六所神社(ろくしょじんじゃ)

出雲国総社
御祭神は、伊邪那岐命、天照皇大神、月夜見命、伊邪那美命、素盞鳴尊命、大己貴命です。

創建時期は不詳。
出雲国庁の隣接地に創建され、平安期以降に国府が衰退していくと神社はかつての中心地(現在地)に
移転したと伝えられています。

延喜式に記された「佐久佐神社」は、この六所神社であるという説(八重垣神社も同様の主張を行なっている)、
六所神社の名は神社の管理を行う「録所」からきているという説、
「六社」とは熊野神社、佐久佐神社、揖夜神社、神魂神社、伊弉諾神社、八重垣神社を指すなどの説があります。

意宇六社の一社。
神魂神社熊野大社揖夜神社真名井神社八重垣神社六所神社

六所神社
島島根県松江市大草町496


<一覧へ戻る>
この意宇川沿いに六所神社は鎮座する。
美しい意宇川の流れ
<一覧へ戻る>




六所神社参拝メモ

◇参拝について
  ・分かりにくい場所にある。こちらの地図を参照。

出雲国の国府跡
出雲国の国府跡
六所神社の裏手に広がっている。かなり広大。
天満宮
丁明神社
(御祭神:青幡佐久佐彦命)
御本殿の向かって右に鎮座。
王子神社
御本殿の向かって左に鎮座。
御本殿
拝殿
境内全景

神門
六所神社の鳥居
かつての国府近くに鎮座。
参拝日は2009年4月17日。
意宇川の堤防沿いに配さた狛犬と、堤防から望む六所神社。
地図