猫に有害なもの、望ましくない刺激物、注意すべきこと

     工事中

IBDの猫にはある日から全く突然に激しい嘔吐が始まることがあります。家族には理由がわからず、何か悪いものを口にしたのではないかとまず疑っても不思議ではありません。猫に有害なものを知っておくのは有益です。

草が食べたいときに猫草がないと猫は手近な植物をかじってしまうことがあるので、有害植物はこころして家庭に持ち込まないように気をつけたほうが良いでしょう。

危険物を排除しておけば、いざというの時、IBD急性期の初発や再燃化の際の除外診断に役立ちます。 

グーグルイメージ検索でどんな植物か見る  

以下は代表的な危険物であって、これ以外にないということではありません。

ニンニクなどは少量用いることで猫にも薬効を示すともいわれていますが、まずは危険物として認識しておいたほうが良いでしょう。

 

猫が接する(接した)可能性がある家庭用品で、猫への有害性が疑われるもの、不明なものについては、躊躇なく、製造元へ確認の電話をする、かかりつけの獣医へ確認する、などの行動をとりましょう。

青字は中毒とは関係のない一般的なおもに物理的危険要素です。

  観賞用 食品 (可食部またはその他) 危険な家庭用品や事象

アイビー、朝顔、アザレア

アセビ、あじさい、アネモネ

アイリス、アロエ(アロエベラ)

アマリリス、アスパラガス(葉)

アヤメ


イエロージャスミン

イチイ、イボダノキ


エンゼルトランペット


 

鬼百合、おきなぐさ

おしろいばな、おもと

オレアンダー

アクの強い野菜

アロエ

アボカド

アルファルファ

アルコール飲料

 

イカ、スルメ

イースト菌で発酵させた生パン生地 (焼く前のもの)

塩分の強いもの

暑い日に閉め切った部屋

アリよけ

アルミフォイル

アロマオイル(精油)

生け花、フラワーアレンジメント、リース

犬用ノミ避け

絵の具

大きな音(花火や工事、パーティーの騒ぎ等)

オレンジオイル

カサブランカ、カタバミ

カラー、カラジューム

カランコエ

カンゾウ


キョウチクトウ

キスゲ


クリスマスローズ、黒ユリ

クレマチス、グロリオサ

クワズイモ

クローバー(白・赤・オランダ)


月桂樹

 

極楽鳥花(ストレチリア)

海草を食べる貝類

 アワビ、サザエ、トリ貝

香辛料(猫に香辛料は不要)のうち特に

  ナツメグ

カビた食品

果物のタネ

  あんず、桃、すもも

  りんご、柿、

木の実

  アーモンド、マカデミアナッツ

魚介類の内臓

 

カフェイン含有食品

  コーヒー、紅茶、緑茶、ココア

キシリトール   

花瓶の水

画鋲

車のエンジン室

特にアスピリンやアセトアミノフェン

  人間の頭痛薬、風邪薬、その他の薬

クリスマスの飾り

クレゾール

蛍光グッズ

化粧品

ゴムひも

香水

さといも、サフラン


ジャスミン、シクラメン

しきみ、芍薬、しゃくなげ

ジンチョウゲ、ジギタリス

シロガスリソウ、シカズラ


水仙、すずらん

スゲ、スイートピー


センダン、西洋キズタ

西洋キョウチクトウ

ソテツ

酸化した食品(キャットフードは製造年月日や開封日に注意)

 

さくらんぼ

サプリメント (人間用のモノ、特に鉄剤 ・α-リポ酸 など )

じゃがいも(未熟果、及び 芽)

 

スープ(ほとんどの場合玉ねぎが使われている)

裁縫用の針、糸

殺虫剤 

殺鼠剤

残飯・ゴミあさり

接着剤 (ベタベタが被毛に、シックハウス)

サビ落とし

 

消毒薬 クレゾール

除草剤(を使用した庭や芝生)

シトラスオイル

シトロネラ・キャンドル(蚊避けろうそく)

食品用ラップ

洗濯用品

  洗剤 (特にカチオン界面活性剤入りのもの)

  柔軟材

  漂白剤

  洗濯機

  衣類乾燥機

 

ソファや衣類の掛かった椅子

 

掃除用品 

   トイレ用洗剤、

   床用ワックス、ツヤ出し

   風呂場用洗剤

   排水管清掃剤

タマサンゴ


朝鮮アサガオ、チューリップ

千鳥草


つた、ツツジ(アゼレア)

ツルニチソウ


鉄砲ユリ、デージー、デリス

 

毒キノコ、とりかぶと

タコ

たばこ

たばこの煙

玉ねぎ

  生、調理済み、粉状、エキス

  調理済み食品によく含まれている

  見える玉ねぎを取り除いても不可

     ハンバーグ、つくね

チョコレート (テオブロミン←メチルキサンチン)

トマト(未熟果、葉、茎)

高いところ

   窓、ベランダ

台所洗剤、漂白剤

ティーツリーオイルを含むノミ避けやシャンプー、スプレー

たばこ

電気コード

電池

毒だんご

南天、ニチニチソウ


ニセアカシア、ニシキギ

茄子の未熟果

生卵(白身)

生の豚肉

 

乳製品(ネコが乳糖不耐症の場合)

 

ニワトコ(実)

ネギ属

  玉ねぎ、長ネギ

  あさつき(チャイブ)、

  ニンニク、ニラ、らっきょう

 

ナメクジ・カタツムリ駆除剤 (メタアルデヒド)

ニコチン・パッチ (禁煙用品)

燃料(ガス、石油等、灯油)

調理中の熱くなっている鍋(良いにおいがするもの)

熱湯

農薬

  特に浸透性殺虫剤(ジスルホトン←有機リン系)

ハイビスカス、ハシリドコロ


ひいらぎ、ヒヤシンス

ひなげし、彼岸花

ヒイラギ(実)、ヒヤシンス(球根)

蓖麻の実


藤、福寿草

フィロデンドロン、プリムローズ

プリムラ


ヘデラ、ベラドンナ

 

ほうずき、ポインセチア

ポピー、ポトス

ぶどう

ほうれん草

 

ベーキングパウダー

(突き刺さることがある)

バタンと閉まるドア

刃物

不凍液

 ガスレンジ、ストーブ

 ろうそく

 

肥料

 

日焼け止め、日焼けローション

ひも類 (リボン、毛糸、糸、デンタルフロス…)

ヘアスプレー

ペンキ    

防虫剤 (特にナフタレン)

ホウ酸だんご

放浪癖

ポプリオイル、芳香剤液体、ポットポプリ

   ドライの場合にはユリの花などが使われていないかを注意

マーガレット、マリーゴールド   水をはった浴槽

矢車草、やどりぎ、ヤツデ


ユーカリ、ユズリハ

ユリ、ユリ科の植物 

  特に   ユリ属 ワスレグサ属

  花粉・葉・花など全草

  

 百合根

 

有機溶媒(ペイント薄め液、ネイルリムーバー等)

幼児(人間の)

ラッパ水仙、ランタナ

 

ルピナス

 

レンゲツツジ

ルバーブ(葉)

レーズン

落下しやすい不安定な物
    輪ゴム

★ティートゥリーオイル (メラルーカ、メラレウカ)は他の精油同様、猫には毒ですが、市販の猫用シャンプーやスプレーなど被毛管理剤によく配合されています。蚊やノミ避け効果を謳っている製品もありますが、今のところその用としての科学的根拠は存在しません。何らかの治療目的でその抗菌/抗炎症/免疫活性作用を獣医があえて用いることもありますが(日本ではMedical Aなど)、健康な猫の日用品への混入は極めて疑問です。

★大量に与えないように気をつけるもの

      レバー、海苔、脂身、など

      青魚(生)黄色脂肪症に注意

            いわし、秋刀魚、サバ

  

Plants and Your Cat

ASPCA アニマルポイズンセンター

Plants that Affect the Gastrointestinal Tract (Part I)  

Plants that Affect the Gastrointestinal Tract (Part II)  

Poisonous Plants that Affect the Liver 

Toxicants with Mixed Effects on the Central Nervous System  

Toxicants with Mixed Effects on the Central Nervous System (Part II)

Toxicants that Affect the Autonomic Nervous System

Other Mycotoxins, Bacterial Toxins, Zootoxins, and a Yet-To-Be Identified Agent that Affect the Gastrointestinal Tract   

Forms of Energy, Chemicals and Drugs that Affect the Digestive Tract