[McLAREN] F1マシン分析考察 ページ一覧   text & illustration by tw



2018年
マクラーレン MCL332018. 2.23金〜




2017年
マクラーレン MCL322017. 2.24金〜




2016年
マクラーレン MP4-312016. 2.22




2015年
マクラーレン MP4-302015. 1.30金
MP4-30の新型Tトレイ2015. 9.03木




2014年
マクラーレン MP4-292014. 1.25〜




2013年
マクラーレン MP4-28(2013. 1.31木〜)




2012年
マクラーレン MP4-27(2012. 2.01〜 2.02)
あらためて「Fダクトの仕組み」考察 (イラスト入り)(2012. 4.21)




2011年
マクラーレン MP4-26(2011. 2. 4金)




2010年
マクラーレン MP4-25(2010. 1.29)
左膝で操作するインテークと、気流供給量が可変するリアウイング(2010. 3.15)
サイドポッドのリフト軽減スリット&ダクト(2010. 3.24)




2009年
マクラーレン MP4-24(2009. 1.16)




2008年
マクラーレン MP4-23(2008. 1.08)




2007年
マクラーレン MP4-22(2007. 1.16)




2006年
マクラーレン MP4-21(2006. 1.25)




2005年
マクラーレン MP4-20(2005. 1.24〜)
フェアリングフィン上側の空力について(2005. 8.22)
空力を優先したフロントサス(2005. 8.27)




2004年

マクラーレン MP4-19   (2003.11.25〜 2004. 2. 1)

1. 概観 (最終更新日:2003.12.22)
2. ノーズをコンパクトにした理由
3. フロント・ウイング
4. フットボックスの高さ

5. フロント・サスの機構とサービスホール (最終更新日:2003.12.22)
6. サスアームと空力
7. ミシュランタイヤ用のジオメトリーとツインキールの強度

8. ディフレクター (最終更新日:2004. 1. 1)
9. サイドポッド
10. コクピット周辺

11. 排気と空力と排熱 (最終更新日:2004. 1. 5)
12. ギアボックス・ケースの素材
13. リヤ・サスペンション
14. 後方へ延ばされたエンジンカウル
15. 独自のリヤ・セクション
16. リヤ・ウイング上段
17. 総括

マクラーレン MP4/19B(2004. 6. 2〜 6. 6)
フロントサスのレイアウト(推察図)(2004.10.23〜 11.12)



2003年
マクラーレン MP4-18(2003. 5.27 / 最終更新:2003.12.28)


1998年


1998年 MP4-13 ミニ風洞可視映像(2007. 8.28〜 9.03)
謎のサスペンション機構について(2007. 5.04 / 2011.01.09)

1993年 マクラーレン MP4/8/ ミニ風洞可視映像(2016.4.07)

Site TOP