沖さんの盆栽好きは有名ですが、
ほとんどの品は埼玉の盆栽の師匠に預けられ、
手元には数品しか置いていらっしゃらなかったとか。
このたび、生前の沖さんとご家族ぐるみでご交流があったH様が、
形見分けされた盆栽とお仕事で使われた衣装の一部を
ファンの皆様が喜んで下さるならと、お写真を寄せて下さいました。

沖さんは進学に悩むH様に対して親身になって話を聞いて下さり、
自分のやりたい様にやるようにとアドバイスをして下さったとか。
沖さんのお顔に触らせてくれとお願いした時も快くOKされ、
鼻を触るH様に「鼻か?」とおっしゃったそうです。
私も触ってみたかったです〜。



*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜


沖さんとの思い出

こんにちは!
私は沖さんと長い間家族ぐるみでお付き合いさせて頂いた者です。
管理人さんから思い出話があればとお話を頂いたので
少しお話ししたいと思います。

私は高校生の頃にアメリカに留学したい気持ちが強くありました。
沖さんのマンションに遊びに行った時に
沖さんにその事を相談した事がありました。
実はその時自分の父親はアメリカ留学には大反対でした。
沖さんにその事を言うと開口一番

『父親が何を反対してるんだ?自分の人生だし時間は戻せないよ!
例えば僕は今26歳だけど今から大学に行こうと思っても行けない。
自分の行きたい道を選んだ方がいいよ!』

と、親身になって相談に乗って下さいました。

余談ですがあまり撮影の事は聞いたことはないのですが、
この日は大追跡の撮影から戻って来た時で、
今日たまたま撮影中にエリザベス号が入港して来て、それを撮影して使った
とおっしゃっていました。
「大追跡」はかなり拳銃を打つので、空砲でも手が痛くなるとも話しておられましたね。

結果その何年後かに私はアメリカに留学したのですが、
留学中にアメリカに沖さんが来て下さったんですよ!
サンフランシスコに行く前に寄って下さいました。
宿泊先はセンチュリー・シティーのセンチュリーホテルという所でした。
また大阪の新歌舞伎座で座長公演の時に母親と行きましたが、
宿泊先は同じホテルを沖さん達が取って下さっていました。
公演を観てホテルに戻り皆で雑談していた時に、
沖さんが公演から戻って来て芝居の事を色々話していらっしゃいましたが、
この時実は喉をやられてしまって辛かった様です。
しかし、沖さんは絶対弱音を吐く様な人ではなくて気丈に振る舞っておられました。

翌朝も朝食の時に沖さんが部屋にいらして、いきなり自分の目の前に座って

『いくつになった!?』

と聞くんですよ!
それで『23になった!』と答えたら

『まだこの芝居の恋愛はわからないな〜!』

って、、、。そのあと

『30歳まではまだ時間あるな?!』

っておっしゃっていましたね。
沖さんが亡くなられた後にふと気がついたんですが、
沖さんはいつも30歳を節目に話されるのです。
30歳まであと何年あると良く話していらっしゃいました。
もしかしたら沖さんには30歳から先の人生って
考えられなかったのかも知れないですね。
時間的には短かかったかも知れないですが、
普通の人の何倍も生きられた様な気がします。

沖さんは寡黙なイメージがありますが、
決してそんな事はなくて、気さくで明るかったです。
ご自分からご自分の歌のレコードをかけて下さったりもしました。
沖さんは歌は苦手みたいですよ。

その時、沖さんはブルーの膝までのバスローブを着ていらしたのですが、
とても似合っていましたよ!
サイダーを飲んでいらしたのですが、
缶のサイダーではなくて瓶のサイダーを飲んでいらっしゃいました。
その当時はコーラもサイダーも瓶だった様な気がします。
それで沖さんのサイダーの飲み方が少し面白いんですよ!
瓶の飲み口を右手の親指でおさえて、3回位上下に振るんです。
それから飲むんです。
理由は1度も聞いた事がないので分からないんですが、
多分少し炭酸を抜くんでしょうね。
聞けば良かったですね。

最後に沖さんの代官山のマンションの写真を少しお見せしますね。
ファンの方なら多分この代官山のマンションは知っていると思います。
きっと4階の広いベランダのある部屋が有名だと思うのですが。
実は沖さんはこのマンション内で2回引っ越しをしています。
1つはその4階の部屋ですが、最初は1階に住んでいました。
4階に比べたら狭かったですが綺麗な部屋でしたね。

今回お見せするのは4階の写真ですが、
玄関を入ると正面に鶴の彫り物の大きな木が立っていました。































これはふりむくな鶴吉の鶴を記念に買った物みたいで、
その横の壁に竹下景子さんが一緒に写っている
「ふりむくな鶴吉」の写真が飾られていました。























リビング・ルームは広くて30畳ありました。





















(↓雑誌記事より)





















左下に私のズボンが映っていますが、
これは沖さんと一緒に巨人阪神戦のデー・ゲームをテレビ観戦していた時の写真です。






























そのリビングルームにかけられていたパネルも
沖さんが麻布に引っ越される際にいただきましたので、今回お見せします。
とても大きいパネルで 101×76ありますから、かなり大きいですね。






































ベランダには沢山盆栽があって、沖さんは玄人肌みたいだったようです。
うちの母親も植木とかが好きでするのですが、色々沖さんに聞いていました。


















ベランダの横にはバーベルがありました。
筋トレをしていたんだと思います。(↓雑誌の記事より)





















代官山マンションから麻布のマンションに引っ越しする際に
麻布のマンションのベランダは小さくて盆栽を置けないので
沖さんからうちの母親に連絡が来て、
盆栽をいくつか貰い受けて来たんです。

その盆栽の現在。松です。
沖さんは盆栽に名前をつけていて、松には「鶴吉」「市松」など、
時代劇の名前がついていました。
最近になって盆栽園に預けて少しお手入れをしたので、
お手入れ前と後の写真をお見せしましょう。






















★沖さんの衣装。
「俺たちは天使だ!」第12話『運がよければリッチマン』
で着ていらした衣装も、お形見としていただきました。
もちろんサン・ローランです♪
思ったより細い作りで、
沖さんがテレビの画面で観るより細身だったことがわかります。
































沖さんとの思い出は沢山あり尽きないのですが、
いつかまたお話が出来る様な機会があればしたいと思っています。
このサイトの管理人さんには本当に感謝の気持ちで一杯です。

このサイトが未来永劫続く事を祈っています!

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゜


このサイトに集う沖雅也ファンの方々のために少しでもお役に立てればと、
貴重な遺品やお写真を公開して下さいました。
H様、快く公開して下さり、本当にありがとうございます。





「沖雅也よ 永遠に」トップへ