※全国一の宮会の加盟社
全国一宮一覧


  国名 社名 鎮座地
畿内 山城国  賀茂別雷神社 京都市北区
 賀茂御祖神社 京都市左京区
大和国  大神神社 奈良県桜井市
摂津国  住吉大社 大阪市住吉区
 坐摩神社 大阪市中央区
和泉国  大鳥大社 大阪府堺市
河内国  枚岡神社 大阪府東大阪市
東海道 伊賀国  敢国神社 三重県伊賀市
伊勢国  椿大神社 三重県鈴鹿市
 都波岐・奈加等神社 三重県鈴鹿市
志摩国  伊雑宮 三重県志摩市
 伊射波神社 三重県鳥羽市
尾張国  真清田神社 愛知県一宮市
 大神神社 愛知県一宮市
三河国  砥鹿神社 愛知県豊川市
遠江国  小国神社 静岡県周智郡森町
 事任八幡宮 静岡県掛川市
駿河国  富士山本宮浅間大社 静岡県富士宮市
伊豆国  三嶋大社 静岡県三島市
甲斐国  浅間神社 山梨県笛吹市一宮町
相模国  寒川神社 神奈川県高座郡寒川町
 鶴岡八幡宮 神奈川県鎌倉市
武蔵国  氷川神社 さいたま市大宮区
 氷川女体神社 さいたま市緑区
安房国  安房神社 千葉県館山市
 洲崎神社 千葉県館山市
上総国  玉前神社 千葉県長生郡一宮町
下総国  香取神宮 千葉県香取市
常陸国  鹿島神宮 茨城県鹿嶋市
東山道 近江国  建部大社 滋賀県大津市
美濃国  南宮大社 岐阜県不破郡垂井町
飛騨国  水無神社 岐阜県高山市
信濃国  諏訪大社上社
 諏訪大社下社
長野県諏訪市・茅野市
長野県諏訪郡下諏訪町
上野国  一之宮貫前神社 群馬県富岡市
下野国  二荒山神社(宇都宮) 栃木県宇都宮市
 日光二荒山神社 栃木県日光市
陸奥国  鹽竈神社 宮城県塩竈市
 都都古和気神社(馬場) 福島県東白川郡棚倉町馬場
 都都古別神社(八槻) 福島県東白川郡棚倉町八槻
 石都々古和気神社 福島県石川郡石川町
出羽国  鳥海山大物忌神社 山形県飽海郡遊佐町
北陸道 若狭国  若狭彦神社
 若狭姫神社
福井県小浜市
福井県小浜市
越前国  氣比神宮 福井県敦賀市
加賀国  白山比盗_社 石川県白山市
能登国  気多大社 石川県羽咋市
越中国  射水神社 富山県高岡市
 気多神社 富山県高岡市
 高瀬神社 富山県南砺市
 雄山神社 富山県中新川郡立山町
越後国  弥彦神社 新潟県西蒲原郡弥彦村
 居多神社 新潟県上越市
佐渡国  度津神社 新潟県佐渡市
山陰道 丹波国  出雲大神宮 京都府亀岡市
丹後国  籠神社 京都府宮津市
但馬国  出石神社 兵庫県豊岡市
 粟鹿神社 兵庫県朝来市
因幡国  宇倍神社 鳥取県鳥取市
伯耆国  倭文神社 鳥取県東伯郡湯梨浜町
出雲国  出雲大社 島根県出雲市
 熊野大社 島根県松江市
石見国  物部神社 島根県大田市
隠岐国  水若酢神社 島根県隠岐郡隠岐の島町
 由良比女神社 島根県隠岐郡西ノ島町
山陽道 播磨国  伊和神社 兵庫県宍粟市一宮町
美作国  中山神社 岡山県津山市一宮
備前国  吉備津彦神社 岡山県岡山市
 石上布都魂神社 岡山県赤磐市
備中国  吉備津神社 岡山県岡山市
備後国  吉備津神社 広島県福山市
 素盞嗚神社 広島県福山市
安芸国  厳島神社 広島県廿日市市
周防国  玉祖神社 山口県防府市
長門国  住吉神社 山口県下関市
南海道 紀伊国  日前神宮・國懸神宮 和歌山県和歌山市
 丹生都比売神社 和歌山県伊都郡かつらぎ町
 伊太祁曽神社 和歌山県和歌山市
淡路国  伊弉諾神宮 兵庫県淡路市
阿波国  大麻比古神社 徳島県鳴門市
讃岐国  田村神社 香川県高松市
伊予国  大山祇神社 愛媛県今治市
土佐国  土佐神社 高知県高知市一宮
西海道 筑前国  筥崎宮 福岡市東区
 住吉神社 福岡市博多区
筑後国  高良大社 福岡県久留米市
豊前国  宇佐神宮 大分県宇佐市
豊後国  西寒多神社 大分県大分市
 柞原八幡宮 大分県大分市
肥前国  與止日女神社 佐賀県佐賀市
 千栗八幡宮 佐賀県三養基郡みやき町
肥後国  阿蘇神社 熊本県阿蘇市一の宮町
日向国  都農神社 宮崎県児湯郡都農町
大隅国  鹿児島神宮 鹿児島県霧島市
薩摩国  新田神社 鹿児島県薩摩川内市
 枚聞神社 鹿児島県指宿市
壱岐国  天手長男神社 長崎県壱岐市
対馬国  海神神社 長崎県対馬市
  新一の宮   蝦夷国     北海道神宮 北海道札幌市
津軽国  岩木山神社 青森県弘前市
陸中国  駒形神社 岩手県奥州市
岩代国  伊佐須美神社 福島県大沼郡会津美里町
知知夫国  秩父神社 埼玉県秩父市
琉球国  波上宮 沖縄県那覇市
<「ぶらり寺社めぐり」に戻る>
「一宮(いちのみや)」とは、旧国内で最も有力(社格が高い)とされる神社のこと。
平安時代〜鎌倉時代(11世紀〜12世紀)にかけて成立した。
その起源には諸説あり、各諸国において由緒の深い神社、または信仰の篤い神社が勢力をもち、自然に生じた序列に従い決定したとする説が有力。

※2009年10月24日に、諸国一宮巡拝を満行しました。
社殿の部位等について
祭事等について
社格等について
本殿建築様式について
千木
鰹木
向拝
破風
妻・平
桁・梁
注連縄
本殿
幣殿
拝殿
楼門
随神門
狛犬
<平入>
神明造
流造
八幡造
権現造
<妻入>
大社造
春日造
住吉造
大鳥造
<その他>
日吉造
浅間造
隠岐造
例祭
祈年祭
新嘗祭
幣帛
大麻
紙垂
御幣
玉串
一宮
総社
式内社
官幣社・国幣社
近代社格制度
諸社
神宮
二十二社