表紙

本編
0. はじめに
1. 目撃証言
2. 照明柱
3. 発電機
4. 換気構造
5. 連続映像
6. 建物外壁
7. 外の破片
8. 建物内部
9. 犠牲者

補編
・ボーイング
・運輸統計局
・ダレス空港
・ヘリポート
・改修工事
・疑問4と6
・911 IPS
・補足情報

番外
・質疑応答
・ブッシュ

 リンク集 


ペンタゴンに突入したボーイング


 ボーイングが突入した近くにはペンタゴンのヘリポートがあります。「H」のある四角形です。その北東にある建物(Security Building)の2階にはヘリポートの管制塔があります。

左はアメリカ土木学会報告書より、南西から見た図です。

下は突入時の爆発で照らされた建物のシルエットです。

 管制塔にいた管制官はボーイングを目撃しています。

Tower terror

"I just looked up and I saw the big nose and the wings of the aircraft coming right at us and I just watched it hit the building," Air Traffic Controller and Pentagon tower chief Sean Boger said. "It exploded. I fell to the ground and covered my head. I could actually hear the metal going through the building."
「顔を上げると、私たちに向かって来る航空機の大きな機首と両翼が見えました。そして、ちょうどペンタゴンにぶつかるところを見ました」と、航空管制官で管制塔主任のショーン・ボガー氏は語った。「それは爆発しました。私は床に倒れて頭を覆いました。金属がペンタゴンの建物を突き抜ける音が実際に聞こえました。」
 また、当日は午後0時30分ごろにフロリダから到着するブッシュ大統領を迎える予定だったそうです。
Sept. 11 started out as a normal day in the Pentagon control towers. The crew, Boger and Spc. Jacqueline Kidd, air traffic controller and training supervisor, prepared for President George W. Bush to arrive from Florida around 12:30 p.m.


 管制塔の下、建物の1階には消防署があります。当時はヘリポートでの万一の事故に備える定例の職務で、3人の消防士がいました。

Web Exclusive: Washington's Heroes

Alan Wallace usually worked out of the Fort Myer fire station, but on Sept. 11 he was one of three firefighters assigned to the Pentagon's heliport. Along with crew members Mark Skipper and Dennis Young, Wallace arrived around 7:30 in the morning. After a quick breakfast, the 55-year-old firefighter moved the station's firetruck out of the firehouse. President Bush had used the heliport the day before: he'd motorcaded to the Pentagon, then flown to Andrews Air Force Base for a trip to Florida. Bush was scheduled to return to the Pentagon helipad later on Tuesday, Wallace says. So Wallace wanted the firetruck out of the station before Secret Service vehicles arrived and blocked its way. He parked it perpendicular to the west wall of the Pentagon.
アラン・ウォレスは普段フォート・マイヤー消防署に勤務していましたが、9月11日はペンタゴンのヘリポートに割り当てられた3人の消防士の1人でした。マーク・スキッパーおよびデニス・ヤング両団員とともに、朝7時30分ごろ到着しました。簡単な朝食後、55歳のウォレスは消防署の外へ消防車を動かしました。前日にブッシュ大統領はペンタゴンのヘリポートを利用していました。フロリダに向かうためにヘリでアンドルーズ空軍基地へ(大統領専用機に乗るため)飛びました。ブッシュは火曜日(9月11日)にヘリで戻る予定だったとウォレスは言います。そこでシークレットサービスの車が来て道をふさぐ前に、消防車を出しておきたかった。彼はペンタゴンの西壁に縦付けしました。

September 11, 2001

He looked up and saw a jetliner coming straight at him. It was about 25 feet off the ground, no landing wheels visible, a few hundred yards away and closing fast.
"Runnnnn!" he yelled to a pal. There was no time to look back, barely time to scramble. He made it about 30 feet, heard a terrible roar, felt the heat, and dove underneath a van, skinning his stomach as he slid along the blacktop, sailing under it as though he were riding a luge. The van protected him against burning metal that was flying around. A few seconds later he was sliding back out to check on his friend and then race back to the firetruck. He jumped in, threw it into gear, but the accelerator was dead. The entire back of the truck was destroyed, the cab on fire. He grabbed the radio headset and called the main station at Fort Myer to report the unimaginable.
The sun was still low in the sky, obscured by the Pentagon and the enormous billowing clouds of acrid smoke, making it hauntingly dark. The ground was on fire. Trees were on fire. Hot slices of aluminum were everywhere.
彼が顔を上げると、ジェット旅客機がまっすぐ自分に向かって来るのが見えた。地上からおよそ7.6m、車輪は見えず、数百mの距離から急速に近づいていた。
「逃げろーー!」仲間に叫んだ。振り向く間もなく、緊急避難するのがやっとだった。恐ろしい轟音を聞き、熱を感じ、およそ9m走ってバンの下に飛び込んだ。そりに乗っているかのようにアスファルトに沿ってお腹を擦りながら滑った。バンは周囲に飛んでいた燃える金属から守ってくれた。数秒後に滑り出て友を調べ、それから消防車に急いで戻った。飛び乗ってギヤを入れたがアクセルは動かなかった。後部全体が壊れ、運転台には火がついていた。無線機のヘッドフォンをつかみ、フォート・マイヤーの本署にこの考えられないような事態を報告した。
陽はまだ低く、鼻をつく煙の巨大な雲とペンタゴンの建物とによって忘れがたい暗闇ができていた。地面にも木々にも火がついていた。至る所に熱いアルミニウムの薄片が落ちていた。

消防署のある建物です。正面にウォレス氏が飛び込んだバンがあり、ペンタゴンに縦付けされた消防車も見えます。この消防車は自力では動けなくなったようで、他の写真でもこの辺りに留まっています。

Fire Truck: Pentagon 911


消防士は消防署にあったもう1台を出して消火にあたったようです。


ペンタゴンのヘリポートと消防署Top