マルコ・ファン・バステン
Marco Van Basten
フルネーム マルセル・ファン・バステン
Marcel Van Basten
ニックネーム サン・マルコ
国籍 オランダ
生年月日 1964/10/31
出身地 ユトレヒト
ポジション FW(CF)
身長 188cm
体重 80kg
代表デビュー 1983/9/7(通算58試合,24得点)
管理人評価 SS
所属クラブ
1970-80 UVVユトレヒト
1980-81 エリンベイク・ユトレヒト
1981-87 アヤックス
1987-95 ミラン(イタリア)
主なタイトル
1988年 欧州選手権優勝
1988/89 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1989年 インターコンチネンタルカップ優勝
1989/90 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1990年 インターコンチネンタルカップ優勝
1988年 欧州年間最優秀選手(フランスフットボール誌)
1988年 世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌)
1989年 欧州年間最優秀選手(フランスフットボール誌)
1992年 欧州年間最優秀選手(フランスフットボール誌)
1992年 世界年間最優秀選手(FIFA)
1992年 世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌)
コメント
 あるファンはこう言った。「神は8日目にマルコを創造した」。旧約聖書によると、8日目は世界が神によって創造された日。という事は、このファンにとってマルコは世界だったのだろうか?大袈裟過ぎると思うかもしれない。しかし、紛れも無くファンとって彼は世界そのものだった。またそうでないものにとっても特別な存在だったことは言うまでもない。
 16歳でアヤックスと契約。その後6年の間アヤックスに在籍することになる。その間、出場した試合133試合、挙げた得点128ゴール。驚異的な活躍を見せたファン・バステンは1987年、ミランに移籍する。ここでも147試合に出場し、90得点という素晴らしい活躍を見せる。この数字は1年間フル出場すると年間平均20ゴールという恐ろしい数字になる。
 1988年、欧州選手権決勝のソ連戦。54分に左サイドのアーノルド・ミューレンからクロスが上がる。だがこのクロスは失敗のように思われた。周りから見れば、その時点でファン・バステンは中央に折り返すか、ボールをコントロールするかしかなかったからだ。しかしファン・バステンはそのパスを自分とは対角のゴールに叩き込んでしまう。ソ連のGKリナト・ダサエフはボールを取ることはおろか、見ることすら出来なかっただろう。ただ自分の頭の上を通過するボールの唸り声だけが聞こえていた。
 たび重なる怪我により若くして引退に追い込まれることになるが、彼が世界に与えた衝撃、感動は永遠に伝説として語り継がれることだろう。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved