猫の特発性炎症性腸疾患(IBD)のページ

日本ではまだあまり一般に知られていない病気ですが、単に診断されていないだけで、実際にはかなりの数の日本のねこ達がこの病気で苦しんでいると思われます。慢性的な嘔吐、もしくは下痢や血便に悩む、あるいは食欲不振に陥り自分で食べなくなってしまい痩せてしまった、などの症状の猫がいたら他の病気とともに是非この猫のIBDをも疑ってみてはどうでしょうか。IBDは進行してしまえば猫のからだが栄養を吸収できなくなり、栄養障害から悪液質に陥って、最悪ついには死亡という事態にいたる、猫にとっては大変怖い消化器病なのです。

 contents.gif    IBDとは?  この病気の概要です
 原因      諸説あり確定していませんが…
 症状  検査
       毛球症、慢性腎不全、寄生虫、諸々の感染症、リンパ腫などとの鑑別が重要です
 治療      延命の可能性はあります
   薬物療法 食事療法 生肉食療法 代替療法
 参考となるサイト
 交流サイト  猫専門病院
 私の愛猫の病理解剖所見
       小腸でここまでの病変がおきていたのです
 このサイトについて    必ず最初にお読みください

サイト内検索  キーワードを入れてください

Google
WWW を検索 猫のIBDサイト内で検索

  Google翻訳ツールページ

更新記

病院のページに 往診専門 ねこのお医者さん川口 を追加

病院のページに  歯科治療を得意とする動物病院のリスト 追加 

経腸栄養食に ペットキャビンのJINーSP 追加

薬を揃え、ペインコントロール、緩和ケアに熱心な動物病院も出てきています。   フェンタニールパッチとは

 

猫に危険なものリスト (ユリの花など日常に潜む危険にご注意!)

  

肖像画 (音楽ファイル付き)

Guest Book  過去ログ (        )   

Since 18th December 2003                            

                  Last updated 06/June/2010

ねこの家族の皆様にリンクをお願いしています。

neko no ibd

Feline Inflammatory Bowel Disease