利用ガイド / 写真の管理

  1. 写真のアップロード方法
  2. フリッカーアップローダー
  3. 写真に注釈を加える
  4. セットの作成と管理
  5. リサイズと入れ替え
  6. プライバシーとライセンス
  7. デジカメデータの非表示
  8. 写真の検索方法
  9. お気に入りアルバム
  10. さまざまなバッチ処理

写真のアップロード方法

メニューバーの Upload をクリックすると次のような画面になります。[参照」ボタンを押して手元のパソコンの画像ファイルを指定します。一度に6個のファイルを指定できます。

タグを記入するボックス Add tags for ALL these images が見えますが、ここでは省略して UPLOAD をクリックします。アップロードが終了するとタイトルと説明を記入する画面になります。

タイトルのあとの説明欄ではHTMLタグが使えます。文字を太字やイタリックに装飾したり、必要なら参照URLなども書き加えます。タグはスペースで区切って記入しますが、複数の単語による文字列の場合は「""」でくくります。日本語のタグも使えます。記述に問題なければ SAVE ボタンを押しておしまいです。なおこれらの記述はすべてアップロード後も修正可能です。

これで無事アップロードできましたが、次にフリッカーがセットと呼んでいる写真アルバム用のフォルダを作成し収納します。

フリッカーアップローダー

フリッカーは専用のアップロードツール Flickr Uploadr を用意しています。ファイルは右上の Your Account から Uploading Tools をクリックするとダウンロードページになります。現在登録されているのは Windows XP, 2000, ME and 98 および Mac OS X 10.3 or higher 用です。ダウンロードし解凍、フリッカーの UserID などを入力して自分用にカスタマイズします。

これは Windows XP による使用例で、エクスプローラを起動し画像を選んでアップローダーにドラッグ&ドロップしたところです。この画面でタグを記入、収納するセットを指定すれば自動的にアップロードできます。なお Windows XP 版用にエクスプローラからアップロードするツール Flickr via Windows XP Explorer も用意されています。手動でもアップロードはできますが、いずれも優れた便利なツールです。さらにアドビ社の画像処理ソフト Photoshop CS をお持ちでしたらぜひ以下の機能を利用することをお勧めします。

アップローダとは別に、あるいは併用すると便利なのが画像処理ソフト Photoshop CS の「ファイ情報」です。ドキュメントタイトル→タイトル、説明→説明、キーワード→タグ、という具合にテキスト情報がフリッカー対応しています。さらに著作権者なども記入しておけばよいでしょう。手元のファイルに情報が残るし、アップロードの際に説明記入が半自動でできます。

写真に注釈を加える

写真にマウスカーソルを置くと矩形の線が表示されるものがあります。これは撮影装備を説明した写真ですが、それぞれの道具に矩形の線がついていて、マウスを置くと吹き出しで説明が出ます。これはフリッカーの優れたシステムのひとつで NOTE(注釈)と呼んでいるものです。作り方は次の通りです。

アップした写真の左上の ADD NOTE をクリックすると正方形の点線が現れます。この線をドラッグし、指定したい画像の上に置き、そして黄色の吹き出しの中の Add your note here をクリックして注釈を記入、SAVE を押すだけです。なお他のメンバーに注釈をつけて欲しくない場合はメニューバーの Your Account から Default Photo Privacy を選択、Who can add notes & tags? のところで ◎Only You ラジオボタンにチェックを入れます。ただ、これは「誰がタグを付けられるか?」と連動していますのでその点は注意してください。

セットの作成と管理

メニューバーから Organize を起動し、次に画面右下の [CREATE A NEW SET] ボタンをクリックます。そして画面左側の花のサムネールを右の四角いボックスにドラッグ&ドロップします。

次に click to add title ボックスに Flower と記入、SAVE をクリックすると新しいセットFlower が誕生します。セットの説明文は後から加えることができますで、とりあえず空欄のままにしておきます。

孫悟空がアップした写真はまだ1枚で、セットも1個ですが、例えば筆者の花のセットは以下のようになっています。

無料アカウントだと作成できるセットは3個に制限されていますが、プロアカウントに昇格すると無制限となります。このセットからグループなどに投稿するなどさまざまな管理をするのが Organize で、これに習熟することがフリッカー遊泳術の鍵となります。

これは筆者の Organize 画面で、左側のあるサムネールがアップした写真です。過去に登録したものがすべて表示されます。これらのサムネールを右側のウィンドウに自分のセットと参加グループのサムネールにドラッグ&ドロップすることで管理するわけです。

リサイズと入れ替え

メニューバーの Upload をクリックするとわずか1枚の写真をアップしただけなのに13%となっています。送信した画像ファイルは 2.43MB 1920x2560ピクセルで、デジカメデータとしてはことさら大きいとは思えません。無料アカウントの場合、月にアップできるは20MBに制限されています。ですからたちまち送信できなくなるのは目に見えています。

さらに写真上の All Sizes をクリックして展開可能なサイズを見ると、オリジナルサイズが展開しないことがわかります。これらの問題はプロアカウントにグレードアップすれば一気に解決します。月々の転送可能画像容量は2GBで、トータルの記憶容量は無制限だからです。しかし、フリッカー上で展開する写真のサイズは長辺が500ピクセルです。ですからとりあえず無料アカウントで続けたい場合は、ファイルを削除、Photoshop などの画像処理ソフトを使ってリサイズし再登録する必要があります。蛇足ながらは画像縮小する場合はフリーウェアの「縮小専用」(ウィンドウズ用)がお勧めです。

プライバシーとライセンス

画面右上の Your Account から Default Photo Privacy を選択すると下記の画面になります。

誰が写真を見ることができるか?
  • Private: 非公開
    • Visible to Friends: 友人のみ
    • Visible to Family: 家族のみ
  • Public: 公開
誰がコメントできるか?
  • Only You: あなただけ
  • Your Friends and/or Family: 友人あるいは家族だけ
  • Your Contacts: コンタクトたち(後述)だけ
  • Any Flickr User (Recommended): すべてのフリッカーユーザー(推奨)
だれがノートとタグをつけられるか?
  • Only You: あなただけ
  • Your Friends and/or Family: 友人あるいは家族だけ
  • Your Contacts (Recommended): コンタクトたち(推奨)
  • Any Flickr User: すべてのフリッカーユーザー

すでにラジオボタンにチェックが入っていますが、変更したい場合はチェックし直します。なおこれは写真全般に関するデフォルト(初期設定)で、ここの写真に関しては別途設定が可能です。例えばこのは公開してもいいが、これは非公開にするとか…。次にアップロードした写真のライセンスの設定をします。同じく画面右上の Your Account から Photo Licensing を選択、さらに A list of all 6 licenses and their explanations をクリックするとクリエティブコモンズの6つのライセンスの説明画面になります。

これはあなたの写真を使用したい人に対する条件を記したものです。各マークの説明は以下の通りです。

  • 【属性】 原著作者のクレジットを表示しなければなりません。
  • 【改変禁止】 この作品を改変、変形または加工してはなりません。
  • 【非営利】 この作品を営利目的で利用してはなりません。
  • 【同一共有】 もしこの作品を改変、変形または加工してできた作品は、オリジナル作品と同一の許諾条件の下でのみ頒布することができます。

説明をよく読んだ後、 Photo Licensing に戻り、Select a default license ボックスから選択してセーブします。これは写真のプライバシー設定同様デフォルトですのでそれぞれの個別の設定が可能になっています。フリッカーの理念は「写真の共有」にあります。著作権を保持しながら、非営利のサイトに使ってもらうことをお勧めしますが、リスクも伴います。すべての共有を否定する場合は「None (All rights reserved)」を選びます。ライセンス設定を確認したい場合は写真上の [All Sizes] をクリックすると There is a Creative Commons license attached to this image. ボタンが表示されるはずです。これをクリックすると選択設定したライセンスの条件がわかります。

デジカメデータの非表示

フリッカーはデフォルトでデジカメ撮影による Exif データを表示します。Exif(Exchangeable image file format)は、富士写真フイルムが開発し、JEIDA(日本電子工業振興協会)で規格された画像メタデータのフォーマットで、以下のように機種から 撮影データに至るまでさまざまな情報が盛られています。

この情報を見られたくない場合は次のように設定します。画面右上の Your Account から Your privacy クリック、一番下の Hide my EXIF data? に対し Yes にチェックを入れます。

写真の検索方法

写真をたくさん登録すると、それらがいったいどこにあるかわからなくなることがあります。自分の写真ページ右側にある Search by tag のボックスにタグを入れて検索するのが一番簡単です。さらにその下にある三つの方法も便利です。

  • Your tags
  • Calendar
  • Archives

特に Your tags はフリッカーの優れた機能を遺憾なく発揮したもので、次のような画面が展開します。

自分が打ったタグがアルファベット順に表示されます。しかもたくさん打ったタグほど大きな文字という仕掛けになっています。タグを選択しクリックするとサムネールが展開します。さらにそのサムネールを選んでクリックするとお望みの写真が表示されます。さらにもう一つの方法は万能ツールともいうべき Organize から検索することです。Serch を開きます。

ここでは自分が書いたタイトル、説明、タグの中からフリーキーワード方式で検索可能です。さらに設定したタグが表示されますので、これにチェックを入れることによっても検索が可能です。打ったタグやつけた説明を忘れてしまった場合は Browse に戻ります。

画面下にあるのは過去に登録した写真を時系列的に棒グラフにしたものです。マウスカーソルを持ってゆくと期間ごとのファイル数と年月日が表示されます。いつごろ撮ったものかわかれば、当該ブロックをクリックするとサムネールが展開します。これによって視覚的に写真を探すことが可能です。

お気に入りアルバム

お気に入りの作品があったら写真左上のadd_to_favesをクリックするとa_faveとピンク色に変化します。これで自分の写真ページの Your favorites をクリックするとお気に入りアルバムが展開します。

このように1ページにつき36枚の写真が掲示されますが、右上に View as slideshow とあるようにスライドショーでも閲覧できます。なおこのアルバムは誰でも見ることができ、写真のお好みがわかって興味深いものがあります。逆にH画像ばかり集めたりするとバレますからご注意を(^^; お気に入りを解除するには、サムネールをクリックし写真を表示、ピンク色の をクリック、元の ☆ に戻せばOKです。

さまざまなバッチ処理

バッチというのは「束」という意味です。さまざまな作業を一括処理することをバッチ処理といいます。フリッカーではタグ付けや写真の属性に関してこのバッチ処理ができます。メニューの Yours をクリックして自分の写真ページを開きます。ここでは1ページに対し10枚の写真が表示されているはずです。右側の Edit this group of photos as a batch?Edit these as a batch? をクリックすると1ページ10枚の写真に関してタイトル、説明、タグの編集ができます。さらにこの画面から Batch Operations に切り替えると次のようなページになります。

チェックが入ってる写真に関し一括してタグの付加、プライベート/パブリック属性の変更、さらに一括削除ができます。ただし WARNING とあるように一度削除すると戻りませんので注意してください。この画面がバッチ処理の基本で、例えば作成した写真セット(アルバム)の edit からも Batch Operations に切り替わりセットの写真の一括処理ができます。写真を検索する際に Organize が優れてると説明しましたが、バッチ処理もできます。

Browse 画面から写真をポストした期間を指定し(指定せず全ファイルでも可能)、さらに batch operations をクリックした画面です。ここでは表示写真すべてにたいし 新しいセットへの挿入 既セットへの挿入 プライベート/パブリック属性などの許可条件の変更 タグの付加 削除 などができます。

利用ガイド目次に戻る

Flickr Nihongo Guidance