コマーシャル出演

★森下仁丹 −1972〜3年頃

☆普通の仁丹編

「さぼてんとマシュマロ」でやっとお茶の間に顔が知られて来た頃。ロケは豪華で、グァムやオーストラリアに行っている。


不思議な形の自転車に外人の女の子と向かい合って乗っている『自転車編』や、タンポポの種をやはり女の子と吹き合う『タンポポ編』などがある。雑誌では将棋をさしている『将棋編』が意外。
BGMは ♪シルバーピルス、シルバーピルス、 シルバー シルバピルス・・


☆梅仁丹編
これは「ほろずっぱーい!」という時の顔のアップが有名になった。
端正な顔をくしゃくしゃにしておどけてみせる。
BGM ♪ああピンクの粒でございます・・・






★エースコック −1974〜5年頃


これもコミカルなCMで、「エースよ〜」というダジャレもの。「北都物語」で北海道に行った時に、当時流行した幸福駅でロケをした『駅弁ラーメン編』もある。
BGM ♪行ったり来たり行ったり来たり・・





★富士フィルム −1975年末か1976年初頭


遠山の金さんに扮した沖さんが桜吹雪を見せて「このフジカデートが知ってるぜえ!」と見栄を切る。このCMは撮影会まであったようで、後援会から葉書が来た。
場所「日本武道館」となっていたのでのけぞったが、後日、竹橋の「科学技術館」に変更になった。




★「はつらつ30歳」1982年
民放各社共同 民放誕生30周年記念CM

沖さんのアップと笑顔。最後に日本地図の大分県の上にちゃんと立つ沖さん。ただし台詞はありません。他に柴田恭兵さん、ピーターさん、小柳ルミ子さん、夏木マリさんなどが出演。

★雑誌媒体

☆タレント養成所


プロマイドを貼り付けただけだが、「沖雅也です。あなたもどうぞ」と書いてある。





☆ホワイトリカー

雑誌にはカラー、新聞には白黒でそれぞれいくつかのバージョンがあった。新聞には縦長で全身が入っているバージョンもあり。



雑誌の見開き2ページを使った広告から。
反対側には金髪の女性が青い着物を着て、正座している。
全文ここに残しておく。

“華道の国かと思ったらいいオサケあるのね”

「ストレートでいく?それともロックで?」
「いいの、自分でやるわ。氷を入れて・・・と」
「日本の女性はジュースで割ってるよ」
「ほんと、いいオサケ。わたしずっと日本にいたい」
「そろそろ、口説いてもいい?」
「まだダメ。あなた、飲み方足りないんじゃない?」
「そんなに飲んで、よく平気だね」
「お花習ってるもん。乱れないのよ」
「オレ、もう負けそう」
「日本のいいもの、忘れないでね」

何だか西村知美と長嶋一茂の会話のようだ。

★おまけ

↓CMではないが、「主婦と生活」の付録の編み物教本の表紙。

★管理人未確認情報

「グリコ カレープリッツ」1971〜2年頃?。名古屋地区限定CM。