成田裏道歩き
門前町成田のもうひとつのまち歩き
[Narita Alley Walking]

トップページまち歩きマップコース案内まち案内開催日ふれ成紹介
 English


『山あり!谷あり!裏道細道むかし道』

江戸時代の中頃から 人々は盛んに旅するようになり

神社や寺を参拝するついでに  物見遊山を楽しむようになりました。


江戸からの旅行者は だいたい3泊4日で成田詣にでかけました。

さくら道 あじき道 なめかわ道 かしま道は 成田詣(なりた道)の街道です。

明治から大正になると 鉄道が敷かれたり チンチン電車が走るようになりました。

成田山に隣接する7町内(花﨑町・上町・幸町・仲之町・田町・東町・本町)には

その頃の道が今も残り 生活の中に溶け込んでいます。

起伏ある特異な地形の門前町の裏道は 狭く迷路のように繋がっています。

歴史やロマンに触れ タイムスリップした気分を味わいながら

歩いてみませんか・・・



まち歩きマップ

[以下のマップは、googleからインターネットを接続すると見られます]

[以下の手書き地図をクリックするとPDF画像印刷できます] 
 

コース案内

   
  



※ゆっくりペースで見学等を含みますが個人差がありますので
時間等には余裕をお持ちください!



   毎月まち案内開催中   どうぞ御気軽に参加ください             ここをクリック!

      
      

 シリーズその1「 新道・新々道を歩く」
 シリーズその2「新道・新々道を歩く」
 国指定有形文化財大野屋旅館見学と食事

☆イベントのお知らせ☆
第33回 『成田裏道歩き』 

開催日平成30年6月22日(金曜日)

『東参道・根木名川・寺台城址コース』


表参道から 見え隠れする起伏ある裏道

成田の歴史文化自然を楽しむ

ブラリ散歩・・


今回は、成田山新勝寺の東参道「寺台地区」を散策します。
 
成田山の裏山から連なる「寺台城址」は室町時代の頃の「土の城」で、
山頂からの眺めは良く、眼下に田園、川、遠山や中郷の山々が望めます。

古くより、鹿島往還寺台宿といって、
千葉、佐倉より香取鹿島神宮への道路に当たったのと、
根木名川水運の利用による「宿場町」として、成田町より賑わっていました。

根木名川にはいくつか河岸があり、
ここから長沼を通り利根川に通して交易が盛んでした。
川沿いには、「黒川河岸跡」の史跡があります。

 曹洞宗保目山永輿寺があり、明治6(1873)年、
この寺に成田で初めての小学校「東谷小学校」や、
最初の役場も置かれ、教育、文化の中心地でした。

しかし、明治の終わりに成田に鉄道が敷かれると 
水運や宿場の役目も終わり、静かな参道となりました。

さてさて、川面の風に吹かれながら 
あなたも、遠い昔の栄華にふれてみませんか(^^)/







歩行距離 約3km

小雨決行

集合場所  JR成田駅観光案内所前9:45集合

JR成田駅 権現山10:00出発→根木名川→永興寺
→根木名川・黒川河岸→保目神社→寺台城址
→成田山12:00頃解散


 参加費   300円(資料・保険代等)
申し込み   先着30人 ※住所・氏名・年齢・電話番号を添えて
 申し込み先   ふれ成事務局もてぎ 080 1194 1800 
           メールアドレス  flenari2013@gmail.com  

今まで開催された「まち歩き」の様子も是非ご覧ください!


 Copyright© 2015 成田裏道歩き All Right Reserved