沖さんが「大追跡」に出演されていた頃に、横浜在住でたびたびロケをご覧になられていたmi-mamaさんがブログに当時の思い出を書いていらっしゃいました。
あまりにも素晴らしい思い出と写真なので、他の沖雅也ファンのためにこのサイトに残していただけないかとお願いしたところ、
快諾して下さっただけでなく、このサイトのために加筆していただきました。
撮影中のエピソードから26歳だった沖さんの優しい笑顔が思い浮かびます♪

2015年12月7日 加筆
mi-mamaさんは、2015年9月3日にくも膜下出血のため、
お亡くなりになられました。
あらためて素敵な思い出をおすそわけして下さったことに感謝するとともに、
心よりご冥福をお祈り申し上げます。



*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜


もう30年も前のドラマである【大追跡】って覚えてる方は居るでしょうか?

私の住んでた本牧は色々なテレビの撮影が来ました

そのなかでもこの【大追跡】は本牧辺りを中心に毎回撮影が行われておりました


【大追跡】

悪がはびこる犯罪都市に集められた5人の刑事達

それは確実に検挙率を上げなければ廃止されてしまう組織なのだ・・・

そんなフレーズから毎週始まった刑事ものドラマ

加山雄三・藤竜也・沖雅也・柴田恭兵・長谷直美

とてもスピード感のある面白いドラマでした

そしてある日我が家の裏にこの撮影隊がやって来ました


殆どの撮影がこの近辺 本牧・元町・中華街・伊勢崎町・山下町・横浜西口などなど

本牧は電車が通っていないので移動手段はバスのみ(市電も無くなってしまって)

当時高校1年生だった私達は丁度夏休みに差し掛かった事も有って毎日のように

この撮影隊を大追跡したのでした

そして私は沖雅也さんの大ファンになったのでした




















★ここは山下町の材木座
バスが大通りまでしか通ってないので海辺に入るまで歩いたな〜




















★これは友達、今でも仲良くしてる大親友




















★ここは伊勢崎町
人ごみの中なので撮影はやっぱり大変、それでもくっつくくっつく




















★ここは山下町マリンタワーの裏
とっても早朝だった気がします




















後ろには彼の白いベンツが見えますね


こうしてファンの人とくっついて写真を撮ってくれる人だったから

フレンドリーで人気があったんだろうな〜

お金が無い私達は昼も取らず追っかけをしていたら

沖雅也さんが「お腹へってないか?」って自分達がお昼に行っ

お店のシュウマイをおすそ分けしてくれたり〜

その時は涙が出るほど嬉しかったな





















★そして恭兵ちゃん。ここは横浜西口
かれは凄い売れっ子だったのでいつも車の中に篭っていたような
無口でちょっと近寄りがたいオーラがあったかな
でも可愛くて格好良かった〜
そんな彼ももう50歳過ぎてるんだよね





















★そして藤竜也さん ここは中華街
この方怖そうに見えますが凄く優しいのです
このメンバーの中では優しさダントツです
藤さんには色々お世話になりました
毎回毎回来る私たちのことを不憫にでも思ってくれたのか
夏の暑い時にはエアコンの効いてる藤さんの車で休ませてくれたり
お腹が減ってるといえばおすそ分けしてくれたり
あるときは横浜での撮影が終わり東京の世田谷の撮影所に行くという時に
お金も行き方も知らない私達を藤さんの車に乗せてくれて
世田谷の経堂まで連れて行って貰った事もあります
帰りも待ってれば送って行くと言われたのですが
夜遅くなってしまったので自力で帰って来た記憶もあります
藤さん本当に色々どうもありがとう
何十年もたった今頃遅い御礼で申し訳なく思います




















★これは中華街、最終回に来た若き日の阿藤海さん
この頃は全然名前も分からなかったけどこの後 段々人気が出てきましたね〜


そしてやっぱりトリはこの方でしょ



















★中華街にて、若き日の松田優作さん
やっぱこの方は他の人とオーラが違いますね
回りの人たちもピリピリムードで撮影をしておりました
でもおっきくて凄く男らしい人だったように思えました


こんな感じで私の横浜での青春時代は始まったのです

まあその後は普通の女の子のように色々有りましたがね。


横浜、本牧、こんないい町に住めてホントに良かったと思います

もしタイムスリップでも出来るならきっとこの時に帰るでしょう。


*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜


今回こちらのサイトに載せて頂いて本当にありがとうございます

こちらにやってくる沖雅也ファンの方々に少しでも

沖さんの優しい素敵な一面を見ていただければ幸いです

ただの一ファンの娘達にも分け隔てなく親切に優しく接してくれていた沖さん

彼の優しさはきっと会った方ならみんなお分かりでしょう


当時私たちは大追跡の台本が欲しいと沖さんや他の方たちに我がままを言った事が有りました

5〜6冊は頂いたでしょうか

その時に沖さんは「俺が使ったやつの方がいいか?」と言ってくれて

勿論その回が終わる度に台本を2〜3回頂いた記憶があります(台本って大事にとってなかったのかな・・・)

沖さんのちょっとしたチェックやメモが残って居たと思います

でも私もその後何度も引越しを繰り返した為

そんな大事な台本も紛失してしまいました・・・

「沖さんせっかくくれたのにゴメンなさい」


そして当時私は手に生まれながらの傷があったのですが

それを見たときに手をとって「どうしたんだ?」

「そうか〜でもきっと大人になったら病院で治せるから大丈夫だ!!」

と励ました貰った事もありました

そんな沖さんの言葉にどれだけ勇気つけられたことでしょう


この撮影が終わったら横浜に来ないけど私たちの事はすぐ忘れちゃうよね?って聞いたことも

沖さんは「そうだな〜会わなくても5年ぐらいは忘れないと思うよ」とも言ってくれました

凄く嬉しかったけどその約5年後ぐらいに彼は亡くなってしまいました。。。


今まで沖さんを思い出すと亡くなった頃の沖さんの辛い気持ちが私の胸にもよみがえってきてしまうので

敢えて思い出さないようにしてきました

でも今回こちらの管理人様から沖さんのサイトを伺い

少しづつ沖さんの顔が見れるようになって来ました

こちらにいらっしゃるファンの方々皆さん熱心な方ばかりですね

皆のお話を見ていると私なんて大したファンじゃなかったのかなと反省しております

沖雅也ファンのみなさんこれからも繁栄お祈りします





沖雅也さんみんなの心の中にはいつまでも貴方が居ます

天国で安らかに見守って下さいね

そして私がそちらに行った時には必ず又お逢いしましょう。。。



*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜


当時大学受験に失敗して浪人していた私は、ひたすら勉学に励んでいた…わけでもないのですが、沖さんに会いに行くこともなく悶々と日々を過ごしていましたので、mi-mamaさんのはじけるような青春のど真ん中に登場する沖さんを知ると、羨ましさと共に眩しい感じすらします。
俳優として脂が乗って来た頃の沖さん。ファンに優しく接していらっしゃる姿が目に浮かびますね〜。
当時の横浜の風景が映った写真も貴重です。こちらで沖雅也ファンのために公開して下さることに承知して下さったmi-mamaさん、ありがとうございます!


mi-mamaさんのブログ。にゃんこ好きは口元が緩みます
チンチラらいおんみるく&ひめの部屋


「沖雅也よ 永遠に」トップへ