にゃーるほど ねこの種類  (ノルウェージャンフォレストキャット)

ノルウェージャンフォレストキャットの雑学

ノルウェージャンフォレストキャットの歴史と特徴

 ノルウェージャン・フォレストキャットは古代スカンジナビアの神話で「雷神すら持ち上げることができなかった猫」 「女王フレイアの馬車を引く猫」として登場し、ノルウェーでは「森の妖精」 「ノースク・スコッグキャット “Norsk Skogkatt”(ノルウェーの森林に棲むネコ)」とも呼ばれています。ねこにしては大型で成長するのに4〜5年かかり、体重は6〜8キロになります。顔は逆三角形で鼻筋がまっすぐ伸びています。ツヤツヤの光沢をもったオーバーコートは先端に油脂を含むため雨をはじき、暖かで羊毛のようなアンダーコートは極寒の地でも生き抜くことができる長毛種のねこです。

性格と魅力

 寂しがりやで甘えん坊、抱っこされるのが大好きです。人と遊ぶことを好みかなり活発、体格の割りに動きはシャープです。なんといっても可愛いのは、普段はあまり鳴かないのに名前を呼べば返事をして走ってくる子が多いことです。

お手入れと食事

 襟巻きの周りやお尻、股の下などに毛玉ができやすく、朝晩1回ずつのグルーミングとコーミングが理想です。ブラッシングはフケや抜け毛防止にもなり、腸の働きも良くなります。そしてノルウェージャンフォレストキャットのしっぽは脂っぽくなりやすいので定期的にシャンプーしてあげましょう。また大型ねこなのでこれといった食事制限はありません。手で触って背骨と肋骨が確認できれば肥満ではないので、カロリーコントロールをしながら餌を与えるのがコツです。


にゃーるほど ねこの雑学

ヒルズ


マクロミルへ登録
copyright (c) http://www.geocities.jp/forestcat_norwegian All right reserved