「『沖雅也よ 永遠に』第7回オフ会」

2013年9月14日、第7回オフ会を開催しました。

今回は「爆報THEフライデー」というTBSの番組で沖雅也さんの特集があり、
ファンのオフ会の様子も映像に入れるという企画があったために急遽企画したのですが、
映像の方がボツになったので、沖さんのためならと手を挙げて下さった皆様のために
小さなオフ会を開催しました。
参加出来なかった方のために、内容を報告させていただきます。


会に先立って有志とお墓参りをさせていただきました。
初めて大勢で訪れたお墓参りは12年ぶりのお仲間と合流したこともあり、
いつもと違う感慨がありました。
ミルキーさんが般若心経を唱えて下さり、
「こんな本格的なお墓参りは初めて」という声があった通り、 清々しいものとなりました。


12時より六本木某カラオケ店にて研究開始。
本日のメンバーは管理人を入れて11名です。

まずは土曜ワイド劇場から「涙・あいつは今夜もいない」を研究。
土ワイドが1時間30分枠だった頃の作品です。
長い間再放送もなく、古い映像でしたが、
皆さんが
「ここできっと二郎が部屋に入って来るんだ!」
「そこで、『姉さん、何やってんだ!』と怒って…」
などと茶々を入れるのを聴きながら観るのも、
管理人にとってはなかなか楽しい経験でした。

1979年の作品なので「姿三四郎」の頃の沖さんは、
トレンチコートのCMから飛び出して来たような美しさ。
家庭のある男の役というのも、皆さんには新鮮だったようです。

続いて「『太陽にほえろ!』10周年記念ファンの集い」を研究。
ボスの登場に「おぉ〜」と、ひれ伏さんばかりの面々。
刑事が一人一人出てくるたびに
「かっこいい〜」
「イェーイ!」
と盛り上がり、三十年近くの時を経ながら、さながらライブのようです。
特に長谷直美さんの顔がアップになると 「可愛い〜!」と、歓声が飛びます。

今回、はじめて親子参加となったエミさん。
高三のお嬢さんは受験を控えながらも遠方から参加して下さいました。
胎教も行き届いている(?)上に、
物心ついた頃からエミさんと一緒に沖さんの映像を観て育ったということもあり、
沖ファンの間に入っても臆することなく、
いやむしろ豊富な知識を持ったファンとしての参加に、
他の参加者の皆さんも目を丸くするばかりです。

車の中でも常に沖さんのアルバムを聴いていらしたということで、
音楽の成績が少々心配になりました。

ここで、先だって9月7日に、先に書いた番組の撮影のために行って下さった方々から
撮影の様子を報告していただきました。
あちらからの質問に答える形で沖雅也の魅力について語っていらしたそうです。
ファンとしては俳優としての魅力を伝えて欲しいと
皆さん(他にユウさん他2名の方が行って下さいました)で
何度もお願いして下さったそうです。

それから、この番組で沖さんを特集するという企画が立ち上がった時に、
長谷直美さんが「沖さんのことならファンに聞いた方が良い。
沖さんについて一番知っているのはファンだから」と口添えをして下さったそうです。
あらためて、ここで長谷直美さんにもお礼を申し上げたいと思います。
直美さんはここは読んでいらっしゃらないでしょう、というツッコミ、
真摯にお受けしましょう。

これまでの番組の内容から考えれば、俳優としての実績よりも
野次馬的好奇心を煽る内容が前面に出て来る可能性もありますが、
ファンは沖さんを信じて、久々の地上波での特集を
楽しい気持ちで見守ろうということで、意見は一致しました。


ここでミルキーさんの「からくじなしの抽選」大会〜!
いつも皆さんのためにお土産を作って下さるミルキーさん。
今回は昭和の集まりらしく、あみだくじを手作りして持参して下さいました。


ポスター、シール、ミラー…。素敵なプレゼントの数々に沸く面々。
管理人はまたまた素敵なポスターをゲットしました♪


ここで、エミさんが綺麗に装丁したDVDを見せて下さったので、
「北都物語」が観たい!ということになり、少々鑑賞してからお開きとなりました。

最後に、今回は番組の収録という前提で急きょ人集めをした関係から、
全員の方にお誘いすることが出来ず、申し訳ありませんでした。
ファンが楽しめる企画をこれからもなんとか実現させますので、
どうぞよろしく!

「沖雅也よ 永遠に」トップへ