ティエレン制作記


何度も言っていますが、素組みでも
十分カッコいいキットですね〜

飛んだり跳ねたりしない量産機、
っていうところが燃えます^^


今回改修したのは、個人的にこっちの
方が好みかな〜というポイントなので、
余り参考にはならないかも?

     


いきなりですが;^^
工作がほぼ終わった状態です。

一番大きな違いは太ももの形状ですね。
元の形状もいいですが、西洋甲冑のような
優美な曲線はどうも量産機っぽくない
気がしたので、エポパテを盛ってより
シンプルな曲面になるよう削り込みました。

      

  
額の突起のように、合わせ目の処理などで
ディティールや形状が歪みそうな時は、
いさぎよく削り落として市販パーツに置き換えるのも手です。

両肩のライト部は大きく穴を開けてコトブキヤ「ダクトノズル」を
はめ込み、周囲を瞬着・アルテコで埋めます。

左脇の機銃はツブシ玉と真鍮パイプ。

    


肩シールドのポリキャップを、「関節技」のランナーと
モビルパイプで作ったパーツに置き換えています。
ランナー部分が適度な保持力を保ち、外側のモビル
パイプは当然プラ製なので、プラ板を貼り付けたり
スジ彫りをするのが容易です。
この後、細切りのプラ板を貼り付けてギア風の
ディティールにしました。

手首のポリキャップ周りの円筒部も、削り落として
市販の丸モールドに穴を開けたものに変更。
スカスカが目立つアーマー裏はエポパテで埋めています。

       

 
特に隙間が目立つ腰ブロックのサイドは
エポパテで埋めてラインも少し変更。

股関節フレーム、ヒザ関節フレームのパーツは
それぞれ画像のように後ハメ加工しました。

太もも基部の円筒状パーツは、補強のため
薄手のプラ板を巻き、ナニワネジの
金属リングを貼り付け。

    


一体成形のリアアーマーを
真ん中で切断して左右が
独立可動するように。

裏はプラ板、市販パーツで
ディティールを。

      

 
フクラハギのラインも、
複雑な曲面を削って
シンプルなラインに。

足の甲を後方に延長し、
同時に上面を削って平べったく
見えるようにしました。

ソール部の5本のツメ?は
下にプラ板を貼って隙間を
アルテコで埋め、地面に
ぴったり付くようにしています。

     

 
かかとのカンジキのような板状パーツは
市販のABSジョイントを使って可動式に。

      

      
左足の大型シールドは、
HGザクスナイパーの右足の
ジャッキを上下逆にして
基部に流用しました。































座り射撃時にはシールドの位置を
1cm以上上げることができ、
銃身を水平に近く構えられます。

ヒザ裏のディティールは市販パーツをプラ板で囲ったものを貼り付け。


太ももと基部の接続部のポリキャップの軸を、横向きから縦に変更。
わずかながら、太ももをロールさせて無理のない「ハの字立ち」ができるようにしています。

      
      



      この他の改修箇所は、完成画像などから推測していただけるとありがたいです

      完成作品はこちら→