パスポートの更新


フランス滞在中にパスポートの有効期間が切れてしまう場合、日本にいる時と同様に期限切れから1年前より更新手続きができます。手続きは日本大使館または領事館で行います。窓口には日本人がいるので何の心配も要りません。

必要な書類は以下の通り。これらを揃えて窓口に行きます。

古いパスポート
戸籍謄本または抄本(発行から6ヶ月以内のもの)
写真2枚

そこでパスポート申請用の書類を記入してあわせて提出します。申請用の書類は日本でパスポートを取得した時とほぼ同じ書式です。
これで申請はおわり。発行されるまで1週間かかります。
ここで注意しなければならないのは、申請の時に提出するパスポートはあたらしいパスポートが発行されるまで手を離れます。この間パスポートが手元にないことになります。同様にパスポートに貼付されたステッカー式の滞在許可書(carte de sejour)もいっしょに無くなります。この期間にパスポートの提示を求められたりすると大変です。念のためあらかじめコピーをとっておきましょう。パスポートの提示が必要なその他の手続きなどはあらかじめ済ませておくか後回しにしましょう。そしてなによりも身分証明を求められる不審な行動は慎みましょう。

1週間後もう1度大使館窓口に出向き新しいパスポートを受け取ります。パスポートの引き換え証などは一切ありません。受け取りに身分証明を求められるかもしれませんが、パスポートはありません。もう一つなにか身分証明を出きるものたとえば運転免許証などを考えておきましょう。費用は受け取りのときに支払います。費用は10年用682F、5年用455F。おつりのないようにお願いします。小切手もOKです。

もどる