私の庭へようこそ。
ここをお訪ね下さるのですから、あなたの爪は先が曲がるほど長くはなく、気にしながらもソバカスのある陽に焼けた肌の、つまり庭を作り花を咲かせることの大好きな方だと存じます。      

  私たち素人園芸家にとって思い描いたとおりに咲いた花に囲まれる至福の時はもちろんのこと、つらい作業もそこそこ愉しいものなのです。
でも、一番愉しいのは同じ想いの花好きが訪ねて下さった時です。
時間を忘れ話はつきません。
      



  


















 訪れる人のいない庭は食べる人のいない料理のようなものだと思います。
だんだん温かさが薄れ、やがて無用でもてあまされる存在になってしまうでしょう。だから、お訪ね下さって本当に嬉しいです。    

 表紙の写真  2016/05/25

  スキャボロフェア(Scarborough Fair) イングリッシュローズ

 5月21日で今年の春のオープンガーデンは終了しました。
大盛況で沢山のお客さまに来て頂きました。
だけど~
毎年毎年、オープンガーデンのお知らせで
 「いつものお願いです。
  私へのお心遣いは無用にお願いします」
と書いているのに、いろいろ持って来る人が後を絶ちません。
私はモノを貰うのは好きではありません。好きなものを好きな時に買うくらいのお金は持っています。
どうぞ、40年来の友人も初対面の方も、心のこもった手作りの品も百均のおみやげも、何もお持ち下さいませんように。「私は特別だ」などと思わないで下さい。アメリカの大統領からのプレゼントでも要りません。

 もう一つ。
初対面の挨拶がすむや否や、スマホを取り出してご自分の庭の写真を延々と私に見せないで下さい。
あなたの庭の自慢をしたいのならば、オープンガーデンをするかブログでも初めて下さい。やたらに見せたがる人の庭がステキだった試しはありません。私はお話に興味があれば「画像を見せて下さい」とお願いします。

 「サイモン&ガーファンクルのスキャボロフェア知ってますか? 私の若い頃に流行りました」
と聞くと、結構知っている人がいるのですね~

スキャボロは英国の黒海に面した港町です。
貿易の拠点でしたからFair(市)が頻繁に開かれていたのです。
バラのスキャボロフェアはそんな賑やかな市場の雰囲気は全くありません。花も色も儚げなバラです。
この植栽は、ニューサイランの直線とスキャボロフェアの丸く優しいフォルムの対象が素晴らしいと思っているのですが、誰も褒めてくれた人はいません。
手土産のこともそうですが、人の考えや感性は千差万別なのですね。
誰も褒めてくれないからしつこくカメラを引いた写真も貼り付けました

 例年、オープンガーデンの前後は無理をしてでもガーデン探訪に出かけます。一番いい時期に自分のオープンガーデンを開くのですから、その時はよその庭も見ごろなのです。この時期を逃すわけにはゆきません。
オープンガーデンの後片付けもそこそこに、ここから40分ばかり離れたお宅を訪ねました。
こちらの庭は・・・まあ発展途上とでも言いましょうか、これからです。
今日は、ご主人が手作りしたウッドデッキを見たくて出かけました。
 私はかねてよりウッドデッキは止めた方がいいと言い続けています。
家を新築した若い夫婦は大抵ウッドデッキを作りますが、十分に活用されているのを見たことがありません。そうでなくても狭い庭が狭くなり、家と庭の一体感が無くなり、挙句の果ては洗濯物干し場になるのがオチです。ウッドデッキの下にはゴミが溜まるし・・・
でもWさんちは違います。
ほら、写真をご覧下さい。これはもうデッキではなくサンルームです。
いやいや日曜大工恐るべし!
ここは玄関の反対側、東向きの壁に接しています。屋根は波板ですが、奥のテーブルセットのある場所は日よけの布がカーブを付けて張ってあります。
この場所でアヒージョを頂きました。砂肝とタコがビールにぴったりで、昼間から沢山飲んでしまいました。このHPでいつもビールビールと書いていたら、どなたの家に行ってもいつ行ってもビールが出て来るようになりました
(出さないと何を書かれるかわからない! なンてこと無いですヨ)
 
    
これもご主人の作った垣根、というかブロック塀隠しです。
イマイチな庭にはもったいないほど手の込んだ塀です。

 明日からはいよいよ始動し始めたシンフォニーガーデンの整備に取り掛かります。こちらも乞ご期待!
       
          What's New !

     
   皇居のさくら 隅田川のさくら(2016/04/28)
   時は流れて (2016/01/07)
   寄稿 仲間と農園合宿 (2015/12/07)
   
         
             INDEX  
  (写真をクリックするとその季節のベストシーンに変わります)
    

 春 La Primavera (2015/05/29)
 私の好きな薔薇 ('11~ )
 春は花から花へ ('03~'06)
 春はパステルカラー ('02/05)
 春の山野を移す ('01/05)
 薔薇の名前 ('00/07~01/6)

   
  



突然ガーデニングに目覚めた
  おじさんへのメッセージ('02/09)

夏は白い花 ('01/08)
したたる緑 ('00/09)
                            



 秋のコンテナ ('03/11~'04/11)
 最後の装い ('02/11)
 秋の気配 ('00/10)   
  


 
 温暖化の庭への提言
        (2011/02/25)
 クリスマスローズ('05/03)
 冬のコンテナ('04/01~04/12)
 ロックガーデン ('01/01)
  



 花がより美しく見えるように一年中緑の西洋芝を育てています。


芝生のチカラ ('08/04/~'08/06))
西洋芝の庭  ('03/02~'04/02)
超温暖化でも西洋芝!(2012/09/01)
   


海よ 海よ Part2  (2014/12/27)
庭作りをしながら頭をよぎる余談の数々。時にはレトロな思い出も。
雨の日の暇つぶしです。


よろしくご検討を・・・(2015/07-18)
日々庭で起きるささやかな事件の報告。
         どうでもいいことばかりです。




 無料カウンター 人目のお客さまへ
        (since 2014/06/13)

          ご連絡は
             fish までどうぞ