私の庭へようこそ。
ここをお訪ね下さるのですから、あなたの爪は先が曲がるほど長くはなく、気にしながらもソバカスのある陽に焼けた肌の、つまり庭を作り花を咲かせることの大好きな方だと存じます。      

  私たち素人園芸家にとって思い描いたとおりに咲いた花に囲まれる至福の時はもちろんのこと、つらい作業もそこそこ愉しいものなのです。
でも、一番愉しいのは同じ想いの花好きが訪ねて下さった時です。
時間を忘れ話はつきません。
      



 

















 訪れる人のいない庭は食べる人のいない料理のようなものだと思います。
だんだん温かさが薄れ、やがて無用でもてあまされる存在になってしまうでしょう。だから、お訪ね下さって本当に嬉しいです。
        
 表紙の写真   2017/01/15
      
   ヘレボラス ニゲル(Helleborus Niger) キンポウゲ科

 上は昨日の写真で下が今朝の写真です。
せっかくきれいに咲いたのに!
 
日本国中寒波に覆われて、ここ高崎にも少々雪が降りました。
「年中みかんのとれる町」がウリの三重県。娘の住む町にも雪が降りました。冬でも暖かくて(それしか取り柄がないと思われるのですが・・・)雪は滅多に見られません。
大さわぎで作った雪だるまの写真が添付されたメールがきましたけど、何だかショボイ雪だるま君で、いまにも融けて無くなりそうです。

 この頃、私の攻撃の矛先はこらえ性の無くなった天気に集中しています。暑さも寒さも極端で、それが時期を選ばず来るので季節感がめちゃめちゃです。「美しい四季ある日本」のキャッチフレーズが使えないではありませんか。
これって、あの成人式に安物の七五三衣装を着て式典をめちゃめちゃにするヤンキーそっくりです。我慢が利かず目立ちたがりでその上根性無し。
この頃のバカ天候ヨ、お前はヤンキーか!

 ニゲルは「クリスマスローズ」と呼ばれるヘレボラスの原種で、その名の通り暮れから咲き始めました。花期がずっと遅い交配種も次々と蕾が上がってきます。冬には冬の楽しみですね~
  
上の写真のヘレボラスは交配種ですから名前がありません。実生を育てても同じものが出ません。交配種はケチらずに少々お高くても美しいものを選んだ方がいいと私は思います。その辺でランチをすればすぐに何千円にもなるのに、おばさんはバラやクリスマスローズにお金を掛けたがりません。
ランチ食べても太るだけなのに!

 写真のヘレボラスは葉の美しいものを選びました。大抵のクリスマスローズは彩度の低い暗い緑色の葉が多いのです。
寒い冬が見せ場ですから、明るく目立つ葉を選ぶのも冬を楽しむコツです。

 植木屋さんが入って、剪定の終わった樹木を見ていて思いました。






   








オリーブの剪定の仕方を口で伝えても、左の木を右のように切り詰めることが出来る人がどれだけいるでしょうか。植木屋さんだって、私が下でガミガミ注文をつけたから出来たのです。オリーブは良く茂るし強剪定に耐えるので思い切って剪定しないと台風の季節に耐えられません。ただし、これは庭木としての剪定で実を成らせたいならばまた違った剪定をします。
 冬に咲く花、冬も緑を保つ植物、冬に存在感を際立たせる常緑樹など、このあたりの気候で楽しめる冬の庭作りをどれだけの人が知っているのか。
夏がメチャクチャに暑い近年の庭は、秋や冬もそれなりに楽しまなければモトが取れません。固定資産税高いですから。
というわけで2月下旬か3月初め、74本のバラの剪定施肥が終わったら
「冬のオープンガーデン」
を計画しています。庭木やバラの剪定も見て頂きたいポイントです。

なになに、
「こんな寒空に花もない庭を見に来る物好きなンていないヨ!」
ですって?
いやいや世の中には変わり者がいるのですヨ
なにしろ私の新年の抱負は「ガーデニングの池上彰」を目指すことです。
沢山のガーデナーが
「そうだったのか!」
と言って下さるように日々精進いたしましょう。

       
          What's New !

   組み合わせの面白さ(2016/06/13)
   皇居のさくら 隅田川のさくら(2016/04/28)
   時は流れて (2016/01/07)
     
         
             INDEX  
  (写真をクリックするとその季節のベストシーンに変わります)
    

 春 La Primavera (2015/05/29)
 私の好きな薔薇 ('11~ )
 春は花から花へ ('03~'06)
 春はパステルカラー ('02/05)
 春の山野を移す ('01/05)
 薔薇の名前 ('00/07~01/6)

   
  



突然ガーデニングに目覚めた
  おじさんへのメッセージ('02/09)

夏は白い花 ('01/08)
したたる緑 ('00/09)
                            



 秋のコンテナ ('03/11~'04/11)
 最後の装い ('02/11)
 秋の気配 ('00/10)   
  


 
 温暖化の庭への提言
        (2011/02/25)
 クリスマスローズ('05/03)
 冬のコンテナ('04/01~04/12)
 ロックガーデン ('01/01)
  



 花がより美しく見えるように一年中緑の西洋芝を育てています。


芝生のチカラ ('08/04/~'08/06))
西洋芝の庭  ('03/02~'04/02)
超温暖化でも西洋芝!(2012/09/01)
   


「寄稿」仲間と農園合宿(2015/12/05)
庭作りをしながら頭をよぎる余談の数々。時にはレトロな思い出も。
雨の日の暇つぶしです。


組み合わせの面白さ(2016/06/13)
日々庭で起きるささやかな事件の報告。
         どうでもいいことばかりです。




 無料カウンター 人目のお客さまへ
        (since 2014/06/13)

          ご連絡は
             fish までどうぞ