こちらがトップページです
百円土鍋生活

当サイトにようこそ
このページは、百円ショップで購入できる百円土鍋の可能性を追求するサイトです。
「100円で出来る土鍋料理」だと思ってやって来た方、ごめんなさい。

百円土鍋、最近流行ってますよね。
でも、衝動的に買ったものの、持て余して結局しまいこんだり、使用法を誤ってすぐに割ったりしている人、案外多いんじゃないでしょうか?

たかが100円されど100円、でも縁あってせっかく我が家に来たのだから、大事に、且つとことん使い倒しましょう。

2006年秋
今年も土鍋のシーズンがやってきました。
管理人の近所の百円ショップにも土鍋コーナーが設けられ、その売場をのぞくのが管理人の日課となっています。

けれども、今年はどうもおかしい。

これまで百円ショップの主力商品だった「外口径19センチ土鍋」を、今シーズンは百円ショップでまったく見かけないのです。
全国展開している大手百円ショップ二軒を回りましたが、どちらも小型土鍋として置いているのは「17センチ土鍋」のみ。
小規模地域店も一軒のぞいてみましたが、そこも「外口径17センチ土鍋」のみ。

大手百円ショップに至っては、去年は525円だったファミリーサイズの土鍋(8〜9号)に、840円の値段が付けられていました。
また、小規模地域店では、売場POPに「一人鍋に最適6号サイズ」などという、誤った記述がされていました。
(号数×3センチが土鍋の口径なので、「17センチ鍋」は5.5号でないとおかしい。)

百円ショップは、今年は「19センチ土鍋」の製造販売を、やめてしまったのでしょうか?
それとも、管理人の地区だけの、現象なのでしょうか。

100円で販売されていた鉄製スキレット(厚手の鋳物フライパン)が、今年は200円に値上げされています。
同じく竹製の蒸籠も、100円から150円に上がりました。
土鍋も「19センチ土鍋」から「17センチ土鍋」に商品シフトしたのであれば、これも事実上の値上げと言えるでしょう。
(ワンシーズン開けて、来シーズンあたりに、150円か200円の値段で「19センチ土鍋」が復活・再販されるような予感。)

このサイトでは「19センチ土鍋」を「百円土鍋」として扱っています。
もし、このサイトの活用法を試したいのに百円ショップで「19センチ土鍋」が入手できない場合は、一般の6号サイズの土鍋をお求めになって、お試し下さい。

サイトメニュー

更新履歴  かなりマイペースです。
2006/11/06 トップページに「2006年秋」追加
2006/11/05 「17センチ土鍋」に「17センチ土鍋で白飯を炊く」追加
過去の履歴
2006/11/04 「17センチ土鍋」追加
100円ショップ,100円ショップ,100均,100均,百均 since 2004/12/28