足がつって困っている方、【いやしだま】試してみませんか?

このホームページは、火のないお灸「いやしだま」のメーカーでもある京都内村屋が、「いやしだま」をお使いになられたお客さんで、足のつるのが改善されたという感動のお喜びの声が続き、その声をもとに、お役に立てる情報として作成させていただきました。

足がつる(これは、足の筋肉のけいれん(=こむら返り)のことを言います。)

こむら返り腓返り、こむらがえり)とは、(こむら)=ふくらはぎに起こる筋肉けいれんの総称。「(足が)攣(つ)る」とも言われる。特にこむら腹筋に起こりやすいため、こむら腹筋けいれんと同義とみなすこともある。他にも指・首・肩などもこの症状と類似した状態になる場合がある。(ウィキペディア参照)

病態と原因

筋肉の意識しない持続的な強直性収縮である筋の攣縮を示し、有痛性である。こむら返りを生じている筋は硬く収縮しており、局所の筋が硬く膨隆しているのがわかる。筋攣縮の持続は数秒から数分であることが多く、特に激しい運動の後や、水泳後、睡眠中に見られることが多い。

原因は神経でなく、筋肉固有の問題があるといわれ、下位運動神経末部での過興奮によるのではないかと考えられているが、特定には至っていない。

健常人でも起こる事があるが、さまざまな骨格筋に頻回に繰り返したりする場合は病的なものと考える。脱水(発汗、下痢、利尿薬の服用)または電解質代謝異常(Ca、Mg)、腎不全、血液透析、甲状腺機能低下症、妊娠、骨髄性筋萎縮症や多発神経炎などの神経原性筋萎縮をきたす疾患、下肢静脈瘤、特殊な例(McArdle症、里吉病など)などで頻発することが多いので、そのような疾患を鑑別に挙げる必要がある。(ウィキペディア参照)

ひふくきんけいれん

腓腹筋痙攣は腓腸筋痙攣(ひちょうきんけいれん)ともいう。下腿三頭筋痙攣(かたいさんとうきん)は上位運動ニューロンの障害、中毒性疾患、電解質代謝異常などにおいて起こるが、筋の疲労、ウォーミングアップ不足などにより健康な人間の運動中にも多く発生する。冷水中の水泳、テニスのサーブで爪先立ちをした際などに誘発され、腓腹部の緊張と疼痛が加わり、一過性の運動不能になる。腓腹筋の痙攣は膝の屈伸、足趾の伸展などにより緩まるため、発生したら爪先立ちのまましゃがむ事である程度回復する。軽いマッサージ、温浴も症状改善に役立つ。(ウィキペディア参照)

治療と予防

芍薬天草湯(しゃくやくかんぞうとう)やダントロレンが有効といわれている。また運動前後のストレッチ体操、運動・発汗後の塩分補給などを行うことも予防によい。基礎疾患や原因となる疾患があれば、その治療も加えておく必要がある。筋マッサージ、ホットパックなどの理学療法も有効である。 またスポーツでは予防として運動前にクエン酸を摂取することもある。(ウィキペディア参照)

※芍薬天草湯は、妊婦または妊娠の可能性のある人は、使用できない場合などありますのでご注意。