ミロスラフ・クローゼ
Miroslav Klose
フルネーム ミロスラフ・クローゼ
Miroslav Klose
ニックネーム ミロ
国籍 ドイツ
生年月日 1978/6/9
出身地 オペルン(ポーランド)
ポジション FW(CF)
身長 182cm
体重 81kg
代表デビュー 2001/3/24vsALB
管理人評価 S
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
1998/99 ドイツ・レギオナルリーガノルト FCハンブルク 18 1
1999/00 ドイツ・ブンデスリーガ 1.FCカイザースラウテルン 2 0
ドイツ・レギオナルリーガズート 1.FCカイザースラウテルンA 36 11
2000/01 ドイツ・ブンデスリーガ 1.FCカイザースラウテルン 29 9
2001/02 ドイツ・ブンデスリーガ 1.FCカイザースラウテルン 31 16
2002/03 ドイツ・ブンデスリーガ 1.FCカイザースラウテルン 32 9
2003/04 ドイツ・ブンデスリーガ 1.FCカイザースラウテルン 26 10
2004/05 ドイツ・ブンデスリーガ ベルダー・ブレーメン 32 15
2005/06 ドイツ・ブンデスリーガ ベルダー・ブレーメン 26 25
2006/07 ドイツ・ブンデスリーガ ベルダー・ブレーメン 31 13
2007/08 ドイツ・ブンデスリーガ バイエルン・ミュンヘン * *
主なタイトル
- -
コメント
 父ヨセフはオセール等で活躍したサッカー選手で、母バーバラはハンドボールのポーランド代表選手だった。その両親の遺伝子を受け継いだミロスラフは、ブンデスリーガデビューから僅か1年足らずで完全にドイツ代表に定着する。
 右左どちらでもシュートが撃て、ヘディングも強力そのもの。スピードまで備えた万能FWは、9歳までポーランドで過ごしていた。その後、両親と共にドイツへ移住し、SGブラウバッハ・ディーデルコップのユースに入団する。当時は取り分け目立つ存在では無く、「失敗ばかりだった」と振り返る少年時代を経て、2000年、21歳で1.FCカイザースラウテルンとプロ契約を交わす。
 2000年にブンデスリーガデビューを果たした後、早速得点を量産し始めたクローゼは、2001年3月24日のアルバニア戦で代表デビューを果たし、88分には得点も挙げて見せた。初めてドイツ代表のスタメン入りした2002年2月13日のイスラエル戦でハットトリックを達成、その後のオーストリア戦でもハットトリック。2002年ワールドカップの代表メンバーにも選ばれ、初戦のサウジアラビア戦でもハットトリックを達成。一躍世界に名を知らしめた。
 爆発力を秘めたこのストライカーは、僅か2年で地方リーグから国際舞台へと活躍の場を移した。これ以上無いサクセスストーリーを歩む彼だが、クローゼは常に謙虚で浮き足立つ所も無い。この若者に大いなる未来が待ち受けている事は間違いないようだ。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved