フェルナンド・レドンド
Fernando Redondo
フルネーム フェルナンド・カルロス・レドンド・ネリ
Fernando Carlos Redondo Neri
ニックネーム エル・プリンチペ(王子様)
国籍 アルゼンチン
生年月日 1969/6/6
出身地 ブエノスアイレス
ポジション MF(CH)
身長 186cm
体重 78kg
代表デビュー 1992/10/16
管理人評価 S
所属クラブ
1985-90 アルヘンチノス・ジュニアーズ
1990-94 テネリフェ(スペイン)
1994-00 レアル・マドリード(スペイン)
2000-04 ミラン(イタリア)
2004 トレロドーネス(スペイン)
主なタイトル
1997/98 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
1998年 インターコンチネンタルカップ優勝
1999/00 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
2002/03 UEFAチャンピオンズリーグ優勝
コメント
 長髪を振り乱し、華麗なパスでゲームを演出するアルゼンチンを代表するピボーテ。裕福な家庭に生まれ育ち、ピッチの外での立ち振る舞いは気品に満ちているが、いざ試合となると話は別。反則すれすれの激しいプレーも平気でやってのける。
 アルヘンチノス・ジュニアーズでプレーしていたレドンドにテネリフェが目を付けたのが1990年。長短自在のパス、技巧的なドリブル突破で次々と決定的なチャンスを作り出し、世界でも屈指のプレーヤーへと成長を遂げていく。そして彼の存在をより一層引き立たせるきっかけとなったのが1994年のレアル・マドリードへの移籍である。同年レアル・マドリードの監督に就任したホルヘ・バルダーノの手によってエル・ブランコへと引き抜かれ、その期待に応えるように攻守の軸として活躍。特に1999/00シーズンの活躍は素晴らしく、UEFAチャンピオンズリーグではチームの優勝に大きく貢献しMVPにも選出された。その後、2000年には20億円を超える移籍金でミランへと移籍し更なる成功を期待されたが、その矢先に右膝靭帯を損傷する大怪我。2年間もの間ピッチを離れ、復帰した後も以前のレベルを維持することは出来ず、2004年に現役を引退した。
 アルゼンチン代表しては活躍の機会が少なく、1990年ワールドカップは学業に専念する為に召集を拒否。1998年は代表監督ダニエル・パサレラとの確執があり、結局代表レベルでは特別な結果を残すに至らなかった。しかしチームの中心として活躍した1993年にはアルゼンチン代表を南米チャンピオンに導き、翌年のワールドカップでも活躍。鮮烈な印象を残した。

Copyright©サッカー名選手館 All Rights Reserved