カカ
Kaká
フルネーム リカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチ
Ricardo Izecson dos Santos Leite
ニックネーム カカ,リッキー
国籍 ブラジル
生年月日 1982/4/22
出身地 ブラジリア
ポジション MF(OH),FW(ST)
身長 183cm
体重 73kg
代表デビュー 2002/1/31vsBOL
管理人評価 S
シーズン 所属クラブ 試合数 得点数
2001 ブラジル・セリエA サンパウロ 26 12
2002 ブラジル・セリエA サンパウロ 20 8
2003 ブラジル・セリエA サンパウロ 9 2
2003/04 イタリア・セリエA ミラン 30 10
2004/05 イタリア・セリエA ミラン 36 7
2005/06 イタリア・セリエA ミラン 35 14
2006/07 イタリア・セリエA ミラン * *
主なタイトル
2002年 ワールドカップ優勝
コメント
 ライー、ズボニミール・ボバンといった名立たる名手の再来とされる才能溢れる選手。素晴らしいボールコントロール技術を持ちフィジカルは強靭そのもの。ペナルティーエリア付近で前を向いてボールをもらう技術は世界でも有数で、正確かつ強烈なミドルシュートでゴールを量産する。
 ブラジリアの裕福な家庭に生まれ、少年時代はなに不自由ない生活を送った。9歳でサンパウロの下部組織に加入し順調な成長を遂げるも、18歳の時に一つの危機が訪れる。プールに飛び込んだ際に背中を強打し脊椎を損傷。視力が低下した上に一生車椅子での生活を強いられる可能性もあった。幸いにも脊椎の怪我は完治し無事歩けるようになったが、目に関しては一生近視のままだという。
 2001年にボダフォゴ戦でプロデビュー。途中出場だったが、カカはあっという間に2ゴールを決め一躍サンパウロのアイドルとなった。その活躍がブラジル代表監督ルイス・フェリペ・スコラリの目にも留まり、2002年1月のボリビア戦で待望のセレソンにデビュー。2002年ワールドカップでは目立った活躍こそ無かったものの優勝を経験した。
 やがて欧州のビッグクラブにも名を知られるようになったカカとサンパウロとの別れの時が迫ってくる。ブレシアからの高額なオファーは退けたものの、元ブラジル代表MFレオナルドがアシスタントを務めるミランの誘いは断れず。2003年にイタリアへと渡った。余談だが移籍の際にカカが受け取るはずだった約1億6千万円の移籍金はカカが受け取りを辞退したため全てサンパウロへと支払われ、その上でミランが同金額をカカに支払うというユニークな移籍金の動きがあった。
 ミランで迎える新シーズン、当初はマヌエル・ルイ・コスタの控え要因と目されていたが、カカはセリエAデビュー当初からレベルの高いパフォーマンスを披露。シーズンが終わってみればミランのスクデット獲得に最も貢献した選手として、セリエ随一のカルチャトーレとして知られるようになり、名実ともにワールドクラスへと飛躍を遂げた。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved