パンパース


パンパースはP&Gの紙オムツの商標であるが、半ば紙オムツの代名詞となっている。ゼロックスやポラロイドのようなものである。メーカーは本当にたくさんあり、P&G、クリネックス、その他大きなスーパーでは自社ブランドのものもある。しかし品質の面ではP&Gが一番である。他社製品の欠点は、肌触りが悪かったり、フィット感がよくなかったり、腰まわりのフレキシビリティーに欠けていたり、外装がビニールであったりというところがあげられる。
パンパースには通常タイプのほかにプレミアムという少々高価ではあるが肌触りが格段によいものがある。

一方、おしりふきウエットティシュー事情はというとP&Gが断然不利である。パンパース尻拭いは生地そのものに不満はないのであるが、ウエットの成分の香りが強烈なのと泡立ちが見られる。見た目でかなり体に悪い有害物質という印象があるのがいかにもP&Gらしい。断然おすすめといえばNivea製である。Niveaおしりふきにはローションタイプと乳液タイプがあるが、ローションタイプは良好である。日本製のおしりふきも試したことがあるが、フランスのものは比較的生地が厚くしっかりしている。

価格表
 
サイズ 体重 入数 価格
1 2-5 kg 28 29.90F
2 3-6 kg 45 67.25F
3 4-9 kg 38 67.25F
4 7-18 kg 34 67.25F
4+
5 11-25 kg 30 67.25F

もどる