悪くなった日本、どこへ行く?  2005年2月28日 

 随分日本は酷くなったものです・・・。
 こんな筈ではなかったと私は度々漏らします。
 実を言うと、私は今の左翼よりな(完全に間違った)思想を勧めた人間の一人でもあるのです。
それ故現在こうなった日本社会には、少なくとも責任を感じます。

 話は今から5年程前にさかのぼります。
当時私は帰国したばかりで、日本社会にある(腐敗した)癒着に気付いたのです。 いわゆる政治家が金をピンハネしてドンドン(必要のない)公共事業や海外援助ODAをやっていた時代です。

それ間違いをネットを使って社会に呼びかけたのです。
いわゆる自浄作用を社会に持つべきだと考え、分かりやすく”民主主義とは「国民 + メディア VS 政府」”とまで言ったものです。

ところがその当時から動きはおかしくなりはじめていたのです。
日本社会を日本人が批判すると期待していたのに、反日朝鮮・韓国組織がそれをやりはじめたのです。
目的は”反日外国人”として日本社会に入り込む為だったのです。


当時から度々この動きは目に付いていました。 上のような意見をネットで展開していると、早速創価学会が本を出したのです。 まるで私の意見をパクッたような内容で、何も知らない善良な市民を反日テロ組織が巻き込んで行ったのです。

その結果、現在”反日外国人”として、日本の政界やメディアや教育組織に彼等を潜り込ませる事となったのです。

ではこの5年で何が変わったのかと言うと、日本人政治家同士の金の問題がなくなり、それぞれバラバラになった代わりに、(反日)韓国・朝鮮組織が更に脱税組織を広げ、政治の金を今まで以上に使いまくる状態になったのです。

それだけではありません。 外国人や在日の犯罪率は5年前とは比べ物にならないレベルまで上がりました。

5年前と比べ、全てが悪くなったのです。 
私一人のせいで日本が悪くなったワケではありませんが、少なくとも私を含め当時から活発に活動していた日本人達は、その活動に問題があったと認めるべきでしょう。

外国人の受け入れを奨励する一方で、かなりの問題性を抱えた特殊民族の説明が足りなかった事は致命的だったと悔やまれます。

この5年間で、中国は日本海の領域の日本の島を「中国のものだ!」と主張し始めただけでなく、海域を侵してまで資源採集をするようになり、韓国は竹島を自分達の領土として基地を作り更にデタラメを主張。 国内では在日韓国・朝鮮民族が組織的に脱税を繰り返し、政治家やメディアの買収。 また、北朝鮮の銀行には、破産した当時1兆円を日本は手放しで渡しているのです。
その金は何処え行き、どう使われたのかすら分からないのです。 現在国会で小泉首相が1億円の活動資金について野党の民主党が文句を言ってますが、その当事者の民主党のリーダーは、15億円も1人で受け取り、その使い道すら明かされていません。

今や外人犯罪組織に日本はメチャクチャにされている状態です。

この100%間違っている社会の方向を修正したいと私は考えています。
勿論私だけでなく、沢山の日本人が間違いだと主張しています。

私は1国民として、お役に立てるなら協力したいと考え、ここに考えを述べてみたいと思います。


●差別と認識の違い●
私が在日韓国・朝鮮人や、本国の韓国・朝鮮を批判すると、「差別だ」と勘違いする人が沢山います。
また、「外人を批判すると、外人が日本から出て行くので良くない」と勘違いする人も沢山います。
少なくとも、犯罪を犯す外人など日本に居て欲しくないですよね??
だったら犯罪を繰り返す在日韓国・朝鮮人が「日本にはもう外人が来なくなる!」とコケオドシを言われても、喜ぶべきではないのですか?? 

ネックとなっているのが、外人を個々で判断できず、外人(ガイジン)という一言で世界を一まとめにて、個人個人で判断しようとするから無理があるのです。
ある人が私に対し、「決め付けはいけない。 日本人にも悪い人が居るように、韓国・朝鮮人にも悪い奴がいる」とおっしゃいます。
ひょっとしたらこの方の意見は、「決め付け」の意味を間違って認識している可能性があります。
もし、「日本人にも悪い人が居るように、韓国・朝鮮人にも悪い奴がいる」という部分を、「世界は日本と一緒なんだから、外人を我々とは異なるという風に差別するのはいけない」という意図なら、これは明らかに間違いです。 ガイジンを一まとめにして決め付ける、間違いです。

大事なのは、先ずその国の民族を理解し、個々に遭遇した場合は、先ずその予備知識で「決め付ける(認識する)」事です。 「韓国人は○○思想だからこうだ」というやり方です。 その上で、実際にしゃべり、お付き合いし、査定の段階に入るのです。 その段階で、その個人”だけ”に対しては(例外という事で)異なった存在と認識できるかもしれません。  
もしそれでも決め付けを撤回しないのなら、これは民族的偏見による”差別”となります。 ここで初めて差別という言葉が使われるのです。

今我々日本国民に期待されるのは、良い外人と悪いガイジンを見分ける(まびく)事です。

これができなければ、日本社会は外国やガイジンに更に好き放題踏み倒される事になります。

「世界は日本とは100%異なるんだ」という事です。 そしてガイジンはそれぞれ国籍で別々の認識をし、別々の扱いをする必要があるという事です。

そして良い外人、悪い外人を”まびく”という行為をしなければ、現在の政界やメディア界の様に、好き放題にされてしまうのです。

ガイジンに対し、日本人に対する同じ優しさは通じません。

もう一度その間違った優しさの結果招いた現状を査定すべき時にさしかかっていると思います。

海外留学が盛んになってきた昨今、外国に滞在する学生の皆さんには、是非とも外国語のみならず、その国の国民思想に注目し、特徴を把握するよう努めるべきではないでしょうか。


EZ_SHAWN