勇気と奮起が政治家の要素
(議員必携より抜粋、第八次改訂新版)

 町議員は、町議会における政治家である。
政治家とは、常に地域の現状と問題点を考え、将来の在り方をふまえて住民を指導すべき立場にある。
 指導するためには、それなりの識見と信念を持つことが要求され、これを行政に、また、住民に訴えて説得しなければならないのである。
 そのために、政治家に強く要求されるのが「勇気」と「奮起」である。

 かつて、ある有名な外交官がアメリカの故ケネディ大統領に、直接会って「政治家として一番大事なことは何か」と質問したところ、即座に「それは、勇気である」と答えたという。勇気なくしては、思い切って発言し、行政や町民に訴えて説得し指導することができないというのである。
 
 また、その外交官がイギリスの故チャーチル首相に同じ質問をしたところ、「それは、奮起である」と答えたという。議員自らが奮起して発言し、行政当局と住民に訴えてこれを奮起させてこそ、行政の進展も地域の復興発展も実現し、真の指導性の発揮ができるというものである。

トップページへ戻る

 僕が議員になって、議会事務局(会社で言うと議員の総務課みたいな所)より議員になる心構え”議員必携”を頂いた中に、、、ある政治家の言葉が、僕もそうなりたいと賛同する言葉です。。
 この言葉に感銘した僕は、感銘しただけに終わらず、実践していくことを約束します。