第1回 琵琶湖ロクマルを狙う

あなたのキノコ私にください。

学生のためのボケ不定期オフ会。
第1回ついに始まりましたよ!

 

どうも!今回、筆を執るのはご存知ビックリマン高田です。

 

今回はロクマルを本気で狙おーぜ☆

的なノリで学生が琵琶湖に集合しましたと。

 

とりあえず今回のメンバー紹介から。

写真はウェーディングスタイルでね。
タックルは皆XHとかHの剛竿なので省略。ロクマルしか眼中にありません☆

 

Pちゃん

ブログBASS HUNT!!の管理人。
京都に巣食う大学生。どんなネタも下ネタに絡めてくる兵。
ウナギをラバージグスレで釣り上げる外道キングでもある。

・使用ウェーダー
定価12000円を5000円で買ったお得ナイロンウェーダー

 

ビックリマン高田   別名マエ田。前田ではない

Fish Cellarを管理する廃人高校生。
なぜか今回は前のHNマエストロ高田を略してマエ田とPちゃんに名づけられ全員にそう呼ばれる。
Pちゃんに最後の方はビックリマ●コとも呼ばれていた。
実はM。服をすぐに脱ぎたがるのは中学サッカー時代の悪影響。

・使用ウェーダー
海パン

 

おばQ

東大阪に潜んでいる大学生。
釣りは抜群に上手い。
下ネタも適度に入れる。
だが今年の加古川の大会はあまり調子がよくないらしい。

・使用ウェーダー
今回のために新調したナイロンウェーダー

 

紫龍

静岡から京都に引っ越してきた大学1年生。
週末は釣りに行きまくってたため、今まで5回しかデートしたことないにも関わらず
彼女と3年も続いてる凄い人。
でも実は彼女のほうが凄いのはいうまでもない。

・使用ウェーダー
ビックリマン高田の穴あきナイロンウェーダー。

 

 

という4人で今回はやっていくわけですけども。

とりあえずPちゃんはバイトで終電でしか来れないということで他の3人で夕方17時に駅前集合。
紫龍とおばQは普通に上手いバサー。当然オシャレな格好で着た。

クソな高田は海パン+タンクトップ+ライフジャケット+竿を裸で持ってくるという可哀想な格好で電車に乗って来た為のっけから浮く。
視線は浴びてナンボじゃい!

 

とりあえずコインロッカーに荷物をぶち込んで琵琶湖へ歩き出した。

適当にしゃべりながら歩いていると雑魚キャラ的水路を発見。

 

ギルが居るのでバスも居るだろうと判断し、とりあえず全員ジグを投げ込んでみる。

 

早速紫龍が

 

バレた!!

 

う、デカイ?

 

「いやヘビ

 

はっ

 

「ヘビがジグ食ってきたよ」

 

あ、確かに居るね

早速高田もスライディングジグを放り込んでみると

 

食った!しかも凄まじいバイト!

 

少し飲ませてあげてくると・・・バレた。

 

どうやらガードのせいでフッキングが決まらなかったらしい。

残念、無念。

 

歩いて浜に到着。

本命のポイントじゃないので水に少し浸かってチェックすることに。

ちなみに高田は紫龍にウェーダーを貸しているために今回は海パンで挑戦する。

 

ちょ〜気持ちいい!
周りのバサーの視線が!

 

つーか7月の頭ってそんなに暑くないんよ。水冷たい。

ここで高田がデスアダーで1尾バイトをとるもフックの2重かかりでバラシ。 

その後はまったく無反応だから歩いて本命の浜に到着。

 

少し暗くなってきたので本格的ウェーディング。

 

うん。風が強い!
波立ちすぎ!

 

下は海パン。上はタンクトップにライフジャケットの高田は凍え死にかける。
オマタに穴が開いてるウェーダーを装備してる紫龍はおしっこ漏らしたみたいな形になる。
おばQは集中して投げ続けたもののノーバイツ。

 

なんか10時とかになったので近くの水路でトップ鯰ゲームを試みるもノーバイト。

そんなこんなで時間は11時。

 

そろそろPちゃんを迎えにいかなければならないのでそれまでマクドで待機することに。

 とりあえず皆食いながら雑談するものの

高田は海パンが濡れたままなので凍え死にかける。
紫龍は眠さに負けてスーパーローテンション。
おばQは普通に大丈夫みたいな。

 

時間になったのでPちゃんを拾いに駅へ向かう。

眠い紫龍。駅には誰もいない。

 

少し待ってると終電が到着。

 

隠れて驚かそうとワクワクして待ってると・・・って降りてこねーじゃん。

 

高田「もしかして電車乗り遅れた?」

おばQ「アイツはへたれやからありえる。というか多分バイトで疲れてるから登場からやる気ないんちゃうか?」

 

とか話してると一番最後に降りてきた。

 

「眠い。」

 

ホントだぁーー(爆)

 

夕飯をとるために1時に王将へ入店。

 

会話の内容はコンドームとワキガの話だった気がする。

実は高田が寒さで死んでたのでいつものクオリティを発揮できず、Pちゃんがボケてもツッこんでもいないし正直覚えていない!

Pちゃん、スマン。

 

1時半に夕方の浜に到着。

 

風がやんだ。

 

ロクマルが目の前に居ることをを想像したらやる気が出てきた。
うん、寒くない。雰囲気的に大きい奴釣れそう。

 

ここで高田スーパーハイテンションモード復活

Pちゃんもやる気復活

紫龍、眠気が飛ぶ!

おばQ 最初から冷静かつやる気ある。




「なんか水臭いね」

「ワキガだろ?」

「あっ俺も言おうと思った」


うんアホ




「s●xより実は一人のほうが気持ちイイよね」

「確かにね」


うんアホ




「●●●のリールはカッコイイけどデザインがクソ。つーか●●●は釣りすげー上手いけどセンス疑うよ。」

「●●●は●●●に圧倒的に負けてる」



(この会話書くと俺の命がヤバイので省略)




なんてアホ話を永遠としているとPちゃんが叫んだ

 

「食った!」

 

マジですか?もしかしてロクマル?

「そんなわけないじゃんw」

と上がってきたのは・・・

 

ヌメヌメローションキャット

 

いや、この状況でキャットって逆にすげーよ。
トップならまだしもワームで。

さすがウナギをスレで釣った外道王

ヤバイ

 

 

キャットってエロイね☆

その後、ピンクな話をしながら投げ続けているとなんと

 

 

朝になっちゃったよ・・・
釣り方もエリアも間違ってないと思うんだけどな〜

敗北

 

つーか寒い!

7月の頭ってこんな寒かったっけ・・・

そんな中海パンで一夜を乗り切った高田は

死にそうになったのでタオルに包まれ救助される・・・

が!

テンション低下を超えて一回り。スーパーハイテンションに

 

スイミングIN琵琶湖☆ちなみに朝4時半。

うっはーい。

琵琶湖は俺のもんじゃい!

ガチガチ歯を震わせながら平泳ぎ。

多分、今この瞬間、琵琶湖で泳いでるの俺だけ。俺最強!

周りのウェーダーマンは冷たい目で見ていた・・・

つーか水に濡れたせいで携帯動かんし・・・




そんでPちゃんもテンションUP

ウェーダーで水中を走り回っていると

「うぇ、濡れた」

ウェーダーの上部から浸水してんじゃん。

 

注・かなり危ないのでこのアホの真似はやめておきましょう。命落としても責任とりかねますよ!

 

朝6時。近くの漁港へ移動。

ここで高田ダウン。

泳いだせいで寒さにやられた。

防波堤で寝そべり身体を乾かす。
ついでに携帯も。

その間にPちゃんはXHロッドでギルを3尾釣る。
こういう釣りはすげー上手い外道王

紫龍は眠さで死んだ。

おばQは剛竿でファットセンコー3インチを操りとにかくバスを狙う。

で、バスは釣れず腹が減ったのでPちゃんとおばQがコンビニへ買出し。

高田は買ってきてもらったスパゲッティを食べてスーパーハイテンション復活。
上も脱いだ

 

 

 

五島のゼラチンマンがやっていたゼラ体操(上級)でウォーミングUP



漁港の角に50UPと45くらいの発見

Pちゃんのジルバ140のトゥイッチに強烈な反応を示すもバイトまで至らない。
惜しいPちゃん



こんなとき百戦錬磨のおばQなら釣れるかもしれない・・・

って思ったらおばQは野良猫とジャレている。

紫龍はローテンション。つーか竿しまってるしw

Pちゃんはコンタのダウンショットにチェンジ。
ここで高田はコンタを1本貰った

すげー淫らな動き。

コレ釣れるでしょう!



と期待するものの無反応





これでダメなら最終手段・・・

ブルーギル!!

とりあえずブルーギルを釣って調達。





・・・スマン。すげー時間かかった。
俺ギル釣り下手だわ。

まぁそういうルアーとかタックルとか持ってないせいもあるんだけどね。




結局ライブベイトを投入したのが撤退10分前。

1度50UPがギルの目の前まで寄ったものの



見切りやがった・・・

時間になったので餌のギルをネコにやって撤退。






結局バスは1尾も釣れず駅へ向かう4人

そのまま解散。



となるはずだったが

 

帰り道の小川に大量のカワムツ発見!

 

テンションが上がるPちゃん、おばQ、高田

でも・・・




そんなタックルもってねー

とりあえず全員XHロッドにワームで狙うも釣れる気配なし。

高田はパンを投入するも溶けてなくなった・・・




次回リベンジを誓う。




駅にもどってきたアホ4人。

あきらかに浮いてるけど気にしない。

コインロッカーから荷物を引きずりだし、高田は着替える。

駅の改札を通り遂に今回の釣行が終わった。

 

 

電車の中で

Pちゃん、おばQはうとうと。そりゃそうだろな。

紫龍は立っていたため、寝てなかったものの疲れ果てていた。

で、高田はメールで

「今、12時半なんで、地元の駅に帰るのが1時半です。急いでいきますんで2時駅前コンビニに集合で」

なんと野池ガイドの予定が入っていた(爆)

 

Pちゃん、おばQ、紫龍は翌日講義だったらしいし高田は文化祭。

皆、支障をきたさなかったらいいけど無理だろうね。

 

 

学生の釣りなんてそんなもんさ☆

 

 

じゃあ今回はこんな感じで〆ようか。

今回はスマン。次回に期待ということで。

第1回 おわり☆

もどる?

ハイ