バレンティーノ・マッツォーラ
Valentino Mazzola
フルネーム バレンティーノ・マッツォーラ
Valentino Mazzola
ニックネーム トゥーレン(ブリキ職人)
国籍 イタリア
生年月日 1919/1/26 - 1949/5/4
出身地 カッサーノ・ダッダ(ミラノ)
ポジション FW(CF,WG),MF(OH,CH)
身長 Unknown
体重 Unknown
代表デビュー Unknown(通算12試合,4得点)
管理人評価 SS
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
-1939 イタリア トレ・ソルディ - -
1939 イタリア アルファ・ロメオ - -
1939/40 イタリア ベネチア 6 1
1940/41 イタリア ベネチア 27 6
1941/42 イタリア ベネチア 28 5
1942/43 イタリア トリノ 30 11
1944/45 イタリア トリノ 25 21
1945/46 イタリア トリノ 35 16
1946/47 イタリア トリノ 38 29
1947/48 イタリア トリノ 37 25
1948/49 イタリア トリノ 30 16
獲得タイトル
ベネチア
1940/41 イタリアカップ優勝
トリノ
1942/43 イタリアリーグ優勝
1945/46 イタリアリーグ優勝
1946/47 イタリアリーグ優勝
1946/47 イタリアリーグ得点王
1947/48 イタリアリーグ優勝
1948/49 イタリアリーグ優勝
コメント
 バレンティーノ・マッツォーラは永遠に語り継がれていくであろう伝説のチーム「グランデ・トリノ」のキャプテンで1940年代最大の選手だった。非常に人間味溢れる、闘志の塊のような男で、プレーでチームを牽引するのは勿論、腕を捲り上げ大声で怒鳴り、身振り手振りでチームを鼓舞した。「最後に勝負を分けるは勝ちたいという強い気持ちだ」というなんとも精神論じみた言葉があるが、マッツォーラはその部分で明らかに他の選手より勝っていた。また技術力の高さでもその当時の最高峰で、デビューしたての頃にマッツォーラと対戦した若き日のジャンピエロ・ボニペルティは「完璧な技術を備えた牡牛」と彼を表現した。
 マッツォーラの伝説は1939年、兵役によってジェノバへと赴任した時から始まる。ベネチアのセレクションに合格したマッツォーラは20歳にしてセリエAデビューを飾り、1940/41シーズンよりレギュラーに定着。同シーズンにコパ・イタリア杯を制覇し、翌シーズンにはリーグ戦で3位に食い込む大健闘を見せた。その才能に多くのクラブが注目し、1942年、ピエモンテに本拠地を置くトリノへと引き抜かれる。マッツォーラを得たトリノは1943年から1949年までの6年間、戦争による中断を挟んでリーグ5連覇の偉業を達成。当時は現在ほど欧州カップ戦が盛んに行われておらず、かつワールドカップも中断していたためマッツォーラの活躍は国内に限られていたが、それを差し置いてもグランデ・トリノは世界最強のチームというに相応しく、そのチームのキャプテンであるバレンティーノ・マッツォーラは世界最高の選手というに相応しかった。
 マッツォーラが選手として全盛期にあった1949年、グランデ・トリノの伝説は突如終焉を迎える。ポルトガルでベンフィカと対戦した後、トリノの選手達は帰国の途に着いた。しかし、トリノ郊外のスペルガの丘で選手たちを乗せた飛行機は協会に激突、炎上した。一人の生存者すらおらず、マッツォーラはアレッサンドロという遺産を残し30歳でこの世を去った。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved