おなかくだり


赤ちゃんは何かの拍子におなかをこわしてしまうことがある。哺乳ビンには細心の注意が払われ念入りに殺菌されるのであるが、ここが何かの細菌の感染源となって下痢してしまうかもしれない。あるいはただの寝冷えかもしれないし、疲れやストレスといったことも原因の小か不良かもしれない。
ウチの子がはじめて下痢になりなかなか直らなかったのは、夏のバカンスで旅行中のことである。帰宅後も一向に良くならなかったが、下痢はすれども特にぐずるわけでも弱弱しくなるわけでもなく元気いっぱいであった。それでもあまりに長く続くので薬局に薬を求めたが、そこでこれを薦められた。一回づつ包装の粉末で水などに溶かして摂取する。効き目は抜群であるが与えすぎると便秘になってしまうらしい。
たかが下痢といえども重大な細菌感染の可能性もあるので注意深く見守る必要がある。便の様子を詳しく観察するのである。病気でないにしろ下痢っぽい便が続くと胃腸に問題はなくともおしりおむつかぶれを引き起こすので要注意である。また、下痢ばかりではおしりが余り清潔的ではない。

もどる