ルート・フリット
Ruud Gullit
フルネーム ルディ・ジル・フリット
Ridi Dil Gullit
ニックネーム ルート,黒いチューリップ
国籍 オランダ
生年月日 1962/9/1
出身地 アムステルダム
ポジション FW(CF),MF(OH),DF(CB)
身長 186cm
体重 83kg
代表デビュー 1981/9/1(通算64試合,17得点)
管理人評価 SS
所属クラブ
1973-75 メーア・ボーイズ・アムステルダム
1975-79 DWSアムステルダム
1979-82 ハーレム
1982-85 フェイエノールト
1985-87 PSVアイントホーフェン
1987-93 ミラン(イタリア)
1993-94 サンプドリア(イタリア)
1994 ミラン(イタリア)
1994-95 サンプドリア(イタリア)
1995-97 チェルシー(イングランド)
主なタイトル
1988年 欧州選手権優勝
1988/89 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1989/90 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1990年 インターコンチネンタルカップ優勝
1987年 欧州年間最優秀選手(フランスフットボール誌)
1987年 世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌)
1989年 世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌)
コメント
 現代のサッカーは過去のそれとは大きく変わったものになった。果たしてその過渡期はいつだったのだろう。時代の中で少しずつ変わってきたと考えるのが最も妥当だろうか。
 1962年9月1日、オランダにサッカーの革命児が誕生した。この子はルディと名づけられ、次第にサッカーにのめりこんでいくことになる。アムステルダムで、親友のフランク・ライカールトらとストリートサッカーに興じる姿をメーア・ボーイズの監督に見いだされたのが11歳の時だった。
 フリットは歴代のスタープレーヤーの、良い所だけを持った素晴らしいサッカー選手に成長していく。フリットをサッカーの革命児と呼ぶ人は多い。ストライカーからリベロまで、ありとあらゆるポジションを見事にこなしてみせたからだ。そして1988年、オランダ初のビッグタイトルとなる欧州選手権優勝を果たす。
 フェイエノールトでリーグ、カップの2冠、PSVアイントホーフェンでリーグ連覇、ミランでスクデット3回獲得、チャンピオンズ・カップ2回制覇、サンプドリアでカップ獲得、そしてプレイングマネージャーを務めたチェルシーでFAカップ獲得。
 サッカーの革命児のプレーは、今見ても新鮮で、美しい。ピッチに映える一輪のチューリップ。その姿はオランダの象徴だった。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved