私の庭へようこそ。
ここをお訪ね下さるのですから、あなたの爪は先が曲がるほど長くはなく、気にしながらもソバカスのある陽に焼けた肌の、つまり庭を作り花を咲かせることの大好きな方だと存じます。      

  私たち素人園芸家にとって思い描いたとおりに咲いた花に囲まれる至福の時はもちろんのこと、つらい作業もそこそこ愉しいものなのです。
でも、一番愉しいのは同じ想いの花好きが訪ねて下さった時です。
時間を忘れ話はつきません。
      



 

















 訪れる人のいない庭は食べる人のいない料理のようなものだと思います。
だんだん温かさが薄れ、やがて無用でもてあまされる存在になってしまうでしょう。だから、お訪ね下さって本当に嬉しいです。    

 表紙の写真  2016/06/26

   ツクシカラマツ(筑紫唐松草) キンポウゲ科

 丈20㎝ほどの小さなカラマツソウです。
初夏に1ヶ月近くも咲いているので、花の少ない時期のグランドカバーとしてなかなか優秀です。ただ、冬は葉が無く発芽も遅いのが難点ですが。
山野草として一見気難しそうですが、丈夫で良く増えます。
   
とまあ、色は地味ですがこんな具合に沢山咲いています。
ここは春一番にはシロバナノエンレイソウが、次に日本サクラソウ、そしてこのツクシカラマツと日本の野に咲く花が続きます。
ツクシカラマツよりも見て欲しいのは西洋芝です。
きれいでしょう?
今が最盛期、梅雨明けからだんだん汚くなってゆきますから、今月が見納めです。

  
とうとうシンフォニーガーデンの樹木の植栽とオーナメント設置の工事が始まりました。本当に長い間待っていたので、こんなに嬉しいのは何年振りかというほどです。 
駐車場との境も、列植しないでランダムにコニファーと灌木を植えます。
その上さらに嬉しいことには、上の写真の左上に写っている道具小屋を新しくしてもらえることになりました。10年前のこの小屋はボロボロで、戸が外れてブロックで押さえています。
道具小屋は無いと非常に不便で手入れがスムーズに出来ません。ガーデンのメンテナンスは、実にさまざまな道具が必要なのです。
またまた予算の都合で、私たちの希望した小屋ではないようですが、スチール物置でさえなかったら贅沢は言いません。

 工事が終わるといよいよバラの植え付けをします。
バラの移植の適期ではありませんから、根が鉢にしっかり回って底穴からも出てきているようなバラから順次担当さんが植えつけます。
私の心配は、ボランティアさんは水やりが好きで、暇さえあれば水を撒いていることです。
草花はともかく、バラは木ですから水やりは最初の数週間だけで、あとはよほど乾いたり気温が40度近くなった時だけでいいのです。根は水を求めて伸びますからいつもいつも湿っていたのでは地中深い根張りは望めません。
今日、軽井沢のレイクガーデンに行くと、たまたま大野耕生さんがガーデンで話をしていました。数年前は彼の講演は入場料の他に別料金が必要でした。なぜか今日はタダなので人ごみの後ろで拝聴しました。
相変わらずキザで、ガーデナーのくせに派手なネイルアートをしていたけれど、さすがに話はためになりました。
「地植えのバラの水やりはほとんど不要です。皆さんはかまい過ぎです」
というくだりなど、つくづくシンフォニーガーデンのボランティアさんに聞かせたかったと思いました。
地植えのバラや樹木にむやみに水をやらないで下さいね!!!
       
          What's New !

   組み合わせの面白さ(2016/06/13)
   皇居のさくら 隅田川のさくら(2016/04/28)
   時は流れて (2016/01/07)
     
         
             INDEX  
  (写真をクリックするとその季節のベストシーンに変わります)
    

 春 La Primavera (2015/05/29)
 私の好きな薔薇 ('11~ )
 春は花から花へ ('03~'06)
 春はパステルカラー ('02/05)
 春の山野を移す ('01/05)
 薔薇の名前 ('00/07~01/6)

   
  



突然ガーデニングに目覚めた
  おじさんへのメッセージ('02/09)

夏は白い花 ('01/08)
したたる緑 ('00/09)
                            



 秋のコンテナ ('03/11~'04/11)
 最後の装い ('02/11)
 秋の気配 ('00/10)   
  


 
 温暖化の庭への提言
        (2011/02/25)
 クリスマスローズ('05/03)
 冬のコンテナ('04/01~04/12)
 ロックガーデン ('01/01)
  



 花がより美しく見えるように一年中緑の西洋芝を育てています。


芝生のチカラ ('08/04/~'08/06))
西洋芝の庭  ('03/02~'04/02)
超温暖化でも西洋芝!(2012/09/01)
   


「寄稿」仲間と農園合宿(2015/12/05)
庭作りをしながら頭をよぎる余談の数々。時にはレトロな思い出も。
雨の日の暇つぶしです。


よろしくご検討を・・・(2015/07-18)
日々庭で起きるささやかな事件の報告。
         どうでもいいことばかりです。




 無料カウンター 人目のお客さまへ
        (since 2014/06/13)

          ご連絡は
             fish までどうぞ