表紙

本編
0. はじめに
1. 目撃証言
2. 照明柱
3. 発電機
4. 換気構造
5. 連続映像
6. 建物外壁
7. 外の破片
8. 建物内部
9. 犠牲者

補編
・ボーイング
・運輸統計局
・ダレス空港
・ヘリポート
・改修工事
・疑問4と6
・911 IPS
・補足情報

番外
・質疑応答
・ブッシュ

 リンク集 


ペンタゴンに突入したボーイング


 アメリカ運輸省の運輸統計局(BTS)にある国内線のデータベースには、同時多発テロに使われた4つの便のうち、アメリカン航空の11便と77便の当日記録が無かったそうです。インディメディアの2003年11月の記事です。

What really happened to American Airlines Flights 11 and 77 on Sept 11, 2001

 その離発着記録をもとに4つの便を一覧表にまとめているページもあります。

9/11 Hijacking & Military Response Chart

BTS Detailed Airline On-Time Statisticsの部分です。この表によると、4つとも9月5日から10日まで毎日定時に運航している定期便です。問題の9月11日、ユナイテッド航空の175便と93便のデータはあります。ただしDiversionは何らかの理由(この場合はハイジャック)で目的地が変更されたことを示します。その一方で、アメリカン航空の11便と77便は各データがなかったため「?」になっています。


 2004年4月にイギリスのある掲示板でこの件のスレッドがありました。

Flights AA11 and AA77 on Sep.11 2001 did not exist!

「2001年9月11日にアメリカン航空11便と77便は存在していなかった!」ですが、これに対して参加者2名が運輸統計局にメールで質問しています。2日後に返答のメールがありました。それぞれの本文を転載します。

American Airlines did not report this flight to BTS for the On-time performance. BTS has not asked American Airlines to report it, and there are no plans to do so in the near future.
アメリカン航空はこの便を運輸統計局に定時運航として報告しませんでした。運輸統計局ではアメリカン航空にそれを報告するよう要求していませんし、近い将来そうする予定もありません。
United Airlines chose to report the flights, whereas American Airlines did not. Due to the sensitivity of the matter, BTS did not require that they file this information and there are no plans to do so in the future.
ユナイテッド航空は2つの便を報告することに決めましたが、アメリカン航空はそうしませんでした。デリケートな問題につき、運輸統計局では情報を提出するよう要求していませんし、将来そうする予定もありません。

 結局、運輸統計局の記録は運航会社が事後に報告してから作られており、予定表の記録ではありませんでした。ハイジャックされた場合は、運航会社による定時運航の統計データとしてそぐわないのでしょう。現在では、運輸統計局のDetailed Statisticsで当日の4つの便を検索すると、「On September 11, 2001, American Airlines Flight #11 and #77 and United Airlines #93 and #175 were hijacked by terrorists. Therefore, on-time statistics are not available for these flights.」と出てきます。



運輸統計局の記録にない理由Top