八代神社(やつしろじんじゃ)

御祭神は、天御中主神(あめのみなかぬしのかみ・妙見菩薩)です。

後鳥羽天皇の勅願により、文治2年(1186年)、八代平野の要の位置にあたるこの地に妙見宮が建立。
かつては上宮、中宮、下宮の三社からなり、当社殿は「下宮」にあたります。
※上宮・中宮は、現在跡地のみが残ります。

北極星と北斗七星を神格化した「妙見信仰」発祥の地とされ、地元では一般に「妙見さん」と
よばれ親しまれています。
社名は明治4年に「妙見宮」から「八代神社」に改称されました。

八代神社
熊本県八代市妙見町405‎


<一覧へ戻る>
地図
tel:0965-32-5350‎
<一覧へ戻る>



中宮の社。左右に狛犬。
中宮(ちゅうぐう)跡地
八代神社(下宮)から約2kmほどの地に祀られている。
境内の横にそびえる山々
御本殿を背後から
御社殿を後方から望む。
青紫色の雪ぐもが印象的。
境内奥に立つ楠の木。見事な枝ぶりだ。
境内にある稲荷社
大宮社
境内全景。奥に社殿。その手前に大宮社の朱の鳥居
御本殿
屋根は入母屋造りで、妻飾りには数多くの彫刻が施されている。
御本殿
堂々たる佇まい。素晴らしい。
御社殿全景
現在の社殿は、元禄12年(1699年)と寛延2年(1749年)に改築されたもので、県指定の重要文化財。
神門から拝殿を望む。
鮮やかな朱色が印象的。
神門の右に「亀蛇碑(きだひ)」
古来中国では「亀蛇」を龍の子供とみたて、
ご利益のある霊獣と考えてきたという。
神門の左右に狛犬
神門
鳥居奥に左右に並ぶ門神社
鳥居の右手に立つ御神木・楠の老木
八代神社の鳥居
輝くような純白色が印象的。
鎮座地は八代宮(八代城跡)から4kmほどの地。
参拝は2010年1月6日。