BACK

NEXT

活動内容TOP

 

池田小学校バードハウス製作会を開催

主催:北海道池田町立池田小学校、北海道建築士会十勝支部池田分会、フェザードフレンド

協賛:北海道開発局帯広開発建設部池田河川事務所、NEXCO東日本高速道路(株)北海道支社帯広工事事務所

 

 平成20228日(木)、北海道中川郡池田町立池田小学校で「バードハウス製作会」が開催されました。池田小学校でのバードハウス作りは、北海道建築士会十勝支部池田分会の皆様が地域への社会貢献活動の一環として毎年開催しているもので、今年で3回目となります。今回は小学校の親子レクリエーションとして、4年生のみなさん37人と保護者の方々が一緒にバードハウス作りに挑戦しました。

 子どもたちは先だって(225日)事前学習会を行い、スライドで欧米の様々なデザインのバードハウスを見て、自分が製作するバードハウスのイメージを描きました。また、前回、前々回の製作会で先輩たちが製作したバードハウスに野鳥が出入りする様子を撮影したビデオを観賞し、これから製作する作品への期待を膨らませました。

 製作会は、建築士会の皆様のアドバイスをいただきながら、親子で一緒に力をあわせて取り組みました。基本のキットを組み立て、思い思いにペイントや飾り付けを行なうと、色とりどりのバードハウスが完成しました。自分だけのバードハウスを完成させた子どもたちは皆満足そうでした。また、一緒に取り組んだ保護者の方からも「子どもと一緒に一つのものを作りあげる機会があまりないので、とても嬉しかった」と感想をいただきました。

 できあがった作品は町内の十勝川資料館(http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_kasen/forkids/museum/tokachigawa/main.html)に展示される予定となっています。

 

建築士会の皆様が事前にキットを準備しました

事前学習会でイメージをつかみます

親子で一緒に作品づくりに取り組みます

力作が完成しました

みなさんからいただいた感想文です

保護者の方からいただいた感想です。

 

 バードハウス とても楽しかったです。子供と一緒に協力しあって作ることができてうれしかったです。子供と話していたのですが、基本型のハウスをアレンジして、屋根に穴をあけて、そこからも鳥が出入りすることができるものや、大きさも色々とあれば楽しいと思うのでパートUの企画があればおもしろいのでは?と思いました。大変お世話になりありがとうございました。ものづくりが一番好きな息子と共に喜んでいます。

 

 建築士会の方が木を切っておいてくれたので、くぎを打つだけだったので、スムーズに作業が進みました。その後色ぬりでしたが、皆さん真剣そのものでした。短時間だったからこそ、皆さん時間を有効に使うべく作業していたと思います。色はカラフルだったのにはびっくりしました。色ぬりや飾りつけなど子どもたちよりも熱心に取り組んでいる父母の方なども見られました。親子の共同作業の機会も少ないので、いいチャンスだったと思います。

 鳥は一度巣作ったら、そこには別の鳥は巣を作らないと聞きました。今回は屋根の半分がネジ式のくぎになっていますが、もう少し簡単に手入れできる方法を考えてもいいかもしれません。作るのに手間はかかると思いますが。

 今回は子どもたちは事前学習がありましたが、親の方は予備知識がなかったので、親の方も少しは事前知識も必要だったかもしれません。

 いろいろな準備、ご協力ありがとうございました。