも
プラ板でそれっぽく(?)

  

   

 
首周りはほとんど見えない所ですが、
金属パーツをいろいろ貼り付けて
ハイディティールにしています。
   
ツルッとした円柱状のボディも
プラ板でディテUP。


肩基部の半球状パーツは一体成形に
なっていたので切り離して回転可能に。
この時軸を斜めにしたので、回転によって
「肩を入れた」ポーズが取れます。

   


























胸部装甲は「X」字型の切れ目で切断し、
間の装甲をプラ板で作り直し。

中のメカ部は柔らかいエポパテに
外装パーツをムニュッと当てて位置を決め、
硬化後外して成形。
   
腹部は市販の大バーニアとAFVのホイール?
パーツ、それにナニワネジの「社章ナット」で構成。

  


腕のメカ部分はMGクロスボーンの肩球体、
太ももフレーム、HGゲルググJのヒジ等から。
   
首周りもそうですが、往年のSF映画のプロップ
のようないい意味での「ゴチャ混ぜ感」を出したくて
いつも以上に多種の流用パーツを節操なく(爆)
使っています;^^
   
左前腕の内部をくり抜いてプラ板で複雑な構造を表現。
ターンXは「Iフィールドビーム駆動」とやらで動くので
内部にはメカがぎっちり詰まっている必要はないそうです。
   
ハンドパーツは「HGドムトルーパー用」(セールで300円!)

   

一体構造だった右腕はこんな風にエッチングノコで切り分けて・・・
下側の分割は、製作当時資料が乏しかったので頭を悩ませることに・・・(;_ _)

 

キットパーツはボツにして、新造のベースには
HGグフのヒザを選択。
合わせ目が丁度真ん中にあるので、瞬着で仮止め
した状態で丸みを帯びた形状に成形してから再分割。

   

  

 ・・・で、いろいろあってこうなりました(爆)
プラ材と真鍮線で展開ギミックを造り、「関節技ヘキサパイプ」で伸縮。
砲口はアルミパイプを取り付けて、HGパラスのビーム刃を付けられるようにしました。

  

この腕が・・・

こうなります!

こうもなります!!

 



ここでまた少し前の画像に戻りますが、
股関節はキットのボールジョイントを
排して回転式に。
 
  
その代わり太もも上部に「関節技ボール
ジョイント」を設置しています。

   


ターンAとのつながりを感じさせる
スラスターベーンはプラ板の積層で
それっぽく。
 
  
ヒザ関節はこの時点ではHGブルー
ディスティニーのヒジですが、保持力
不足でボツになりましたT T
   
最終的には、MGクロスボーンの
ヒジフレームに交換しています。

  



背中のウェポンプラットフォーム途中状態。

まだパーツが入っていない箇所が多いですが
大体どこをいじったか見当はつくかと思います;^^

   


裏側の色分け部分を開口して、
マジックスカルプで型を取り外して成形。

   



   
ビームライフルはグリップ、
銃口などを流用パーツ・プラ板
などで置き換え、各部をディテUP。

   
独特な形のバズーカは、
人為的な改修というより
ナノマシンによる修復・強化
みたいなイメージでディテUP。


3連ハンドランチャー?は
コトブキヤの武器パーツとプラ板、
ナニワネジの「トランスハトメ」等で製作。




はっきり言って重いです・・・;^^

   

これが工作終了時の状態・・・というわけではなくて、この後も脚部を中心にかなり
いじっているんですが、当時は写真をとる暇もありませんでした・・・
申し訳ありません(;_ _)

   
完成作品はこちら     旧ページ→