ビレム・ファン・ハネヘム
Willem Van Hanegem
フルネーム ビルヘルム・ファン・ハネヘム
Wilhelmus Van Hanegem
ニックネーム ビレム,ビム,デ・クロメ(O脚)
国籍 オランダ
生年月日 1944/2/20
出身地 ブレスケンス
ポジション MF(CH)
身長 181cm
体重 78kg
代表デビュー 1968/5/30(通算52試合,6得点)
管理人評価 A
所属クラブ
1958-68 セルセスDHC
1968-76 フェイエノールト
1976-78 AZアルクマール
1979 シカゴ・スティング(アメリカ合衆国)
1979 ユトレヒト
1980-83 フェイエノールト
1983-84 シカゴ・スティング(アメリカ合衆国)
主なタイトル
1969/70 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1970年 インターコンチネンタルカップ優勝
1973/74 UEFAカップ優勝
コメント
 1974年ワールドカップで世界中に衝撃を与えたオランダ代表は、ヨハン・クライフを擁しUEFAチャンピオンズカップで3連覇を果たしたアヤックスの選手を中心に成り立っていた。そんなチームの中でファン・ハネヘムはフェイエノールトの選手ながらオランダ代表の不動のレギュラーとして活躍し、オランダ国内でのクライフの好敵手とされた。走力に関しては特別な能力を有していなかったが、左足から放たれる正確なパスと卓越した戦術眼で中盤のコントロール・タワーとして君臨した。
 セルセスDHCでプレーを始めたのが1958年、同クラブには1968年まで在籍した。フェイエノールトに移籍するとその存在はオランダ国内に知れ渡る所となる。1968年5月のスコットランド戦で代表デビューを飾り、クラブレベルでは1969/70シーズンにオランダ勢初のUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たす。ファン・ハネヘムは常にフェイエノールトの中心選手として活躍し、1973/74シーズンにはUEFAカップにも勝利。1974年ワールドカップでは決勝戦で西ドイツの前に敗れるが、彼は7試合すべてに出場、チームを支えた。
 1984年にシカゴ・スティングで現役生活を終えた後は指導者の道を歩み監督としても成功。現在はコラムニストや解説者として活躍しており、オランダ国内で最も人気のあるパーソナリティーとしてその名を広く知られている。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved