ストライクフリーダム制作記

   


頭の中に大きなポリキャップがあるのを
邪魔に感じたので、関節技BJに変更。
簡易の内部フレームにヘルメットを
かぶせる構造にしています。

額のカメラカバーは切り離したのですが、
不慮の事故で(汗)紛失してしまったので、
MGフリーダムのものを加工して使用。

    

   

  
ストレートとの比較。
目の周囲をプラ板で引き締め、
アゴ、頬の下を少し削って小顔に。
アンテナも少し短く。

額のメインカメラはICソケットと
余っていたディテUPパーツ二種。
    
バルカン砲は基部がツブシ玉、
銃身が0.9mm真鍮パイプ。


アンテナ裏も細切りプラ板とプラ棒で
軽くディテを。
後部のICソケットはもう少し奥に
押し込んで、塩ビ板の裏に
カラーフィルムを貼ったものでふたをします。
    
バルカン下に排莢口?を設置。
L字型に切ったプラ板を二つ貼り合せて製作。
    
個人的には、棒状のプラ板4本で作るより
手早くイイ感じに出来ました^

  



   

  
人間でいえば鎖骨部分のダクトを
プラ板でよりシャープに。
内部フィンはプラ板積層。


胸部上面はディテを増やすと同時に
より直線的なラインに。

コックピットハッチの上を削り、
赤いパーツの中央を切って
「アヒルの顔」っぽさの軽減を図っています。




胸部メイン?ダクト内部をスリットプラ板に。
     
腹部を約5mm延長。
腰との接続を「関節技BJ」に。
後ろにのけぞらないようにストッパーを
付けていますが、ウイングの重量を考えると
余りお勧めは出来ません;^^

腹部ビーム砲は市販パーツの3重構造。
キットよりやや奥に引っ込んでいます。

 

  



肩アーマー上部を形状変更して、
少しですがスライド展開できるように。
内部に角型のアクリルビーズを。

肩軸との接続部はフリーダムベース。
アーマーの位置は少し高くなっています。


キットの太い腕がどうにも気になったので、
MGフリーダムのものを基本に製作。
上腕付け根を幅増し、前腕外装の位置を少し
下にずらして計数mm延長。

手首は手芸店で買った「ドウダマ」3mm
などで延長。
手はMGウイング用。

シールド発生器はジャンク、プラ板、
エポパテで一回り大型化&形状変更。

中央部に「ジュエルストーン」。

   

   

   

BJ基部のチラッと見えるところにナニワネジで購入した金属リングを。フンドシ部上の赤いパーツもスライド開閉します。
黒いパーツの一部を開口して金フレームっぽい(?)パーツを。
分かりにくいですが、フロントアーマーの位置、フンドシ部前面の角度も見直しています。
脚の基部をPCから「関節技ヘキサパイプ」に変更。



シンプルなレール砲はちょっと派手目にアレンジ。
砲身の下を切断した他、実はアールがついていた
側面を削って平面に。

後部のフィンを積層で。
ビームサーベルホルダーは市販の丸モールドを
削ったものがベース。
情報量アップと腰側面の膨らみすぎた感じの
解消を狙っています。

 

     
太もも上部のフレームを延長。
ふくらんだ印象の太ももは面構成も
シンプルに、スリムになるように削り込み。

各部のスラスター・ダクトを市販や
自作のパーツに変更。




スネ前面の下側を一度切り離して
プラ板、瞬着+アルテコパウダーで
ライン変更→ずらして接着。

アンクルアーマー前面を2mmほど短く幅ツメ。
足首BJを後方にずらして、足首全体がやや
前に出るように。

足の甲の白いパーツを延長。
その後ろの青いパーツを切断後、
削り込んで後方にセット。

ソール部も後方に延長。
つま先をプラ板でシャープに。

     

  


重心が後ろに傾きすぎるのを防ぐため、
バックパックの本体と接する面を
大きく削りこみ、内部フレームを切断して
上向きになるよう角度を変えて再接着。

比較画像がなくて申し訳ありませんが、
キット素組みではウイングの軸位置が
ほぼ肩の関節軸と同じ高さ(ピンクの線)
にありました。

図のように位置を上げたことで、正面から
見た時バックパックの上面がチラリと見え
情報量と密度間が増しています。

ICソケットやキットの腕フレームの一部
(使わなかったもの)で、露出した
メカフレームっぽい?ものを追加。

     

     

 

前側のウイング基部。キットの連動ギミックはオミットして羽を個別に展開するように。結果、後ハメが可能になりました^^
一部の形状をシャープに。先端部の金フレームをプラ板自作のものに置き換え。

こちらは後ろ側。ご覧の通り、基部がかなり小さくなっています。その理由は・・・(今更?)

   

  

後ろのウイング基部は、本来とは逆向きに取り付けています
(ギミックが使えなくなったのもこのため)。
通常時は前後のウイングがわずかにずれて、
面白いシルエットになったかと^^


ハイマット時は上に大きく広がってウイングが展開します。
キットでは基部の先端同士がぶつかりそうで気になった
のですが、これならそんな心配はありません^^

  

    

 

ドラグーンはキットの各部をごっそり削って
小さく、軽量に。

ビーム砲部分は半開放型としました。

ゴチャメカは最初複製するつもりだったのですが
軽量化を最優先してオールプラ板製にしました。

材料の一つ一つは単純な形状のプラ材とはいえ、
同じ作業を8回繰り返すのは精神的に
かなりキました・・・orz

    



先端部のメカは表がスリットプラ板でスラスター風、
裏はこのようにビーム加速帯っぽい?(しつこい)感じに。


ヴォワチュール・リュミエール(長い・・・)の原理の応用で
ウイングに装備した状態では補助スラスターとして、
分離するとビーム兵器として使える、
みたいなオラ設定を考えてみたり;^^

   

 


ライフルは左右非対称に。
右は遠距離用、左は近距離速射用のイメージ。


右の砲口を上側に、左のブルーのラインを
下側に変更するなどして、合体させたときの
なんというか「ずれた感じ」を解消しようと試みています。
     
一つの大型ライフルっぽくなりましたかね〜

    

 ノーマルとの比較。腕以外のパーツのボリュームはそれほど変更していないですが、スリムな印象にはなったかと^^

    


        完成作品はこちら→