私の庭へようこそ。
ここをお訪ね下さるのですから、あなたの爪は先が曲がるほど長くはなく、気にしながらもソバカスのある陽に焼けた肌の、つまり庭を作り花を咲かせることの大好きな方だと存じます。      

  私たち素人園芸家にとって思い描いたとおりに咲いた花に囲まれる至福の時はもちろんのこと、つらい作業もそこそこ愉しいものなのです。
でも、一番愉しいのは同じ想いの花好きが訪ねて下さった時です。
時間を忘れ話はつきません。
      



 



























 訪れる人のいない庭は食べる人のいない料理のようなものだと思います。
だんだん温かさが薄れ、やがて無用でもてあまされる存在になってしまうでしょう。だから、お訪ね下さって本当に嬉しいです。
   
 表紙の写真  2016/08/25

  ステファニア ヴェノーサ (Stephania venosa) ツヅラフジ科

 怪しげな塊から優しいハート型の葉が出てくるおタッキーな植物。
もちろん超マニアックな乙庭さんから数年前に購入した鉢です。この辺ではこんなモノ売っているお店はまずないですから。
タイ原産で、現地では奇妙な塊根は土の中に埋まっているのだそうです。大きいものは1米を越すとか。写真の塊根は15㎝ほどです。
気温が上がると物凄い勢いで蔓が伸びて、黄色いどうということもない花が咲きます。
この鉢は道路際に立てた枕木の上に乗せてあります。ここは風の通り道ですから伸び過ぎた蔓は根元から千切れてしまうことが多いのです。あまり伸びると時々短くカットしています。
 先日このあたりで一番大きな花苗屋さんに行った時、このステファニア君が展示されていました。
お値段ナント12,000円! それより驚いたのは名札に「宇宙いも」と書かれていたのです。
「宇宙いも」
なンか、ステファニア ヴェノーサよりもぴったりだなア~
ところがスマホで検索すると(こういう時やっぱりガラケーよりも役に立ちます)「宇宙いも」は別の植物の食用になるむかごのことでした。
ステファニア君がもたもたしている間にピッタリの名前を登録されちゃったのね。それにしても、大手の花屋さんが名前間違えるなヨ!

 私は来月、「名古屋B級グルメの旅」を計画しています。
家の近所に高崎一美味しい「さんぷく」さんと言う鰻屋さんがあるのですが、鰻重はお値段高騰のうえ、それまで2切れ載っていた鰻が1切れ半になってしまったのです。
(そうだ「ひつまぶし」ならばもう少し安いだろう)
と考えて本場名古屋に食べに行く旅を思いつきました。名古屋までの新幹線代で何杯も食べられるけれど、そういうことは考えないところが私の美点です。さらにこういうバカな計画に乗る友人がいることも私の仁徳ですね~
え? バカは群れる? 
 で、その「ひつまぶし」の登録商標も数ある鰻屋さんのどこが最初かでモメているとか。商標で売れるかどうかはかなり左右されるのですもの、ドンピシャの名前は取り合いになっても無理ありません。
どこが元祖ひつまぶしかは知りませんが、9月のバラ夏剪定が終わったら行ってきます
「ひつまぶし・櫃まぶし」はアナグラムで「ひまつぶし・暇潰し」です。
いや~ 私たちにぴったりのネーミングです。
       
          What's New !

   組み合わせの面白さ(2016/06/13)
   皇居のさくら 隅田川のさくら(2016/04/28)
   時は流れて (2016/01/07)
     
         
             INDEX  
  (写真をクリックするとその季節のベストシーンに変わります)
    

 春 La Primavera (2015/05/29)
 私の好きな薔薇 ('11~ )
 春は花から花へ ('03~'06)
 春はパステルカラー ('02/05)
 春の山野を移す ('01/05)
 薔薇の名前 ('00/07~01/6)

   
  



突然ガーデニングに目覚めた
  おじさんへのメッセージ('02/09)

夏は白い花 ('01/08)
したたる緑 ('00/09)
                            



 秋のコンテナ ('03/11~'04/11)
 最後の装い ('02/11)
 秋の気配 ('00/10)   
  


 
 温暖化の庭への提言
        (2011/02/25)
 クリスマスローズ('05/03)
 冬のコンテナ('04/01~04/12)
 ロックガーデン ('01/01)
  



 花がより美しく見えるように一年中緑の西洋芝を育てています。


芝生のチカラ ('08/04/~'08/06))
西洋芝の庭  ('03/02~'04/02)
超温暖化でも西洋芝!(2012/09/01)
   


「寄稿」仲間と農園合宿(2015/12/05)
庭作りをしながら頭をよぎる余談の数々。時にはレトロな思い出も。
雨の日の暇つぶしです。


よろしくご検討を・・・(2015/07-18)
日々庭で起きるささやかな事件の報告。
         どうでもいいことばかりです。




 無料カウンター 人目のお客さまへ
        (since 2014/06/13)

          ご連絡は
             fish までどうぞ