ウーゴ・サンチェス
Hugo Sanchez
フルネーム ウーゴ・サンチェス・マルケス
Hugo Sanchez Marquez
ニックネーム マニート
国籍 メキシコ
生年月日 1958/7/11
出身地 メキシコ・シティ
ポジション FW(CF)
身長 173cm
体重 68kg
代表デビュー 1977/9/27(通算40試合,17得点)
管理人評価 S
所属クラブ
1971-79 UNAM
1979 サンディエゴ・ソッカーズ(アメリカ合衆国)
1979-80 UNAM
1980 サンディエゴ・ソッカーズ(アメリカ合衆国)
1980-81 UNAM
1981-85 アトレティコ・マドリード(スペイン)
1985-92 レアル・マドリード(スペイン)
1992-93 アメリカ
1993-94 ラージョ・バジェカーノ(スペイン)
1994-95 アトランテ
1995-96 LASKリンツ(オーストリア)
1996 ダラス・バーン(アメリカ合衆国)
1997 アトレティコ・セラヤ
主なタイトル
1985/86 UEFAカップ優勝
コメント
 北中米、カリブ海地域が生んだ20世紀最高のフットボーラー。世界最強の攻撃力を誇るリーガエスパニョーラにおいて4年連続の得点王は、サッラもアルフレッド・ディ・ステファノもフェレンツ・プスカシュも経験していない。唯一サンチェスだけが成しえた偉業である。
 アトレティコ・マドリードでその実力を認められ、レアル・マドリード、バルセロナの2大クラブからのオファーがあった。リーガで最高の選手と認められたなによりの証明だった。
 サンチェスのゴールは実にスペクタクルで、その中でも1988年のログロニェス戦でのゴールは今もって信じられないようなゴールだった。サンチェスが敵ゴール前でパスを待っている。その周りには4人ものDFが彼をマークしていた。しかしその状態でサンチェスはゴールを決めてしまう。ゴールに背を向けジャンプしたかと思うと、ボールは足首にジャストミートする。サンチェスが着地する前に、ボールはゴールの中に収まっていた。スタジアムが一瞬静まり返る。次の瞬間、サンチャゴ・ベルナベウは歓喜の声で揺れていた。
 スペインに来たばかりの頃は「エジプト人の闘牛士」と嘲られた。だがいつのまにか彼は「トレロ」、最上級の闘牛士と呼ばれるようになっていた。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved