キュベレイ(Q様!)製作記

・・・といっても、製作を始めたのはかなり前ですからね〜記憶がかなり曖昧で;^^
当時の心境などはブログを見たほうが早いかも(爆)
   
キュベレイはガンプラ復帰の時から、いつかは作りたいと思っていた機体でした。
非常に特異な形状、体型でありながら「最も美しい」とも形容されるMS・・・

このMG素組み(手首だけはザク2.0を充ててますが)を見る限りは、ちょ〜〜っと
「美しい」からは距離があるかな、と・・・;^^

  

特に正面からだと、若干コミカルな雰囲気すら感じてしまいます(爆)
というわけで、まずは自分好みのプロポーションを最も重視して、
その上で各部にアレンジを入れていく方向で製作することにしました。
ディティールや塗装では既に超・超絶な改造作例やガレキが数多く出ていることもあり・・・(汗)

  


これはモデサミにエントリー(試練の2次!)
した直後ぐらいの状態だったかな?

   
この時点でやっていた工作の大部分は後で
ボツにしてしまいましたが(汗)
   
基本的な方向性は見えていたと思います;^^

   


で、これがもうちょっと進めた状態。

今でもこの画像を見ると、あの時の
修羅場を思い出します(汗)

この状態はいわばベースが出来た段階で
ここから様々なディティール系のパーツを
加えていくので、あえて超スリムなバランス
にしています。

   


頭部本体(頭蓋骨?)は、顔がうつむき
加減になるようにトサカに対する角度を
きつくして接着(分かりにくい?)
横から見るとより「くの字」に曲がっている
ってことです;^^
   
裏側には同じ形ではなく、変化をつけた
形の「しいたけディテ」を。
うねるようなイメージで。
   



首の後ろには、電話回線用のモジュラー
ケーブルにコの字型プラ板で作った
パーツを貼り付けて背骨風に。
   

これがあると一気にMHっぽさが増す(?)
あご下から伸びるパイプはスプリング+
カシメ玉。
胸部の中にズルッと入り込んでいるので、
ある程度動きに追従して引き出せます^^
   
基部の半球は「UCハードグラフ」の連邦兵
ヘルメットを加工。

   

胸部は↑↑の途中段階でもあちこち幅詰めしていたんですが、まだボリューム過多だったので更にスリム化・・・というより、
中央部分はほとんどキットが残っていないという事態に;^^
首はプラ板箱組みに積層フィン、基部はHGギラ・ドーガのヒジ関節。
胸部中央の三角部はハセガワのYF-21のパーツを2枚重ね。腹部のベースはHGサザビーです。

   


もうちっと進むとこうなります;^^

首側面や腹部前面には、1/72メサイアの
パーツを多用しています。
モールドの細かさと曲面のラインが結構
イメージに近くて助かりました^^
   
腰との接続軸にはMGザクF2の肩フレームを。

腹部側面のリング状パーツも確かF2の
足ミサイル?のヤツです。

   

肩は特に色々なパーツの組み合わせで出来ているので、分かりやすいように線で示してみました;^^
前後と側面、上の合計8個のアーマー?は全て可動します。

  

  
腕周りの構造はこの段階の方が
分かりやすいかも?
胸部側から、
   
・HGリックドムUの肩球体 
・同じくリックドムUの上腕 
・1/100アストレアの太もも基部
・HGヅダのスネ
   
を使っています。

前腕はキュベのままですが、
外装の手首側のラインや各部の
エッジなどは結構変わっています。

 



ヒジ下のフレア部は、キットのモールドに沿って
切れ込みを入れ、プラ板をはめ込み→成形。  
埋め込みの角度やヒダヒダのラインの
つながり等が難しくて、何度かやり直しました;^^
 


  
指先はザク2.0のものを延長していますが、
強度確保のため上半分だけ削ってプラ材を
貼り付けシアノンで補強。
 



  
ビームサーベルは手の平のダボに接続できるように、
グリップ部分にMG・F91のサーベルを移植しました。

   


腰ブロックは中心部を除いてほとんどカットして
胸部に合わせて小型化しています。
   

左右のスカートアーマーは、ゲルググ2.0を
ベースにプラ板積層の組み合わせで製作。
   
太もも基部の球体はMGクロスボーンのものですが
股間幅の確保と補強のため、金属のリングパーツを
股間ブロック側に接着しました。

   


脚は意外にも?キットをそのまま
使った箇所が多いです^^
   

足首はMGユニコーンの機構に
キュベのソールをかぶせて構成。

かかと横の「擬似ヒール」もユニコーンの
アンクルアーマーを加工^^

フレア内側のスラスターユニットは
YF-21のスラスターフィンをストフリの
フレーム等ででっち上げたゴチャメカに
取り付けました;^^

   

一番↑の画像と比べてみると、ヒザアーマーの後方をかなり削っているのがお分かりかと思います。
足の甲の上に浮かんでいるアーマーはMGネモのスネがベース。

完成するとあまり見られない箇所にディテが集中してます;^^
でもこういう所で手を抜くと精密感が一気に失われますからね〜(;_ _)

  

ファンネル先端のピンはHGサザビーにでも使おうと思ってキープしていたんですが、サザビーの方が放置に
なったため(汗)こちらに転用。砲口部にはちゃんと穴が開いています。
オラ武器は漠然としたイメージはあったんですが、パーツ探しから製作まで一日で(私にしては)速攻で作りました。


   


画像が残っているのはこれぐらいでしょうか・・・
肩のバインダー製作は最後の方の作業で写真を撮る余裕がなかったので、そちらは

 キュベレイ完成画像 の方でご確認いただけると幸いです;^^