沖さんと同じトレーニングセンターに通い個人的にも親しくされた方が、ファンのために思い出と写真を寄せて下さいました。


Sさんからファンの方へのメッセージ

実はもう30年以上も前の事なのですが当時通っていた運動クラブで沖さんと一緒にトレーニングしていました。

沖さんのファンの方なら多分ご存知と思いますが麻布狸穴のソビエト大使館裏にあった『クラークハッチ健康管理センター』という今風に言えばフィットネスクラブです。今も営業しているようです。

当時はホテルオークラのクラブかクラークハッチくらいしか運動クラブはありませんでした。

私がちょうど20歳の1974年の事です。経営者が外人ですし、場所柄外国人が多く大変面白い雰囲気のクラブでした。
当時のチーフトレーナーはその後テレビなどで活躍したチャック・ウィルソンです。(管理人注1)

あまり人目に付かない場所だったので会員には芸能人の方も沢山いました。
当時の会員は比較的年配の方が多かったのでほぼ同年代の沖さんと仲良くなったのだと思います。

数年前に写真の整理をしていましたら古い写真の中に沖さんを撮影したネガが出てきたのです。
1974年の8月頃の撮影です。

ファンクラブの方にはあまり珍しくもないかも知れませんが1974年当時『素顔』の沖さんです。
かなり一生懸命トレーニングされてましたので大変引き締まった素晴らしい身体でした。
なんで沖さんだけ上半身裸なのか不思議な写真です。

写真左の人は沖さんと特に仲がよかった方です。写真後ろの2台の内1台は確か沖さんのだったような気がします。(管理人注:2)
時々乗せてもらいましたが六本木通りを凄いスピードで走るので大変オソロシかった記憶があります。(笑)
写真真ん中は私の友人です。

芸能人・スターとしての沖さんの事はあまり知りませんが『素顔』の沖さんは大変気さくなとても感じの良い方でした。

インターネットのお陰で以前なら考えられないような事が出来るようになりました。
実は数日前に『沖雅也さん』を画像検索したところ沢山出てきて驚きました。

ビシッとスーツを着たクールな沖さんも確かにカッコイイと思いましたがその時ふっと思ったのです。
以前お会いしていた頃の素顔の沖さんのイメージとは少し違うなと・・・

CD-Rに画像を入れておいたのを思い出し久しぶりに見てみました。
そこには昔お会いした時のイメージそのままの沖さんの画像がありました。

写真の笑顔を見れば分かると思いますがスターのオーラと共に『心根の優しさ』が自然に伝わってくる素晴らしい方でした。

その後『沖雅也よ永遠に』のHPにたどり着き熱心なファンの方がいるものだと大変感心しました。
こんな熱心なファンの方ならひょっとしたら喜んで頂けるかも知れないと思い失礼ながらご連絡した次第です。

HPプロフィールの趣味の欄に『アールヌーボーの家具収集』とありますがウィキペディアには『アールデコ・ラリックのコレクター』としても有名と書いてあります。
どちらが本当なのでしょうか?両方集めていらしたのですか?ご存知でしたら教えて下さい。 (管理人注3)

沖さんのラリック好きというのは初めて知り驚きました。日本の70年代〜80年当時ラリックはまだあまり有名でなく扱っているお店もほとんどありませんでした。
私の知る限り代官山のギャラリーくらいだったと思います。本当なら当時からラリックに注目していた沖さんの審美眼は超一流だったと思います。 (管理人注4)

私は芸能界の事あまり詳しくないので沖さんが若い時にご苦労された事や後年病気になった事など初めて知りました。
私がお会いした頃は仕事も私生活も前途洋々の時期だったのではないでしょうか?
あの元気はつらつだった沖さんが亡くなられたとは今でも信じられません。

『沖雅也よ永遠に』、暖かいファンの方々と共により充実したHPにして下さい。時々覗いて応援しますので宜しくお願いします。


美術品に詳しいSさんが、沖さんのコレクションについて調べて下さいました

※管理人注1:1976年放送「あの人この人どんな人」でレギュラー回答者だった沖さんは、トレーナーは誰なのかを当てるクイズに体を隠して出ていらしたチャックさんと対面。当然クイズには正解されました。
※管理人注2:写真向って一番左のポンティアックが沖さんの車。色は赤です。
※管理人注3:沖さんはアール・デコ風のランプシェードやアンティーク家具に凝っているとおっしゃっている記事と写真があったのでSさんに見ていただいたところ、アールヌーボーのランプなどは美術書にも掲載されている一流品、テレビ番組のお部屋紹介で沖さんが「この子供を2〜3人産んだような腰つきがいいんですよね」とおっしゃっていた作品は、アールデコの時代にパリで活躍したチパルスの作品だそうです。
※管理人注4:当時は代官山にお住まいでしたので、もしかしたらそのお店にも行かれていたかも知れませんね。

孤独でナルシストなどと書かれた沖さんですが、明るい素顔が垣間見られて、管理人は感激しております。



















「沖雅也よ 永遠に」トップへ