【お米とごはんのあれこれ】                   トップページHOMEへ

INDEX...    お米の保存方法   ご飯の炊き方と保存の基本 ご飯の保存 米ぬかの利用方法 ご飯のあれこれ


お米の保存方法

  お米は 1ヵ月ぐらいで食べきる量をそのつど買い、直射日光の当たらない低温で温度変化の少ない場所に保管することをおすすめします。

保存容器やペットボトルに密封したり、厚手のビニールに包むなどして冷蔵庫の野菜室で保管するのがベストな方法です。但し冷蔵庫と室温の温度差で湿気を呼びますので必要量を出したら残りはすぐに冷蔵庫に戻したほうが良いようです。

お米は過乾燥、湿気、匂いに敏感です。 虫の発生防止の為にも新しいお米を移す毎に容器を掃除してください

お米は植物ですから常温で放置して置いたら虫もわきますし、カビも生えます。味も落ちますのでご注意ください。特に夏場の保存はご注意下さい。

                        詳しくはこちらもご覧下さい→ 

ご飯の炊き方と保存の基本

お米の量を正確にはかり、一番最初の水は、できるだけ素早く流して、良くとぐ。一番最初の水を米に吸わせないようにするのが、ポイント。お勧めは『ザル研ぎ」です。白い糠水が極力出なくなるまで洗い流してください。

炊飯器の説明に従って、水加減を調節。新米の時期なら、水加減はやや少なめでも良いと思います。お好みで調節して下さい。米を洗ってすぐに炊くより、水に浸して30分以上は吸水してから炊いた方がおいしく炊けます。当家のお米は水分15パーセントに調整してあります。市販の炊飯器ですと若干控えめのお水の量で丁度良いとおもいます。

炊き上がったら、すぐにご飯をほぐして下さい。かき混ぜず、切るように。あくまで「ほぐす」感覚で。この後一旦炊飯器のふたを閉じて少し蒸らすと美味しくいただけます。また、ごはんをほぐしておくと仮に残っても「塩梅良い」状態で保温ができます。                                         

 

ご飯の保存

長時間、ごはんを電子ジャーなどで保存しておくと、ごはんは変質してしまい、味が落ちるだけでなく、細菌繁殖の原因にもなりかねません。電子ジャーなどでの保存は10時間程度が限度といわれます。
炊いたご飯が残ったら、炊き立ての温かいうちにラップなどに包み、温かいうちに冷凍庫へ。一杯分ずつにすると便利です。

必要なときに、電子レンジで凍ったまま加熱することで炊き立てと変わらないおいしいごはんが食べられます。 冷凍ご飯は一ヶ月ぐらい持ちます。

3合以下のご飯は保温するより、取り出しておいて食べるときに電子レンジで温めた方が電気代もお得と聞いたことがありますよ。                                                 

ひとめぼれ」はさめても美味しいと言われる品種です。お弁当やおにぎりにしても美味しくいただけます。是非お試し下さい。

 

米ぬかの利用方法

  “ぬか漬け”は程よく発酵したぬか特有の風味が味わえる日本ならではのお漬け物

米ぬか風呂

薄手の木綿布で袋を作り、その中に米ぬかをたっぷり入れて浴槽に浮かせると、乳白色の風呂に早変わり!石鹸代わりにこの袋で体をこするのも…

米ぬかパック

米ぬか4、小麦粉6の割合で混ぜ合わせて20〜30分間待ち、その後、水を少しづつ加えてのり状になるまで練ります。パックをする前に石鹸で洗顔して汚れを落とし、米ぬかパックをまんべんなく顔全体に塗ります。そのまま仰向けで10分間待ち、乾いたら水かぬるま湯で丁寧に洗い流します

米ぬか洗顔

生の米ぬかをそのまま手にとって少量の水を加え、両手でよく混ぜ合わせます。

ダマ状にヌルヌルしてきたら軽くマッサージするように顔を洗い、お湯でよくすすぎます

敏感肌の方、吹き出物やニキビがある場合は様子を見ながらにした方がよいでしょう。

米ぬかを入れて大根を下湯ですると真っ白になり食味がよくなります。お米のとぎ汁にも同様の効果があります

米ぬか袋を作り床や家具などを磨くとワックスの様な効果があります。

家庭菜園、観葉植物など米ぬかを有機肥料としてお使い下さい。           

健康食品としてお召し上がり頂く事ができます。但し当家でお譲りしています米ぬかは「生ぬか」です。そのまま食べると健康に(特に腸に効きすぎて)良くないかもしれません。

こだわりコラムご飯のあれこれ

せっかくの外食でごはんにがっかりしたことはありませんか?

遠い昔、学生の頃私がアルバイトしていたお店では、夜シフトの人が翌日のお米を機械で(!)といで、ザルに上げて冷蔵庫に入れておき、昼シフトの人がそれを炊く…昼シフトの人は夜用のお米を同じようにといでおく…というシステムでした (農家生まれの私はかなりびっくりしました)

 ザルに上げて長時間おくとお米にヒビが入り、炊いた時にお米がたたず、ぐちゃっとなります。そして保温してお客様に備えますから保温中にべちゃっとなります。

 また、 お店がこだわって仕入れていない限り、通常は業務用米の筈です。業務用米にもランクはありますが、農産物検査の際の2等米を色撰にかけた物が多く、また各品種や年代のブレンド米です(袋のJAS表記を見るとわかります)。大量に精米出荷しますので精米から日が経っているものが多いと思います。

  ※ 炊くときの水によってもご飯の味が変わると思います。

     当家での水道は敷地内の井戸水ですので、お米が育った環境と同じ水でご飯を炊く感じですが、以前実家と離れて暮らしていた時には、同じお米を送って貰って炊いても集合住宅の水道水では違う感じがしました。水に関しては様々な方の見解がネットの情報などで調べられると思います。

最近の炊飯器って凄いですよね〜〜いろんな機能も満載で感心します

以前自家住まいでない時に安い炊飯器を使っていましたが、正直「安い炊飯器」なりでした。家電コーナーの炊飯器を色々試してみたいところですが、そういう訳にも行きません…当家はここ数十年ガス炊飯器ですが炊き上がりは上々です。 土鍋やセラミック鍋で炊かれているお客様もいらっしゃいます。良いようですよ〜   

 

                                                                                                                                    

                                                                                                                  このページの先頭に戻る