白糸の滝

 

 

 「白糸の滝」は落差24m、決して大きな滝ではありませんが、真っ白な飛沫を上げて流れ落ちるさまは見応えがあります。滝の周囲には、樹齢300年以上といわれる3本の万龍楓(ばんりゅうかえで)が自生しています。
 平成7年には「白糸の滝ふれあいの里」が整備され、滝を中心に滝見水車や玄界灘を望む展望所、四季の茶屋などがあり、訪れる人たちの憩いの場となっています。また、滝から流れる川ではヤマメが放流され釣りを楽しんだり、釣ったヤメメをその場で塩焼きで食べることもできます。夏場は竹で作ったトイに冷たい水で流して食べる流しそうめんの味は格別です。

 

 

白糸の滝ふれあいの里

 

 

 

2008.8月

 

2008.4月

 

 

6月の滝開きの頃には紫陽花が

2008.6月

 

滝見水車

 

 

 

四季の茶屋

 

名物そうめんちり

 

ヤマメの釣り

 

イケスのヤマメ

滝開きイベント中は、イケスに生かしたヤマメを塩焼きで食べたり、竹のトイに冷たい水を流した「そうめん流し」を楽しむことができます。ヤマメ釣りは1回2,000円で数匹持ち帰ることができますし、その場で炭火で焼いて食べることもできます。

 

2008.8月撮影

(白糸の滝ふれあいの里)
    
四季の茶屋 営業時間 9時〜17時 駐車場有り
    電話番号 092−323−2114
 

◆アクセス
公共交通:JR筑肥線・筑前前原駅下車後、昭和バス「白糸の滝行き」終点下車(バスは約30分乗車。便数が少なく、最終バスも早い時間に終わるので運行時間に注意)
自家用車:県道49号線八反田交差点より県道12号線を南へ5km
◆駐車場 約100台

 

 

 

Copyright (C) 2004-2009 オ・ヤ・ジのFishing Life. All Right Reserved.