カルレス・プジョル
Carles Puyol
フルネーム カルレス・プジョル・サフォルカダ
Carles Puyol Saforcada
ニックネーム スーペルマン・プジョー
国籍 スペイン
生年月日 1978/4/13
出身地 ポブラ・デ・セギュール(リェイダ)
ポジション DF(RSB,CB)
身長 178cm
体重 80kg
代表デビュー 2000/11/15vsNED
管理人評価 S
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1996/97 スペイン・セグンダディビジョン バルセロナB 1 1
1997/98 スペイン・セグンダディビジョンB バルセロナB 36 1
1998/99 スペイン・セグンダディビジョン バルセロナB 38 2
1999/00 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 24 0
スペイン・プリメラディビジョンB バルセロナB 8 0
2000/01 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 17 0
2001/02 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 35 2
2002/03 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 32 0
2003/04 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 27 0
2004/05 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 36 0
2005/06 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ 35 1
2006/07 スペイン・プリメラディビジョン バルセロナ * *
主なタイトル
2005/06 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
コメント
 バルセロナのカンテラ出身で自らも熱狂的なバルセロニスタ。熱い魂を持ちながらも決して荒れることは無く、リーダーシップとフェアプレー精神に富んだ気質の持ち主で、チームメートのみならず、サポーター、更にはライバルチームにも信頼のある好人物である。2004/05シーズンよりアスルグラナのカピタンの座をルイス・エンリケより引き継いだ。
 1996年にバルセロナのBチームにデビューし、1999年にトップチームに昇格。デビュー当初は足元のプレーに大きな弱点を抱え、無理やり体をぶつけてはこぼれ球を拾うだけのDFだったが、年々上達を見せ今では世界でも有数のDFに数えられる。2000/01シーズン、カンプノウでのエル・クラシコでは同年バルセロナを去りレアル・マドリードへと移籍したルイス・フィーゴとのマッチアップに完勝。一躍バルセロニスタのハートを掴み、誰よりもソシオに支持される選手となった。
 しかし、そんなプジョルの活躍も虚しくバルセロナは低迷を続け、2002年には移籍の話も現実味を帯びてくる。プジョル自身も、愛するバルセロナの負債を減らすためであれば移籍もやむなし、との考えだったようだがソシオがこれに猛反発。2002/03シーズンも優勝を逃しグランデ・アスルグラナの復活は難しいと思われた。だがフランク・ライカールトの監督就任とロナウジーニョの加入が全てを変えた。2003/04シーズン終盤には怒涛の追い上げを見せリーグ2位でシーズンを終了。2004/05から2シーズン連続でリーグ優勝に輝き、2005/06シーズンにはクラブの念願だったUEFAチャンピオンズリーグを制した。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved