レネ・イギータ
Rene Higuita
フルネーム ホセ・レネ・イギータ・ザパタ
Jose Rene Higuita Zapata
ニックネーム -
国籍 コロンビア
生年月日 1966/8/28
出身地 メデリン
ポジション GK
身長 176cm
体重 82kg
代表デビュー NoData(通算67試合,3得点)
管理人評価 B
所属クラブ
1987-91 ナシオナル・メデリン
1992-93 レアル・バジャドリード(スペイン)
1994-96 ナシオナル・メデリン
1997-98 ベラクルス
1998-99 インディペンディエンテ・メデリン
1999-01 ナシオナル・メデリン
2001 アトレティコ・ジュニオール
2002- ペレイラ
主なタイトル
- -
コメント
 GKとしての能力は一般的だが、全てのサッカーファンがレネ・イギータの名を知っている。なんでもないクロスボールを「スコーピオンキック」と呼ばれるアクロバティックなプレーで跳ね返してみたり、ドリブルを試みシュートを放ったりと、サッカーの常識を一切無視したプレーを展開する選手だった。
 1989年にコパ・リベルタドーレス杯を制し同年のトヨタカップで来日。惜しくもミランに敗れたが、イギータがペナルティエリアから出てプレーをする度、スタジアムが大きく沸いたシーンは、彼のプレーと同様に印象に残るものだった。
 1990年ワールドカップではグループリーグで西ドイツを相手に引き分けを演じ決勝トーナメント進出を果たすが、続くカメルーン戦で痛恨のミスを犯す。延長戦でいつものようにドリブルを始めたイギータは、ロジェ・ミラにボールを奪われ無人のゴールにシュートを放たれてしまう。明らかに自分のミスで招いた敗戦だというのに、イギータはこの件に関して「全く後悔してない」と発言し多くのコロンビアーノの反感を買った。
 プライベートでは誘拐事件に関わったとして逮捕の憂い目に遭い、麻薬売買の罪状で刑務所に入ったりと、なにかと話題を振りまいた。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved