++ Uraneko Plus ::
サイト作成に関するよくある質問

このページで使われている用語の解説 ::

ジオシティーズでサイトを作る方法は?

ジオシティーズでサイトを作成する方法は主に、

のように分類できます。
(このうち、ジオクリエーターはジオプラス会員限定のツールです)

オンラインエディタとは、ブラウザ上からサイトを作成・編集できるツールのことです。
オンラインエディタで作成したページは直接ジオシティーズ上に保存されるので、アップロード作業は必要ありません。

作成方法の選び方

全くサイトを作成した経験がない人や、HTMLタグって何?という人は、HTMLタグを意識しないで作れる「クイックページでサイトを作る」や「作成ソフトでサイトを作る」、「ジオクリエーターでサイトを作る」の方法が向いています。

クイックページやジオクリエーターで作ったページも、あとからアドバンストエディタなどで改造することが可能です。

HTMLタグやスタイルシートなどをある程度理解しているという人は、「アドバンストエディタでサイトを作る」や「HTMLエディタでサイトを作る」、「テキストエディタでサイトを作る」の方法が向いています。

サイト作成のベテランという人は、「その他のツールでサイトを作る」でより文法に厳密で効率的なサイト作成にチャレンジするのもいいかもしれません。


クイックページでサイトを作る

クイックページとは?

ジオシティーズには、

という簡易サイト作成ツールが用意されています。

クイックページツールは、HTMLタグを知らなくても用意された数種類のデザインの中から選ぶことで、下図のようなカウンタ、ゲストブック、日記ツールなどが付いた簡易サイトを作成出来るツールです。
Description image

クイックページは、初めてサイトを作成する人やまだ内容を決めていないけれどとりあえずサイトを立ち上げたい人などに向いています。

もちろん、クイックページで作成したページはあとからアドバンストエディタでデザインを変更したり、サイト作成ソフトで作ったページと入れ替えたりすることも可能です。

クイックページツールの使い方

クイックページから「ホームページ作成」をクリックして、クイックページ設定に入ります。
あとは、説明に従って必要事項を順番に記入していけばサイトが出来上がります。

「ページ作成」ボタンを押す前に、「プレビュー」ボタンでサイトの見栄えを確認しましょう。

「手順6: カウンタ、ゲストブック、日記ツールなどへのリンク設定」で「ゲストブック」「日記ツール」にチェックを入れると、日記ツールとゲストブックをまだ作っていない場合は自動的に作成されてページからリンクされます。
既にアドバンストエディタなどでindex.htmlを作成している場合、クイックページを使ってページ作成を行うと、既にあったindex.htmlの内容は上書きされて消えてしまうので注意してください。

既にあるindex.htmlを上書きしないでクイックページを使いたい場合は、「手順2: ファイル名」のところで設定を行ってください。

日記ツールに日記を書き込むには?

クイックページでサイトを作成したら、早速日記を書いてみましょう。

日記ツールに書き込むには、Yahoo!ジオシティーズのトップページにある「日記ツール」にログインし、「日記をつける」から行ってください。

「改行コードを有効にする」について

「日記をつける」のページの「手順3: 内容」のところにある「改行コードを有効にする」とは、チェックするとキーボードのエンターキーによる文章の改行(つまり、見た目上の改行)が有効になります。

「改行コードを有効にする」にチェックをしていない場合は、文章の改行は<br>タグなどの記述で行う必要があります。

なお、「改行コードを有効にする」にチェックを入れる入れないに関わらず、日記の内容部分にはHTMLタグが使用可能です。

既に書いた日記の内容変更や削除、表示順序の並び替えやアーカイブ(過去ログ)の作成などは、「日記ツール」の、「日記ページの管理」から行うことが出来ます。

日記のデザインや文字の大きさ・色などの設定は、「日記ツール」の、「日記の設定」から行うことが出来ます。

ゲストブックの使い方は?

ゲストブックとは掲示板の形態の一つで、サイト訪問者がメッセージを残すことが出来るツールです。
ジオシティーズのゲストブックは投稿記事に誰でも自由に返信が出来るようになったので、通常の掲示板としても十分利用できます。
また、投稿されたメッセージを管理人が承認しないと表示させないといった、いたずら対策用の機能もあります。

ゲストブックへの新規メッセージの書き込みは、サイト訪問者、サイト管理者ともにゲストブックページの投稿フォームから行います。

投稿されたメッセージへの返信も、サイト訪問者、サイト管理者ともにゲストブックページの投稿記事右下に表示される「返信」ボタンより返信フォームを開いて行います。

Yahoo!アバターの設定を済ませておくと、新規投稿や返信の際にアイコン選択にて自分のYahoo!アバターをアイコンとして使用できます。

Yahoo!アバターをアイコンとして選択できるようにするかどうかは、「ゲストブック」ページの「ゲストブック設定」の「手順8: コメント表示画面のカスタマイズ - アイコンの選択」で設定できます。

既に投稿されたメッセージの削除やアーカイブ(過去ログ)の作成などは、「ゲストブック」ページの「コメントの削除」から行うことが出来ます。

ゲストブックのデザインや文字の大きさ・色などの各設定は、「ゲストブック」ページの「ゲストブック設定」から行うことが出来ます。

「未承認のコメント」機能について

ゲストブック」ページに、「未承認のコメント」という機能があります。

この機能は、投稿された全てのメッセージを、サイト管理者が確認・承認してからでないとゲストブックに表示させないという機能です。

この機能を有効にしたい場合、「ゲストブック」ページの「ゲストブック設定」の「手順10: オプション - 投稿されたコメントの掲載承認」で設定できます。
有効にすると、投稿されたメッセージは「未承認のコメント」のページにリストアップされ、サイト管理人が承認することでゲストブックに投稿が表示されるという流れになります。

カウンタのカウント数やデザインを変更するには?

ジオシティーズのカウンタは、カウント数やデザインの変更がいつでも可能です。

設定の変更は、「カウンタ」ページから行うことが出来ます。

ちなみに、カウント数が「カウンタ」ページで設定したカウンタの桁数以上になった時は自動的に桁数が増えるので安心してください。

ジオクリエーターでサイトを作る

ジオクリエーターとは?

ジオクリエーターとは、HTMLタグを知らなくてもワープロ感覚でページを作成できる、いわゆるWYSIWYG型のオンラインエディタです。

なお、ジオクリエーターはジオプラス会員限定のツールです。
拡張版の無料ジオユーザーは利用できません。

WYSIWYG型のエディタとは、市販のサイト作成ソフトのようにHTMLタグを意識せずに視覚的にページを作成できるエディタのことです。
WYSIWYG(ウィジウィグ)とはWhat You See Is What You Getの頭文字を繋げたもので、「目で見ているものそのままが完成品」といったような意味です。

それと違って、HTMLエディタはHTMLソースを直接記述することを支援するものなので、たとえソースの記述と同時に見た目が確認できたとしてもWYSIWYG型のエディタではありません。

ジオクリエーターの使い方は?

ジオクリエーターからツールに入ってください。
なお、ジオクリエーターはジオプラス会員限定のツールですので、拡張版の無料ジオユーザーはジオクリエーターからツールに入ることは出来ません。

ジオクリエーターの操作方法については、

に詳しい解説があります。

ジオクリエーターヘルプのページは「ActiveSquare」というツールの解説になっていますが、ジオクリエーターはこの「ActiveSquare」というアプリケーションが元になっているツールなので、操作法は全く同じです。
ジオクリエーターはActiveX コンポーネントというWindows版Internet Explorerの機能が使われています。
よって、現在はWindows版Internet Explorer5以上のバージョンのブラウザでのみ利用可能です。。

コラム ::

「無料ジオユーザーなのでジオクリエーターが使えない」
「Windowsユーザーではないのでジオクリエーターが使えない」

とお嘆きの人は、Netscape Composerなどのフリーソフトを使いましょう。

例えばNetscape Composerはジオクリエーターのようにオンラインで使うエディタではありませんが、フリーソフトでは数少ないジオクリエーターと同様のWYSIWYG型のエディタです。
パソコン内でのサイト作成(ローカル作成)が出来るため、「ネット回線やジオシティーズ側の状態に左右されない」「作成と同時にバックアップが取れる」などの点で、ジオクリエーターよりも使い勝手が良い部分もあります。


アドバンストエディタでサイトを作る

アドバンストエディタはHTMLタグの知識が必要

アドバンストエディタは、HTMLタグを自分で書き込むことでページを作成するテキスト型のオンラインエディタです。

このエディタでサイトを作成するには、HTMLタグの知識が必要です。

HTMLタグの知識が無くても、いわゆるタグ屋さんなどで配布されているHTMLタグのサンプルをコピーして貼り付ける事でサイト作成はできますが、HTMLタグの知識が無いうちにタグ屋さんのお世話になることはあまりおすすめしません。

HTMLタグの基本を抑えてからタグ屋さんのお世話になった方が、結果的にHTMLタグの習得の早道になります。

アドバンストエディタの使い方

アドバンストエディタを使ってページを作成するチュートリアル

で、アドバンストエディタを使ったページ作成の流れを実際に体験してみてください。


作成ソフトでサイトを作る

オンラインエディタで作る方法と違って、パソコン内で作成ソフトを使ってページを作成し、ジオシティーズにアップロードすることでサイトを作成する方法です。

作成ソフトを使うと、HTMLタグの知識が無くても比較的簡単にサイトを作成できたり、サイト管理や作業効率向上に向いた便利な機能が利用できたりするという利点があります。

よって、この作成方法はHTMLタグの知識が無いサイト作成初心者の人HTMLタグの基本的な知識を持っていて、もっと作業効率を上げたい人などに向いています。

サイト作成ソフトは、一般的には「オーサリングツール」と呼ばれることが多いです。
オーサリング(authoring)とは、ものを作る、文章を書く、絵を描くといった「作る」作業全般を意味する言葉です。

おすすめ作成ソフト

作成ソフトは、市販のものでもフリーソフトでも作成の流れは基本的に同じです。機能面、操作面、サポート面などを考慮して、自分に合うソフトを探してみましょう。

実績があり、機能的に優れていて、ユーザー数やサポートサイト数も多いものを中心に紹介します。

上に挙げた市販ソフトは、いずれも体験版がダウンロードできます。
自分のパソコンで動くかを確認する意味でも、購入前に必ず体験版を試用するようにしましょう。

Macromedia DreamweaverやAdobe Goliveは、いわゆるプロ向けのツールです。
パソコン操作やWEBサイト作成の基本を一通り知っている人ならすんなり扱えると思いますが、パソコン操作もサイト作成もほとんど初めてという人や、体験版を試用してみたけど難しい用語が多いなと思った人などは、ユーザー数やサポートサイトも多いIBM ホームページビルダーあたりが無難かもしれません。

とりあえずツールにお金をかけたくないという人は、Windowsユーザー、Macintoshユーザーともに、Netscapeというブラウザに付属しているNetscape Composerや、Mozillaというブラウザに付属しているMozilla Composerが機能的に十分なのでおすすめです。
市販の作成ソフトは、安いもので4〜5千円、高いものでは数万円するものもあります。
買ってしまってから「実は使いづらい」「実は機能面が劣る」「実は評判が悪い」などの事実が判明しても遅いので、体験版を試用したりネットで評判を調べるなどしてから購入を決めると安心です。

また、量販店などの「お店の売り上げランキング」はあまり信用しないでください。
あれはお店側の都合で付けられているランキングなので、使い勝手や機能に問題があるソフトが平気で上位にランクインしている場合があります。

コラム ::

市販のソフトの中にも、いわゆる「ちょっとアレ」なソフトが存在します。
名前を挙げるのは避けますが、サイト作成経験者から見ると首をかしげたくなる余計なお世話的な機能が満載だったり、ページ構成を自分の自由に出来ないものすら存在します。

特に、必要以上に「初心者でも安心」「誰でも○分でホームページが作れる」などと謳っているものは、初心者向けを意識しすぎて逆に応用が全く利かなかったり、HTMLソースを編集できなかったり、そのソフト以外で作成したページを開いて編集できないといったものもあるので、初心者をいつまでも脱出できないという可能性もあります。


タグ挿入型HTMLエディタでサイトを作る

HTMLタグを書いていると、「何度も使うタグはクリック一つで貼り付けたりできないかな?」などと思ったりしたことはありませんか?
タグ挿入型HTMLエディタとは、ソースにHTMLタグを直接記述することをサポートするツールです。

よって、この作成方法はHTMLタグの基本的な知識を持っていて、もっと作業効率を上げたい人などに向いています。

作業としては、パソコン内でタグ挿入型のHTMLエディタを使ってページを作成し、ジオシティーズにアップロードすることでサイトを作成するという流れになります。

タグ挿入型のHTMLエディタの他にもJavascript挿入支援用のエディタやスタイルシート挿入支援用のエディタなども存在しますし、タグ挿入型のHTMLエディタの中にスタイルシートやJavascriptなどの挿入支援機能が付いているものもあります。
サイト作成ソフトとタグ挿入型のHTMLエディタとの違いは、WYSIWYG型のエディタであるか、そうでないかが大きな要素です。
HTMLエディタは、ソースにHTMLタグを直接記述することをサポートするツールです。
逆に作成ソフトは、HTMLタグを出来るだけ意識せずに作成することを目的としたツールです。

おすすめタグ挿入型HTMLエディタ

タグ挿入型のHTMLエディタは市販のものはほとんど存在しませんが、フリーソフトで十分です。
機能面、操作面、動作の軽快さなどを考慮して、自分に合うソフトを探してみましょう。

カンパウェアとは、開発費用などの寄付を任意で受け付けているソフトウェアのことです。
シェアウェアと違って、寄付は任意(=強制ではない)ですので、事実上フリーソフトとして分類されます。

何を寄付すればよいかはソフト開発者の好みで、お金だったりビール券だったりと特に基準はありません。
「このソフトはビールウェアです」などと、寄付して欲しいものが具体的に書かれている場合もあります。
エディタの対応文字コードに関しては、Shift_JIS、EUC-JP、JISあたりに対応したものであればとりあえずは十分です。
リンクのパスや画像のサイズなどを自動的に取得してくれる機能や、複数ファイルにまたがった検索機能・置換機能などを持っているようなエディタだと、作業効率がさらに向上します。

テキストエディタでサイトを作る

パソコン内でテキストエディタにHTMLタグを直接記述することでページを作成し、ジオシティーズにアップロードすることでサイトを作成するという方法です。

この作成方法は、HTMLの知識が必要になります。
よって、HTMLタグを勉強したい初心者の人HTMLタグの基本的な知識を持っている人などに向いています。

作成に使うテキストエディタは、WindowsユーザーならWindows付属の「メモ帳」、MacintoshユーザーならMacintosh付属の「SimpleText」でも十分です。

Windows付属の「メモ帳」は、Shift_JISの文字コードにしか対応していません。
よって、Shift_JIS以外の文字コードで書かれたファイルを開いても文字化けしてしまいます。

場合によっては、EUC-JPなどの文字コードで書かれたファイルを編集する必要も出てくるかもしれませんので、出来ればTeraPadなどのEUC-JPその他の文字コードにも対応したテキストエディタを用意しましょう。

おすすめテキストエディタ

Macintoshユーザーの方は、Macintosh付属の「SimpleText」で十分です。
Windowsユーザーの方は、Windows付属の「メモ帳」や「NotePad」でも十分ですが、出来れば複数の文字コードに対応したテキストエディタを用意しましょう。

  • Windows用
  • Macintosh用
    • フリーソフト
      • SimpleText (Macintosh付属のテキストエディタ)
      • iText
    • シェアウェア

その他のツールでサイトを作る

現在作成中です。


サイト作成で参考になる支援サイトは?

をご覧ください。


Resemblance = 類似 Relation = 関連 Reference = 参照 Recommendation = 推薦 Example = 例
Total view :: Counter image