常備薬


産まれてしばらくは親からもらった免疫があるのでよほどのことがない限り病気にかかったりはしない、まして風邪などは、といわれてはいるもののやっぱりなんか病気をしてしまっては大変!と心配してしまうがそんな時のために常備薬を置いておこう。といっても実際ドクターから処方箋をもらって常備しているのは解熱剤程度。経口投与のアスピリンと熱さましの座薬のみ。風邪以上のなにかに罹った場合にはすぐに病院に駆け込むであろうからこんなもんである。
アスピリンは顆粒状になった一回づつの個別包装。水やジュースに溶かして飲ませればOK。予防接種のあとの腫れや発熱に備えて投与を指示されることもある。一方の座薬はやっぱり座薬で説明のしようがない。

もどる