図書委員の活発化
    マスターライブラリアンになろう


八王子・絹ヶ丘=自由研究のチーム (八王子市立高嶺小および長沼小)
しのはらひろき(6年)  ひらのりきまる(6年)  あそましょうた(6年)
みやしたせいな(5年)  ささきけいじゅ(4年)   コーチ(たかはしりゅうじ)

 2009年度の取り組み

八王子の2つの小学校の生徒が自由研究チームをつくっています。 学校の○○委員活動は盛り上がらないものもあります。  「やったー」と実感できる図書委員になることをテーマにえらびました。 わたしたちが読んだ「マジックツリーハウス」でいえば「マスターライブラリアンになろう」です。
楽しい読書ゲームを作り、読書ゲームの会を開催しました。 読書や、図書委員にできることをよくわかるために読書会をやりました。 行動しながら「問題の解決」を学ぶことを 経験しました。

わたしたちの活動は続いていきます。 このホームページを見た子どもが、「わたしもやってみよう」と思ってくれて、図書委員の活動がひろがっていって、日本一を競う読書ゲームの競争ができたらいいです。 

   サイトマップ

本ホーム
 ページ

 
 

考えていったステップ
 
        

わたしたちの自由研究の方式に関する資料

 
        〃
最初の問題
意識、ステップ1,2の資料
 
        〃
解決アイデアを考える参考意見
ステップ3の資料

 
 
実行したこと/
これからやること

 
        
読書のリサーチ(自分たち、人々の)  

 
         〃

斉藤孝教授『読書力』の子ども読書会

 

 
         〃

読書ゲームをつくり、

人をあつめ

会を開催し

反省会をする



 

  
       
      〃

読書ゲーム会参加者に
本貸し出しするためのマジックツリーハウスの出版社へお願い

 
         〃

読書をしない体育系男子にはたらくポスターづくり
 
        〃
図書委員の活発化の仲間をふやしていきたい

 
    
 図書委員活発化の
ひきつづきのテーマ


       
   



活動の記録=「子ども・図書委員活発化」in「子ども・自由研究ブログ」in八王子ブログ


図書委員の活発化掲示板


Counter


連絡先 東京都八王子市絹ヶ丘2−20−5  八王子・絹ヶ丘=自由研究のチーム  (〒192−0912)
      電話 050−1111−9505   メール
  renraku@fpspjapan.org