トルコの料理の素T

Izgara Harcı
 ウズガラの素です。
 Knorrが作っています。

 ウズガラとは、
 網焼き料理という意味です。

 この素をミンチ肉に混ぜ込んだり、

 お肉や魚にまぶしてフライパンなどで焼くと、

 まるで網焼きしたかのような香ばしい料理になるそうですよ。

 パッケージの料理は、
 トルコのアダナ地方の郷土料理、アダナ・ケバブです。

 ひき肉を、辛くてスパイシーに味付けして串焼きにします。
 ケバブとは、焼き料理の総称です。


 裏パッケージ、トルコ語オンリーです・・・。

 袋の中には、このようなパウダーが入っています↓

     
 これだけで、ものすごくスパイシーでいい香り〜!



 それでは作り方です。

 @ボウルに本品1袋とオリーブ油大さじ3、水大さじ3を入れてよく混ぜる。

 Aよく混ぜた@の中に、

   ひき肉(子羊、牛など)1s、または鶏肉や七面鳥、魚などを入れ、

   スパイスがなじむようによく混ぜ合わせる。

 B1時間ほど冷蔵庫で休ませた後、

   フライパンやオーブン、炭火焼き、網焼きなどで焼く。



 ↑鶏の手羽先(?)の作り方も載っていますよ。




 牛ひき肉を使って串に刺さずにフライパンで焼いて、
 ウズガラ・キョフテ(ハンバーグ)を作りました。
 とろけるチーズを中に入れてみましたよ〜。

 トルコの家庭では、

 コレと野菜と一緒にトマトソースで煮込むそうですが
 我が家はこのままで・・・。

 まず、日本のハンバーグとは全く違います!

 スパイスがものすごく効いてて、

 旦那さん曰く、スナック菓子のドンタコスの味!赤い方の味ね

 フライパンで焼いたとは思えないほどの炭火焼きの味と香り
 ものすごくおいしかったです!

      

 [原材料]

 玉ネギ・食塩・天然のウズガラ香料・ガーリック・砂糖・

 タイム・クミン・唐辛子・コショウ・ハーブ油・

 レモンパウダー・酢パウダー
など

   ※ハーブ油とは、エクストラバージンオリーブオイルにハーブを漬け込んだものです。

      

 後日、このウズガラ・キョフテでハンバーガーを作りました。

 トマトやレタス、マヨネーズ、ケチャップ、マスタードを加えて・・・。

 キョフテのハンバーガー、絶対おススメです!

  PATLICANLI PİLAV HARCI 

 ナスのピラウの素です。
 Knorrが作っています。

 ピラウとは、ピラフのことです。

 

    

 [原材料]

 
ナス(46%)・食塩・トマト・ピーマン・砂糖・ガーリックなど

    
 [用意するもの]

 本品・・・1袋・水とぎしたお米・・・2カップ(約300グラム)・

 オリーブオイル・・・75ml・お湯・・・3カップ(600ml)

 [作り方]

 @お米を水で洗った後、オリーブオイルでお米を炒める。

  本品を入れてさらに炒めてお湯を加える。

 A炒めたお米の中へ沸騰したお湯を加えてかき混ぜ蓋をする。

  弱火で調理し、水分がなくなったら火を止める。

  お好みで玉ネギ、パセリ、ハーブなどのみじん切りを一緒に炒めてもOK。



 フライパンで炒めた後、
 炊飯器で“かため”設定にして作ってみました〜。
 ナスの味がして、とってもおいしい!

 素自体はスパイスの香りがすごくしたけど、
 出来上がるとそんなにキツくありません。

 塩加減もちょうどだし、変な香りもしないし、
 日本人にも合うあっさり味のピラフでしたよ〜。

  ZEYTİNYAĞLI DOLMA HARCI   

 前菜・ドルマの素です。
 Knorrが作っています。

 ドルマとは、

 ピラウ又はピラウ+肉をくり抜いた野菜に詰めたり、

 ブドウやキャベツの葉で包んだりして、
 蒸したり煮込んだ料理のことです。

 ピラウを詰めるタイプは、室温や冷たくして食べる前菜です。

 松の実カレンズなども一緒に詰めます。

 コチラの商品はこの前菜タイプです。

 ピラウ+肉を詰めるタイプは、
 温かいうちに食べるメイン料理です。

 【用意するもの】

 本品・・・1袋、お米(洗ったもの)・・・3カップ(約500g)、オリーブオイル・・・75ml、

 お湯・・・2カップ(400ml)、ピーマン・・・1s、オリーブオイル・・・37ml

 【作り方】

 @お米を水で洗った後、オリーブオイルで炒め、本品を入れてさらに炒める。

  お湯を加えて水分がなくなるまで弱火で炒め、鍋の蓋をしてさらに炒める。

  冷めるのを待つ。

 A@をくり抜いたピーマンなどに詰めて、中身がこぼれないよう鍋に並べる。

  ピーマンが隠れるくらいの水を加え、オリーブオイルを全体にかけて蓋をし、

  様子を見ながら弱火〜中火で煮込む。



 袋の中身やできあがり写真を撮ったのに、
 間違えて消してしまいました・・・

 なので、パッケージの写真を拡大してみました。

 松の実やカレンズなどが袋の中にゴロゴロ入ってました。

 日清やきそばUFOみたいな香りと味がして、
 とってもおいしかったです!

 松の実のカリッとした食感とカレンズの甘みもよかったなぁ!

 [原材料]

 玉ネギ・砂糖・食塩・カレンズ・松の実・シナモン・

 オールスパイス・ハーブ・パセリ・ディル・ミント・

 ガーリック・白コショウ
など

  Cızbız Köfte Harcı  
 熱々キョフテの素です。
 Maggiが作っています。

 キョフテとは、

 さまざまなスパイスで味付けされた団子状のもの、
 簡単にいうとハンバーグのことです。

 主に羊肉で作るそうですが、牛肉バージョンもあります。
 豚肉はイスラム教なので食べません。
 穀類豆類で作ったキョフテもあります。


 カレーっぽい香りがしますよ〜!

 

 [原材料]

 ラスク・食塩・

 乾燥野菜(玉ネギパウダー・ガーリックパウダー・パセリ)

 クミン・オールスパイス・パプリカ・黒コショウ・タイム・

 赤唐辛子・モルトデキストリン・香料
など


 “Lezzet Sırları”→秘密の味

 
 【用意するもの】

 挽肉・・・500g、水・・・チャイグラスの半分

 【作り方】

 @挽肉(羊)に本品と水を入れる。

 Aすべての材料をよく捏ねて、お好みの大きさの形にする。

 B火が通るまで焼いたらできあがり。


 牛肉と少しだけ豚肉を入れて作りました〜!

 うわ〜っ、トルコ料理っておいしい!
 いろんなスパイスの味がして、ちょっとカレー風味です。
 娘2人も完食(おかわり含)しました。

 ウズガラの素で作ったキョフテのほうが、

 やっぱり炭火焼きの味がしました〜。



トルコの料理の素Uへ進む



トルコへ戻る

トップへ戻る