本文へジャンプ
沿革

昭 48. 3 小川、四郷、高見三中学が統合により、東吉野中学校となる。
   48. 4 名目統合の実施により、東吉野中学校小川校舎、四郷校舎、高見校舎とよぶ。
   48. 9 小栗栖825番地において 新校舎建設の起工式を挙行する。
  48. 9 校章、校歌、制服制定する。
  49.11 新校舎落成式を挙行する。
  50. 4 東吉野中学校に実質統合し開校式を挙行する。
  50. 4 PTA、体育後援会を設置する。
  55. 4 文部省並びに県教育委員会指定生徒指導研究校となる。
  55.11 校訓(創造、友愛、剛健)碑を建立する。
  56.11 文部省並びに県教育委員会指定生徒指導研究発表会を開催する。
  57.10 第26回奈良県へき地教育研究振興大会(東吉野大会)を開催する。
  59. 3 創立10周年記念誌「開明」を発行する。
  59. 4 東吉野中学校奨学林会を設立する。山林面積43,430u
  62.10 第30回奈良県へき地教育研究振興大会(吉野東大会)を開催する。
平 2. 4 文部省並びに県教育委員会指定道徳教育(奉仕等体験学習)研究推進校となる
  4. 9 学校週五日制(月2回)を開始する。
  4. 9 コンピュータ室を設置する。
  6. 8 大規模改修工事一期分が完成する。
  7. 3 創立20周年記念誌「ひたすら」を発行する。
  7. 8 大規模改修工事二期分が完成する。
  7.10 第39回奈良県へき地教育研究振興大会(東吉野・川上大会)を開催する。
  9. 1 第2学年でスキー教室を始める
  11.3 台風7号の被害を受けた体育館、格技室の復旧工事が完成する。
  11.7 職員室コンピュータ新機種5台導入、インターネット接続する。
  12.8 東吉野村国際理解教育「青春の翼」を実施。生徒4名、教頭がオーストラリア10日間の英語研修に派遣される
  12.9 コンピュータ室に新機種導入(村費25台、学校林会計6台、計 31台)
  13.8 「青春の翼」が生徒6名、引率2名に拡大され実施される。
  14.4 指導要領改訂により、「総合的な学習の時間」「選択教科」を本格実施する。
  26.11 第58回奈良県へき地教育研究振興大会(東吉野・川上大会)を開催する。