同心部屋御用帳 新・江戸の旋風   1980年1月10日 〜 8月28日放送


出演:加山雄三 小林桂樹 近藤洋介 渡辺篤史 倉田保昭 潮哲也 他
沖さんの役名:立花精一郎










オープニングの横並びにおおっ!と感動していると、いきなり事件が始まってしまう。
このシリーズから見始めると、第一話なのに人物紹介のようなシーンがないことに少々戸惑うが、
これは「江戸の旋風(かぜ)」シリーズの四作目で、
全シリーズを通じて主役は加山雄三氏演じる千秋城之介。
小林桂樹氏、近藤洋介氏、潮哲也氏も前作からの出演。
前作から一年以上も間が空いているのにすんなり話が進んでいるのは、
常連の視聴者が沢山いたということなのだろう。
第二話で「新入りの三名」という言葉がやっと出て、
立花(沖さん)、藤堂(ボスではなく倉田保昭氏)、日暮(渡辺篤史氏)が
新しく参入した同心であることがわかる。

とりあえず、沖さんの素性は第一話で明らかになる。
都々逸などを歌いながら登場し、芸者衆に「さすが若様」と言わせ、
「若様か。旗本二千石の三男坊も、今はしがねえ同心稼業でござんすよ」
と自嘲気味に言う立花は大目付を父に持つ名家の出なのだが、
ことあるごとに「私とて三河以来の名家」などと言うので、
赤鬼と呼ばれている高瀬(近藤洋介)には「けっ!」と言われてしまうこともある。
ただし、この元大目付の息子という肩書きが役に立って、
旗本屋敷の当主に面会したりすることも可能となり、活躍の場がある。
元は遊び人なので、芸者や色街にも顔が広いことが聞き込みの役に立つことも多いのだが、
三男坊なので家は継げず、武士としては最低の身分である同心として生計を立てている。
粋な遊びを知っていて、三味線を弾きながら歌ってみたり、
芸者に膝枕をさせたりもするのだが、
他の同心たちと馴染まないということはなく、
日暮とは一緒に謹慎をくらったりする(7話)し、藤堂の切腹を止めたり(八話)もする。

ドラマの第一話というと人物紹介が忙しく、ストーリーがおろそかになることが多いが、
この番組は視聴者がいつの間にか同心たちに馴染んで、それぞれのキャラクターを受け入れさせている。
勿論それはベテラン俳優陣の布石のおかげなのだが、
沖さんも「大追跡」で加山雄三氏の部下は経験済みだったせいか、うまく溶け込んでいる。

どんな役を演じても、生まれ持った品の良さのようなものが沖さんにはあるが、
これは名家の出という役柄にぴったりはまる。
「染香の床上手と比べたら、ものの数じゃござんせん」
なんていう台詞も粋に聞こえるが、下品にはならない。
何せ、その染香という芸者に「試してもみないで何よ」と返されるのだ。
なーんだ、試してないのか。良かった。

最後は「ええい、構わん。斬れ、斬れ!」と抵抗する悪人を、
七人全員で大殺陣を見せて斬りまくるのも気持ちが良い、痛快時代劇の王道を行くドラマ。
オープニング曲は名作!

沖さんの大開脚殺陣によるおみ足や、
三味線や尺八、野球拳をする粋なお江戸の沖さんを観るならこれ。


(☆=主演、△=出番多し、 ■=欠席)
癲 (送日 サブタイトル          ゲスト
1 △1月10日 誓いの八丈太鼓        梅宮辰夫 小柳ルミ子
2 △  17  山吹色は悪の色         清水めぐみ 田口計 八名信夫
3    24  悪女伝の女たち         夏純子 深江章喜 マッハ文朱 沖田駿一 鶴間エリ
4 ☆  31  唐丸籠破り           武原英子 池田秀一
5 ■2月07日 抜いた十手に情は無用 木村理恵 長谷川明男
6   14   春はまだか桜草         葉山葉子 平泉征 田島令子
7 △ 21日  つっぱりすぎた欲の皮      平田昭彦 岩本多代 稲葉義男 熊谷美由紀 北詰優基
8 △ 28   泣く子に捧げる風ぐるま     河原崎長一郎 田中浩
9 ■3月06日 女郎蜘蛛の罠 池波志乃 織本順吉 小野進也 伊藤めぐみ
10 △  13  簪は知っていた        村松克己 梅津栄
11    20  八丁堀慕情   赤座美代子 辻萬長 北九州男
12 ■  27  恋風孫兵衛・春の嵐吹く 神崎愛 今井健二 玉川伊佐男 阿部希郎
13 4月03日 危うし母子!絵図面の謎 河原崎次郎 倉野章子
14 △ 17  行け!三十俵二人扶持 花沢徳衛 佐野アツ子
15   24  夫婦団子            左とん平 友里千賀子 小野ヤスシ
16 ■5月01日 殺しをみた子ねずみ 喜多川美佳 湯原昌幸 ラビット関根(関根勤)弓惠子 山本昌平 外山高士
17   08  男の掟・女の命 宮園純子 佐藤仁哉 蟹江敬三
18   15  情と涙・日暮晋作大奮闘! 佐藤オリエ 鹿内孝 三浦真弓 片岡五郎
19 ☆ 29  手のひらいっぱいの幸せ 野平ゆき 下元勉 井上孝雄
20 △6月05日 地獄極楽愛のからくり 佳那晃子 浜田晃
21   12  肝っ玉もんの恋 二宮さよ子 菅貫太郎 島田歌穂 榎木兵衛
22   26  十年振りの手口 上原謙 相原(あいはら)友子
23 7月03日 源兵衛長屋に鶴が来た 吉沢京子 小野ヤスシ 九里みのる
24   10  はぐれ宿人質事件 浜村純 三谷昇 丸山秀美 三景啓司
25   17  ひと恋い橋 緑魔子 睦五郎
26   24  猫が小判を持って来た 峰竜太 藤木敬士
27   31  怪談・消えた娘 河原崎建三 伊藤めぐみ
28 8月07日 情けの犬張子 松本留美 荒木しげる 小林昭二 今福将雄 黒部進
29 ☆ 14  お役者小僧お吉 竹田かほり
30   21  瞼の父の子守唄 白都真理 織本順吉 山本清
31   28  略奪された花嫁 川合伸旺 梅津栄


「沖雅也よ 永遠に」トップへ