トップページへ  牽引運転メニューへ

          トレーラー運転技術
ホイールがはずれましたって方 時々いらっしゃいますけど ちょっと恥ずかしいです
そんなの関係ねー 俺は大丈夫さ よく解っているし 走り出しはチェックをマメにやっているから
という方はきっとOKでしょう  でも 何でホイールはずれるの? と思っている方は読んでみて


締り勝手 について
工場設備の安全基準では 機械の人間に対する安全性を確保する為に 事細かく様々な基準が決められています
そのなかの 軸の回転運動を伴う機器類の回転部分の設計製作に関しては
「 締まり勝手となる様な構造 および ボルトナットの選択をする 」と言う様な文言の記載が有ると思います

これは回転を伴う機構部分では 回転してバラバラになるしくみを持っていたとしたらメンテナンスも大変ですし
うっかりミスが事故につながる可能性が大きくなるからで
締まり勝手とする事で 動作して回転をしたら緩む方向では無く、締まる方向に作用する機構を準備しなさい
と言うことです

これを守ることで安全が確保されるのだから クルマ用のホイールもこうあってほしいと思います
でも実際は違う 右よりも左側は緩み易いと聞いた事もあるでしょう
クルマのホイールを考えてみます


通常のボルト・ナットのネジ類は
  CCW方向で緩み  CW方向で締まります

    



トレーラーが前進するときの右側タイヤは CW方向へ回転します

トレーラーの右側ホイールは
   
ですから 進むと 締まります

ホイールの回転方向と ネジの締まる方向が一致しているため 緩みは発生しません


では 反対側の左のホイールは
トレーラーが前進するときの左側タイヤは CCW方向へ回転します

トレーラーの左側ホイールは
   
ですから 進むと 緩みます

ホイールの回転方向CCWと ナットの緩み方向CCWが 同じ回転方向となるため緩み易いのです


機械屋の設計では ここは逆ネジを選択して
左側のホイールがCCW回転したときに 締まる方向の逆ネジを採用したいのでは無いかな
でも左右のネジが反対向きというのは、自動車メーカーにとって生産性が落ちるからやらないのかな

いろいろと調べてみたら
大型車のトラックなどは 右ホイールは右ネジ、 左ホイールは逆の左ネジのナットで締めているそうです
また
F1マシンでは 右タイヤは回転方向が時計回りなので普通の右ネジ、 左タイヤは反時計回りなので逆の左ネジです

実例としてトラックなどがそのように出来ているのだから それなりに説得力が有るのだけど
いまいち理由がよく解らない

扇風機を例に考えてみると ファンを固定しているネジって逆ネジですよね
当然、緩みを防止するために締まり勝手に作られているのだから あれっ? ホイールとは逆じゃないの?

そう考えると良く解らなくなってしまうけど こうを考えてみるとスッキリします



 ←この丸はホイールの中の穴の1つです
 そして青塗りの丸は、ホイールを固定しているナットのテーパー部分で
 ホイールの穴に触れる部分です

 実際にこんなに大きな隙間が有るはず有りませんが
 解りやすくする為に隙間を大きく書きました

いまここで車体右側のホイールと考えると 前進してホイールがCW回転した場合 
ナットのテーパー部分はホイール穴に触れて引きずられてCW回転をします よって締まります

丸いリング状の中に丸いモノ入れて回してみると実験出来ます

反対の車体左側のホイールと考えると 前進してホイールがCCW回転した場合 
ナットのテーパー部分はホイール穴に触れて引きずられてCCW回転をします よって緩みます


クルマもホイール交換した後は、少しは走って緩みをチェックして必要なら増し締めをするのが当然です

トレーラーも同様に走る前,少し走ってからと こまめにチェックが必要です
だからトレーラーには、レンチが必需品です


トップページへ  牽引運転メニューへ